<   2011年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

C6120 始動

b0011185_16181374.jpg
沼田-後閑

1947年から49年にかけて33両製造された機関車「C61型」。戦後の旅客輸送需要の急増に対応するために、余剰のD51型のボイラーや部品を活用し、C57型の足回りをベースに製造された大形旅客用機関車です。車軸の配列は「ハドソン」と呼ばれる2C2型(先輪2軸+動輪3軸(C)+従輪2軸)で、日本ではC61型で初めて採用されました。49年製の20号機は、73年まで東北本線や奥羽本線を中心に旅客列車として運用され、東北初の特急「はつかり」や寝台特急「はくつる」の仙台-青森間にも使用されていました。引退後は伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地内で静態展示されていましたが、2009年12月8日にJR東日本が3億円をかけて動態復元することを正式発表。2010年1月19日に華蔵寺公園から搬出された同機は、大宮総合車両センターにてボイラーや動輪などの修復作業を施されました。2011年1月27日には同センターでの火入れ式を終え、4月1日深夜に高崎車両センターへ回送。4月21日には上越線・高崎-水上間で試運転を開始。この夏からは高崎支社管内で既に運用されているD51498との2両体制で「SLみなかみ」「SL碓氷」としての定期運行や、JR東日本管内のイベント列車牽引に用いられる予定です。C6120の一般公開は、ゴールデンウイーク中に水上駅と高崎駅で実施されます。水上駅では5月5日午後0時半~午後2時半、高崎駅では7日午前10時~午後2時までそれぞれ展示されます。

とテツなウンチクはこの辺にしておいて。
4/27(水)、代休を利用して追っかけたのは、旧型客車を牽引して行われた高崎-水上の試運転。
平日にもかかわらず、上越線沿線の各お立ち台はどこも三脚が林立。
「もう、どんだけいるんだよ~」と呆れつつ(自分もそのひとり)、まず最初に選んだポイントは屋形原の跨線橋。
ここは金網のない橋の上から列車を間近に見下ろせる穴場のお立ち台なのです。
遠くに汽笛が聞こえ、山の陰から黒煙が昇ってきたら、いよいよこちらも臨戦態勢。
勾配に喘ぎ、爆煙を吹き上げ走るその姿には、生命体としての鼓動を感じずにいられません。
沼田で追いつき、再び爆煙を収めたあとは、フロントガラス越しに黒煙を望みながら水上駅に到着。
マットなブラックに仕上げられたその車体を微に入り細を穿つように撮影。
走るためだけに生まれた機械の塊が魅せる機能美は、見る者に時の経つことさえ忘れさせます。
GW、たぶんまた見に行っちゃうだろうなぁ。^^

C6120 ~復元への道~ (東日本旅客鉄道株式会社 高崎支社)
 

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-30 21:41 | プルーンとレバーの為せる業

祝! Cafe Kuma オープン!

b0011185_19421189.jpg
ザスパ草津のサポーター繋がりでマスターK氏と知り合ったのは、2004年のこと。
試合中は常に大声で選手を鼓舞する、とにかく熱く硬派でイケメンで男気のあるサポ仲間でありました。
そんなマスターK氏が、満を持してこの4月20日にオープンさせたのが、こちらのお店。
土曜日、早速友人と訪ねてみましたが・・・

窓際のカウンター席にデーンと座るのは、スージー・ズーのブーフ君。
さらに店内を見渡せば、UniBEARsityのモカとプリンも仲良く居たりして。

店名通りにKuma好きには堪らない、Kuma一色に仕上がったカフェ。
ちょうどティータイムの店内は、若い女性を中心になかなかの盛況ぶりでした。
ガチガチの渋カフェかと思ってましたが、こういう営業戦略もあるんだなと、妙に感心してしまいました。

この日いただいたのは「コクブレンド」にCafe Kumaの看板メニューとも言える「ホットケーキ」。
このホットケーキ、なんと“耳”がついてます。^^
友人にメープルシロップをたらーり垂らしてもらって、寄りで激写。
お得感ありありの耳つきホットケーキ。
表面は意外にサックリ、中はしっとり、うーん美味しい♪
オヤジひとりでもまた行きますよ、マスター。^^

Cafe Kuma
伊勢崎市宮子町3427-7
℡:0270-61-9067
営:8:00-20:00
休:火曜

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-26 20:08 | ベツバラ

春景 わたらせ渓谷鐵道

b0011185_2233015.jpg
神戸駅

春の晴天。
6年ぶりに訪ねたのは、わたらせ渓谷鐵道
桜の見頃にはちょっと遅かったですが、沿線は菜の花やハナモモでまさに百花繚乱。
競うように咲き誇る花々の中を走る"あかがね色"の「わ鐵」をパチリパチリ。
それは、どうして6年も来なかったんだろうと、後悔するほどの絶景だらけ。
来年もまた来なきゃ。

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-24 23:25 | プルーンとレバーの為せる業

抹茶づくしのCAFE ROSSY

b0011185_14154753.jpg
桜前線を北へと見送ったCAFE ROSSYさんが始めた新作デザートがこちら。
抹茶あずきミルク(480円)とあずき抹茶アイス(450円)。
チャリティーカレーをいただいた後、ぜひ試食をとROSSYさんからのご厚意です。
どちらも自家製の小豆あんがたっぷりの二品。
抹茶好き、あんこ好きには堪らない、緑鮮やかな初夏のデザートです。 

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-23 14:21 | ベツバラ

CAFE ROSSYのチャリティーカレー

b0011185_13333311.jpg
私にとっては、もはやR354のピットインポイント。
そんなCAFE ROSSYさんで、震災後一ヶ月の節目に始まったのが、このチャリティーカレー。
(その趣旨と熱い思いは、ROSSYさんのこちらの記事で)
500円+募金額でいただけるのは、ボリュームたっぷりの日替りカレー+ブレンド珈琲。
普通に1000円で提供しても何ら問題のないお得なセットです。
販売期間は4月30日まで。
何度も足を運びたくなる、美味しいチャリティー企画。
ぜひぜひご賛同いただければと思います。
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-23 13:47 | Pray 4 Japan

YUSHI CAFE カウンター席のすゝめ

b0011185_1021813.jpg
庭に雪の残る二月終わり以来のYUSHI CAFE
西日の差し込むカウンター席に座り、薫り高い珈琲を一杯。
席を同じくしたのは、地元のお父さんとお母さん方。
うれしいのは、旅の者にも気軽に話しかけてくれる陽気さと懐の深さ。
このカフェには椅子の座り心地だけでない居心地の良さがあります。

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-23 10:50 | ベツバラ

読書の森に春が来た!

b0011185_0445579.jpg
去年も同じような記事を書いたような・・・
それはともかく、今年も読書の森に春がやって来ました。
今年はいつもよりもちょっとうれしい春。
それは四月の初め、白ヤギ「かのん」に子ヤギが生まれたから。
大地を蹴って、大きく跳んで。
新しい命とともに、御牧原の台地にも新しい春が訪れています。

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-22 01:29 | 今日のニャンコ、たまにワンコ

桜2011 山名駅で往く春を惜しむ

b0011185_18234138.jpg
徹底的に桜week。
八高線の次は上信電鉄。
この時季ならではの桜とのツーショットを貪欲に収めています。
八幡宮のお山に抱かれるように佇む山名駅もなかなかの桜の名所。
葉桜寸前ですが、ギリギリセーフってことで。
さて、今週末はどこへ北上しようかな?
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-18 18:29 | プルーンとレバーの為せる業

万物ここに至りて皆潔斎にして清明なり

b0011185_23195427.jpg
この数週間に撮り貯めた上州の桜模様を。

ようやく咲いたかと思えば、あっという間に去ってしまった今年の桜。
ちょっと寂しい気もしますが・・・

「みちのくの大地を一日も早く春色に染め上げたくて」

そう思い、北へと急ぐ桜前線なのかも知れませんね。

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-17 23:22 | 歳時記

桜2011 さくら満開の神流川鉄橋

b0011185_23165190.jpg
震災直後、三週間も運休していた八高線。
その線路は日に日に錆びに覆われ・・・・
朝な夕なにカタタンカタタンと軽やかに走る音が聴こえてこないのは、寂しいものでした。
四月に入り、桜の蕾がほころぶのに合わせるようにダイヤは平常に。
そして、ようやく開いたと思った桜は、あっという間に満開へと。
ニッポンの花、桜の美しさと存在意義を再認識する今日この頃です。
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-16 23:58 | プルーンとレバーの為せる業