福島屋の焼きまんじゅう

b0011185_17591350.jpg
群馬県内、数多ある焼きまんじゅう店のなかでも、そのオリジナリティと一歩抜きん出た美味しさで知られるのがこちら。
以前より食指を伸ばしていたお店ですが、ようやく訪ねることができました。
焼きまんじゅうの一番美味しい食べ方は、やはり熱々の焼き立てをその場で。
店内片隅にある小さな焼き場でのご主人の仕事ぶりを見ながらは、焼き上がりを待ちます。
注文を受ける度に熾きの炭をうちわで扇ぎ、素まんじゅうを火にかざすのは、ほんの短い間。
焼きあがったまんじゅうにささっとタレを塗り、あっという間にできあがり。
タレを塗ったまんじゅうを再び焼き直さないのも福島屋仕様のようです。
創業以来、一世紀続くその秘伝は、もち米と米麹で作った特製の「どぶろく」。
どぶろくで小麦粉をこねて作ったまんじゅうは、芳醇な糀の香りとモチモチの食感が特長。
黒糖の酸味を微かに感じる、ゆるめのタレもまた他にはない味わいです。
昭和がそのまま現代に残る店構えも魅力のひとつの福島屋。
多くのリピーターに愛される、魅惑の焼きまんじゅう屋です。

福島屋 焼まんじゅう店
伊勢崎市境747-1
℡:0270-74-5632
休:月曜



b0011185_180209.jpg
b0011185_180568.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2011-04-04 18:26 | ●●●●-


<< ぶらり境町 6年ぶりの肉みそらーめん >>