「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

田能久'S スイーツ DE 神経衰弱

b0011185_12475772.jpg
台風の日は、うちでのんびりとテーブルゲームなどいかがでしょうか?

--- 遊び方 ---

1. 画像をクリックし、大きなサイズの画像を表示、保存する。
2. 1.の画像をA4サイズ(横、フルページ、四辺フチなし)で2枚プリントアウトする。
3. それぞれ18枚に切り分ける。
4. 計36枚をよくシャッフルし、裏返しに並べて神経衰弱スタート!

注. 甘いものが欲しくなっても、当方は一切関知いたしません。
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-30 14:27 | ベツバラ

CAFE ROSSY の手焼きホットケーキ

b0011185_12174180.jpg
R354、境女塚の交差点のほど近く。
朝8時からオープンするのは、純和風の佇まいを見せるCAFE ROSSY
店内の半分は座敷席、もう半分はテーブルとカウンターと、和と洋の空間が混在しています。
メニューに並ぶのは、本格ハンドドリップコーヒーから各種ドリンク、軽食、スイーツ、日替わりランチまで。
マスターこだわりのカフェメニューが豊富に揃っています。
そんな中から、この日選んだのは、マスターイチオシの「手焼きホットケーキ」。
ふっくらとしっとりと、そして、きれいなキツネ色の焼き目。
この絶妙な仕上がりは、特製の銅板とマスターの秘密の調合によるものだそうです。

ではでは、早速。
焼きたてのホットケーキが運ばれてきたら・・・
アツアツのうちに生クリームと無塩バターを乗せ、メープルシロップもたっぷりかけて!

うーん、とろけそう♪

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-28 13:41 | ベツバラ

長瀞駅でパレオエクスプレスを待つ

b0011185_20385751.jpg
「都心から一番近い蒸気機関車」と銘打ち走るのは、秩父鉄道のパレオエクスプレス
先日の秩父散策の際には、あと5分というところで惜しくも撮り逃がしたので改めて長瀞駅まで。
かつては全国で活躍した客貨万能の名機C58(シゴハチ)ですが、今なお現役で活躍しているのは、この「C58363」のみ。
錦秋に染まりゆく山河の中、勇ましく煙吐いて走るその姿は、見る人の心を捉えて離しません。
それにしても、D51498にC58363。
近場で2両ものSLを毎週見られるのは相当幸せなことなのかも知れません。
そうそう、来春には伊勢崎華蔵寺公園にあったC6120もいよいよ高崎・上越線に復活。
来年は、ますます鉄分濃い目の一年になりそうです。^^

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-24 20:49 | プルーンとレバーの為せる業

特急草津号50周年記念号

b0011185_9512357.jpg
新町-神保原

吾妻線沿線の温泉地へ向けた観光列車である「草津号」は、SLけん引による準急電車として、上野駅~長野原駅(現長野原草津口駅)間の運転を1960(昭和35)年4月29日に運転を開始しました。多くのお客さまにご利用いただき「草津号」は今年で50周年を迎えました!50周年の感謝を込めて、この秋「草津号50周年感謝キャンペーン」を開催いたします。 (JR東日本高崎支社 2010AUTUMN 秋のおでかけNEWSより)

10月と11月の週末を中心に、新宿~長野原草津口を走るのは、特急草津号50周年記念号。
185系車両の1編成を、従来のホワイトカラーから運転開始当時の「湘南色」に再塗色し運転しています。
グリーン車の窓の下部には、旧国鉄時代同様に黄緑色のラインも再現。
うーん、ここまでやるか・・・
もはや185系とは思えないほどのお色直しにあっぱれです。^^
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-24 10:22 | プルーンとレバーの為せる業

手打ちそば 大村支店(富岡)のスープカレーせいろ

b0011185_1427211.jpg
鳴り響くお囃子を頼りに、山車を追いかけ歩いた富岡どんとまつり
旧キンカ堂から七日市の7-11まで、細長い富岡の町を行ったり来たりしていれば、そりゃあ腹も減ります。
てことで、お昼に選んだのは富岡郵便局にほど近い大村支店さん。
秋の好日、さっぱりとベーシックなせいろもいいけど・・・

「消費したエネルギーを充填すべし!」

との胃袋からの指令に従い、「スープカレーせいろ」を注文。
温かい特製スープカレーに冷たいせいろそばを泳がせ、ズズッといただきます。
スープカレーのベースを支えるのは、そばつゆと、じっくり炒めた玉ねぎの甘味。
器の中には、ナスとピーマン、カボチャの素揚げが賑やかに浮かびます。
底を探れば、軟らかく煮込まれた鶏の手羽元が現れるのは、うれしいサプライズ。
北海道産新そばの香りも、スパイシーなカレーの風味も味わえる欲張りな一品です。
〆にはご飯をスープに入れて、一滴残らずキレイに完食♪

「危険!エネルギー充填オーバー!」

それは、まぁ、いつものことですけどね・・・^^;

ついでに蔵出し!
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-21 16:32 | 食してナンボ

銀河鉄道999号2周年記念臨時列車

b0011185_1715152.jpg
決して情報を持ち合わせていたわけではなく。
どんとまつりのついでに上州富岡駅を訪ねてみると、副線に留め置かれていたのは999号。
なになになに?と近づいてみると、こんなイベントの真っ最中でした。
自由に駅構内に入って車内見学できるということなので、ではではではと。
何枚も撮り貯めている999号ですが、実際に乗車するのはこれが初めて。
ラッピングだけではなく、車内の天井にも鉄郎やメーテルが描かれていました。
運転台も開放され、子どもたちはかわりばんこに小さな運転手。
同じ運転台を見ても、おじさんは「主電動機は日立製か」などと。
撮ってばかりじゃわからないことも多々。
地元の鉄道もたまには乗らないとですね。

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-19 17:56 | プルーンとレバーの為せる業

第24回 富岡どんとまつり

b0011185_17581890.jpg
西毛地域最大規模の祭りである富岡どんとまつり
産業の振興、観光の開発及び周辺地域の交流と親善を図る一大行事として隔年で開催されています。
大通りから細い路地まで、次から次へ連なるように曳かれるのは、勇壮で華やかな20台もの山車。
祭り開催中であれば、街なかのどこにいても笛の音に特徴のあるお囃子が聞こえてきます。

24回目にして初めてこの祭りを見物しましたが・・・終始そのパワーに圧倒されまくり。
赤ちゃんからお年寄りまで、市民総参加で祭りにかける心意気がひしひしと伝わってきます。
秋の日に富岡の町全体が躍動するどんとまつり、ぜひ再来年も訪ねてみたいものです。



More
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-18 18:47 | 日本のカタチ

コンビニの猫

b0011185_2144852.jpg
藤岡の町外れのコンビニ。
寄るたびに入口で見かけるのは、一匹のキジトラ。
店員さんに聞けば、最近になって居付いてしまったのこと。
それでも猫としての礼儀は知っているようで、決して店内には入ってきません。
扉の前で、出入りするお客さんを見つめてはニャーとおねだり。
彼らには彼らなりの処世術があるようです。
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-17 21:57 | 今日のニャンコ、たまにワンコ

オヤジの休日 in 彩の国 ~ 東松山やきとり三昧 ~

b0011185_2146948.jpg
【魚の水を得たるが如し】 ふさわしい環境を得て、おおいに活躍することのたとえ。

そもそも、この旅の真の目的は?
龍勢まつりでも蕎麦でも秩父散策でも、決して場違いなカフェでもありません。
既に3時過ぎ、秩父を後にしたかわせみ号が向かったのは、群馬からグンと遠ざかって東松山。
そう、全ては夜の東松山で名物「やきとり」を堪能するためです。
運転手を引き受けてくれたかわせみさんに感謝しつつも・・・
こんな機会、滅多にないので思いっきり呑んでやれモードの私と田能久さんです。^^

ご存知の方も多いでしょうが、東松山のやきとりは焼き鳥ではなく、豚のカシラを使用。
基本は炭火で焼き、味噌・ニンニク・韓国唐辛子をベースとした辛味噌ダレを塗っていただきます。
100軒は下らないと言われる市内のやきとり屋の中で、“まず”始めに向かったのは大島屋さん。
創業45年、市内で5番目に古いという老舗の一軒です。
(かの吉田類さんも訪れていますよ。)
駅前の一等地で“やきとり”と書かれた赤提灯、そして幟には赤く“ホッピー”の文字。
風格さえ感じるこの佇まいに、三人は何の躊躇もなく吸い込まれて行きます。
まだ5時なのに店内のL字カウンターは、ほぼ満席。
三人分並んで空いている席はなかったのですが、奥のお父さんが詰めてくれて「ここ座んなよ」。
そうそう、これぞ赤提灯ならではのウェルカムなコミュニケーションです。^^
ではではと、カウンターの中で忙しく切り盛りするご主人にとりあえずホッピーを注文。
やきとりの“システム”が判らないので、そんなときはご主人にお任せ。
「じゃ、カシラ2本づつでいいね」
こんなアバウトな感じで事が進んでいくのも、また楽しい限りです。

そして運ばれてきたのは・・・
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-16 23:06 | 呑まれてナンボ

オヤジの休日 in 彩の国 ~ OMO茶や。 ~

b0011185_2274482.jpg
【場違い】 その場にふさわしくないこと。また、そのさま。

過去には OZ magazine や Hanako でも紹介されたに違いない素敵なカフェ。
生成りのワンピースや作家さんのアクセサリーも並ぶ雑貨屋さんでもあります。

店内には漂うのはナチュラルでフェミニンで女子~な空気・・・
窓辺を飾るのは絵本に花に猫の置物・・・
テーブルに置かれたフリーのお菓子はミルキーだったりして・・・
蒼井優ちゃんやKIKIさんなら絵になるのでしょうが・・・
街歩きに疲れたオヤジ三人組が、つい寄ってしまいました・・・

頼んだのは、コーヒーにジンジャーエールにオレンジアイスティー。
もちろん、どれも美味しくいただきましたが・・・
できれば、女性と一緒に寄りたいお店です。^^

OMO茶や。 (食べログ)

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-15 23:12 | ベツバラ