タグ:秩父鉄道 ( 10 ) タグの人気記事

群馬DCファイナルイベント 快速SL重連レトロみなかみ3連発

b0011185_3323435.jpg
2011.9.24 D51498+C58363 高崎問屋町

7月1日に始まった群馬DCも、いよいよ9月30日をもって千秋楽。
DC期間中、幾度となく行われてきたJR高崎支社のSL運行も最後の三連休をもってファイナルを迎えました。
秩父鉄道からC58363も借りて運行されたのは、SL重連レトロみなかみ。
9月23日はD51498+C6120、翌24日はD51498+C58363。
そして最終25日にはC6120+C58363と、日替わり3パターンの重連で旧型客車を水上まで牽引。
そんな豪華なファイナルイベント、撮り逃すは一生の不覚と、三日連続の高崎詣でです。^^
朝の高崎機関区では、のそりのそりと車庫から出場する姿をパチリ。
本番前のウォーミングアップとばかり、大きな動輪をゆっくりと回し、目の前を過ぎてゆきます。

「これでSLも見納めかぁ」と思いきや・・・
10月、11月も全ての週末、祝日、そして群馬県民の日も上州路を走ります。

JR東日本高崎支社 | 高崎支社からのお知らせ : 秋の臨時列車運転のお知らせ

もう、少しは休ませてくださいよ、高崎支社さん!^^
この秋の目玉は、11月3日のC6120伊勢崎里帰り。
赤城山をバックにしたその雄姿、さて、どこで撮ろうかと既に思案中なのです。

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-09-29 04:39 | プルーンとレバーの為せる業

かげろふに 溶けて消えゆく 夏列車

b0011185_17193762.jpg
長瀞駅/秩父鉄道

暑中お見舞い申し上げます

平成二十三年 盛夏

[PR]
by sanzokuame | 2011-07-11 17:55 | プルーンとレバーの為せる業

春香る臘梅の秩父路 ~ローカル線を乗り継いで~

b0011185_15413864.jpg
長瀞なら車より鉄路でしょ。

メンバー誰ひとりに了解を得ることもなく、独断で決定です。^^
群馬藤岡からなら寄居で八高線と秩父鉄道を乗り継ぐ小一時間の旅。
車窓の向こうに北武蔵の里山を眺めながら、ロングシートであれこれおしゃべり。
決して飽きることもなく、非日常の鉄路を堪能するには、もってこいの行程です。
次回もまたローカル線で行く低山歩きを企画してみようかな。
車窓から桜を愛でつつ、缶ビールでプシュ!ってのがいいな。^^

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-02-13 20:21 | プルーンとレバーの為せる業

春香る臘梅の秩父路 ~早春の長瀞宝登山ハイキング~

b0011185_1234456.jpg
ようこそ!臘梅の長瀞宝登山ハイキングへ!!
今回は八高線と秩父鉄道の車窓を楽しみながら、臘梅咲き誇る長瀞・宝登山を登ります。
宝登山頂にある臘梅園には、約2,000平方メートルの敷地に500株、2,000本の臘梅が咲き乱れます。
山頂からは眼下に広がる長瀞・秩父の町並みや、秩父のシンボル「武甲山」、鋸状の山容をした「両神山」など眺望抜群です。
ハイキング後は藤岡の名居酒屋「奥多野」で名物いのぶた鍋に舌鼓。
楽しく美味しくのんびりと、冬の一日を満喫しましょう!


先の日曜日。
そんな「山のしおり」の挨拶で始まったのは、ブロガー有志による恒例の山オフ。
友人、お子さんも加わって、過去最多の14名でのツアーとなりました。
行き先は、ちょうど臘梅が見頃を迎えた長瀞・宝登山。
いつもならマイカーに分乗して向かいますが、今回はちょっと趣向を凝らしローカル線の旅。
はい、幹事特権ってやつです。^^

ではでは、まずは山歩きの模様からいってみよ!
[PR]
by sanzokuame | 2011-02-11 12:13 | 彼方此方にて

長瀞駅でパレオエクスプレスを待つ

b0011185_20385751.jpg
「都心から一番近い蒸気機関車」と銘打ち走るのは、秩父鉄道のパレオエクスプレス
先日の秩父散策の際には、あと5分というところで惜しくも撮り逃がしたので改めて長瀞駅まで。
かつては全国で活躍した客貨万能の名機C58(シゴハチ)ですが、今なお現役で活躍しているのは、この「C58363」のみ。
錦秋に染まりゆく山河の中、勇ましく煙吐いて走るその姿は、見る人の心を捉えて離しません。
それにしても、D51498にC58363。
近場で2両ものSLを毎週見られるのは相当幸せなことなのかも知れません。
そうそう、来春には伊勢崎華蔵寺公園にあったC6120もいよいよ高崎・上越線に復活。
来年は、ますます鉄分濃い目の一年になりそうです。^^

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-24 20:49 | プルーンとレバーの為せる業

オヤジの休日 in 彩の国 ~ 秩父 街歩き ~

b0011185_21234326.jpg
小鹿野から武甲山を羅針盤にして秩父の街へ。
秩父神社を基点に、古き良き時代を今に残す街並みを歩きます。

巫女さんを見つけてはパチリ。
レトロな建物を見つけてはパチリ。
踏切の音が聞こえてくればパチリ。
お寺で猫に出会えばパチリ。

貪欲に撮り漁るように歩く、カメラ片手のオヤジ三人組。
全く、怪しいったらありゃしない・・・^^;

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-15 21:40 | 彼方此方にて

秩父 夏歩き

b0011185_185101.jpg
巫女さん 萌え~

二年ぶりに秩父へ。
夏越祓の秩父神社を参詣した後は、番場町のレトロな街並みを散策。
町屋跡のカフェに銭湯、煙草屋にビリヤード場。
ここは、かつての栄華がそこかしこに残る門前町。
ブラブラと歩けば、路地の向こうに列車が見えたり、軒先からヒョイと黒猫が出てきたり。
いつ来ても、新たな発見と思わぬ出会いが待っています。

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-07-12 20:50 | 彼方此方にて

夏色の秩父鉄道

b0011185_2355613.jpg
お蔵入りになる前に。
六月の秩父鉄道をゆる~く紹介。
長瀞駅近く、一面に広がるのはポピーと花菱草の花畑。
1000系の旧塗装色と見事にマッチし、ほんわかとした雰囲気が漂います。
次に向かったのは、定番中の定番ポイントである親鼻の荒川橋梁。
緑をバックに、旧国鉄色のスカイブルーがゆっくりと赤い鉄橋を渡ります。
橋の反対側に回り、川面から見上げたのは、デキ500形の引く貨物列車。
水と緑に恵まれた秩父鉄道。
これほど夏がよく似合う路線はほかにないかも知れません。

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-07-09 01:55 | プルーンとレバーの為せる業

秩鉄カラー・リバイバルトレイン

b0011185_1692535.jpg
怒涛のテツ三連発。^^

秩父鉄道は今年で創立110周年。
記念列車として5/30~11/23に走るのは、昭和25年~昭和63年に活躍した100形電車を模した1000系車両。
小豆色と肌色のツートンカラーは、どこか懐かしい昭和レトロの雰囲気を醸し出しています。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-06-21 16:17 | プルーンとレバーの為せる業

秩父羊山公園の芝桜

b0011185_22161258.jpg
GWは暦どおりに土日と旗日だけが休み。中途半端な連休なので、特に遠出の予定も立てず。思いつきの日帰り旅行と近場の公園にでも出掛けて過ごそうかと考えております。まずは27日の日曜日、向かったのは秩父の羊山公園。まさに今が旬の芝桜の丘です。(昨夜~今朝のYAHOOトップも飾ってましたね。) ほぼ満開となった芝桜。花の見頃と連休が重なり、向かう国道140号や秩父市内の混雑は必至。車で渋滞にはまったり、駐車場探しで無駄な労力を使うのはもったいないので、秩父鉄道の推奨するパーク&レールライドを利用することに。自宅から長瀞までは鬼石経由で車で向かい、長瀞駅前にある秩父鉄道の管理する駐車場に。駐車場に設置された臨時の切符売り場で長瀞⇔御花畑間の割引往復乗車券を購入すれば駐車料金は無料になるというものです。スカイブルーの旧国鉄色にお色直しされた1000系や、デキ102と107の揃い踏みに出会いながら、20分ほどで秩父駅に到着。羊山公園への最寄り駅は、ひとつ先の御花畑駅なのですが、せっかくなので秩父駅にほど近い秩父神社の参詣へ。新緑が目に鮮やかな境内で、2年ぶりに左甚五郎の見事な彫刻を見物。境内の片隅にあるのは、柞(ははそ)稲荷神社。商売の神様だそうですが、キツネの首には可愛い前掛け・・・子育てにもご利益があるのかも知れませんね。さて、神社をひと通り見た後は、隣の妙見の森公園から羊山公園までを結ぶ無料バスに乗車。芝桜のシーズンだけ運行される便利なバスです。バスの着く駐車場から芝桜の丘までの遊歩道を5分ほど歩くと、やがて見えてくるのが赤・白・ピンクに彩られた一面の花の絨毯。その面積は16,500平方メートル。8種類約40万株以上の芝桜が植栽されているそうです。また、その紋様は秩父夜祭の屋台や笠鉾の囃子手の襦袢模様と躍動感をデザイン化したものだそうで、柔らかく女性的な曲線が描かれています。芝桜の丘が誕生してから今年で8年目だそうですが、いまや春の秩父を代表する風物詩としてすっかり定着。大型観光バスから次々に団体ツアー客が降り立つほどの混雑ぶりですが、公共交通機関を賢く使えばストレスも感じることなく、お得な日帰り旅行を満喫することができますよ。

More
[PR]
by sanzokuame | 2008-04-29 22:47 | 彼方此方にて