<   2009年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今宵、奥多野で呑み納め

b0011185_23472024.jpg
今宵、奥多野さんちで。
本当は有志による12月半ばの忘年会に参加する予定だったのですが、
娘のインフルエンザ禍にてお邪魔できず・・・
このまま年を越してしまうのはちょっと寂しいなと。
急遽、半ば強引に(笑)エメちゃんを誘って。
期せずして今年最終営業日の奥多野さんで、一年を振り返るささやかな宴を。
悲喜こもごも、今年も色々あったねと。
そして、来年はもっといい年にしようねと。

皆さんにとっても来たる年が明るく良い年でありますように。
では、また明晩!^^
[PR]
by sanzokuame | 2009-12-31 00:06 | 呑まれてナンボ

冬の心象風景

b0011185_0214454.jpg
青い赤城のシルエットの向こうに見え隠れする国境の雪降らしの雲。
私の持つ冬の心象風景は、まさにこの光景。
いよいよ寒さも深まり、またひとつ年が往こうとしています。
[PR]
by sanzokuame | 2009-12-29 00:52 | 彼方此方にて

四谷 十三里屋の蜜がけ大学芋

b0011185_2039524.jpg
今年最後の東京土産。
25日、東京駅構内にオープンしたのは、大学芋専門店、四谷 十三里屋・東京駅店。
屋号はもちろん江戸の洒落言葉、「九里四里うまい十三里」からとったものです。
この日選んだのは、輪切りの「霧島紅甘露」と拍子切りの「安納芋」。
蜜芋とも称される安納芋は、昨今人気のさつまいもでもあります。
素朴でほっこり、その優しい味わいに感じるのは、「安心」の二文字。
下手な細工を加えず、素材そのままの美味しさを前面に出した大学芋です。

てことで、花びら餅で始まった今年のベツバラもこれで打ち止め。 (だと思う、たぶん・・・)
[PR]
by sanzokuame | 2009-12-28 20:53 | ベツバラ

光都東京・LIGHTOPIA 2009

b0011185_027535.jpg
ブログを始めて5年あまり。
毎年巡ってくる風物詩ネタをいくつも綴っていますが、光都東京・LIGHTOPIAもそのひとつ。
日本一のオフィス街・丸の内が、年の瀬の夜だけは煌く街に変身します。
2007年2008年に続く三度目の取材。もちろん今年もスーツ姿で三脚担いで。^^)
東京駅丸の内口から和田倉噴水公園、馬場先濠、明治生命館、三菱一号館、東京国際フォーラムと回り、再び東京駅へ。
江戸以来、日本の中心として進化してきた丸の内の重厚な歴史を感じながらの散策。
今年復元された三菱一号館、2012年には復原工事を終える東京駅丸の内駅舎。
今も刻々と進化し続ける丸の内、いつ訪ねても新しい発見があります。

光都東京・LIGHTOPIA 2009

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-12-25 17:22 | 歳時記

ありんこ菓子店のシュトレン

b0011185_124467.jpg
ドイツ生まれのクリスマス菓子、シュトレン。
今年選んだのは、中軽井沢のありんこ菓子店さんのもの。
11月に予約し、先の土曜日に受け取りに行ってきました。
ここ数年、いろいろなお店のシュトレンをいただいてきましたが、その重量感と存在感では№1。
袋を解き、まさに純白の産着に包まれた幼子イエスが現れた瞬間は、ちょっとした感動すら覚えました。
ナッツにレーズン、バターに洋酒にさまざまなスパイス。
ありんこさんの研究によると、厚さ7ミリのカットが一番美味しいらしいです。^^
複雑に絡み合った香りをひとつずつ確かめながら。
ゆっくり、ゆっくりと聖なる夜にいただきたい逸品です。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-12-24 18:09 | ベツバラ

世界でひとつだけのクリスマスケーキ 2009

b0011185_0361768.jpg
クリスマス恒例、今年も娘二人による力作ができ上がりました。

思い起こせば・・・
缶詰チックな2006年・・・
アポロときのこのコラボレーションの2007年・・・
策に溺れた2008年・・・

そして今年は・・・イチゴとベリーのシンプルな作品。
今までのコテコテケーキごっこからは脱却。
親の贔屓目に見ても、かなりの成長かと。
面白みは無くなってしまいましたが、これからは味と美しさで勝負!らしいです。
さて、いつまで作ってくれるのかな。
[PR]
by sanzokuame | 2009-12-24 00:54 | ベツバラ

凍てつく軽井沢

b0011185_12375430.jpg
田能久さんちでランチをいただいた後は、R18を一路軽井沢まで。
予約しておいたシュトーレン(それはまたのちほど)を受け取りにありんこ菓子店までのドライブです。
雪の旧碓氷峠を四駆で楽しみながら、凍てつく軽井沢に到着。
さっそく中軽のありさんちを訪ね、あれやこれやとお話も。
冬至間近、気づけば外は凛とした闇の中。
キラキラと瞬く町を巡り、最後に思い出の教会を訪ねて軽井沢を後にしました。

それにしても、クリスマス前の土曜にも関わらず、旧軽銀座でさえ閑古鳥・・・
はて、今どきの若者はどこで何をして遊んでいるのか?
ファッションに車にディナーにプレゼントに・・・
空回りするほど(笑)気合を入れてクリスマスしていたあの頃とは時代が違うのかなぁ。
「Do They Know It's Christmas?」と聞いてみたくなります。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-12-22 17:16 | 彼方此方にて

光の妙 色彩の妙

b0011185_23385773.jpg
土曜の昼、約束の品を届けに田能久さんちへ。
テーブルを照らすマリンライトは、料理を鮮やかに浮かび上がらせる名演出家。
繊細なタッチで描かれた“絵画”を、まずはじっくりと鑑賞することをお勧めします。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-12-21 23:48 | 食してナンボ

冬の香りと春の香り

b0011185_2001485.jpg
年賀状の準備やら、プレ大掃除やら。
結局、一歩も外に出ない日曜日でした。
襷でつなぐ都大路をTVで観ながら、お父ちゃんは久々に台所に。
ご近所にもらったゆずで、まずはゆず味噌を。
できたところで春に作ったふき味噌も冷凍庫から引っ張り出して。
おにぎりに塗って、グリルでふつふつするまで焼いて・・・はい、できあがり。
まさに手前味噌ですが・・・やばい、これは旨いっす♪^^
冬の恵みと春の恵みに感謝!

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-12-20 20:19 | 食してナンボ

門前仲町の中心で、群馬弁をさけぶ

b0011185_1112568.jpg
あさりの酒蒸しと銀座のぐんまちゃん家でGETした初代ぐんまちゃん


医療人のための群馬弁講座主宰、在野の群馬弁研究では他の追随を許さない、すずき先生

故郷前橋を離れて幾星霜、今は上州人魂を胸に全国を飛び回る秋葉原行商人さん

社会に出てからは群馬と東京を行ったり来たり、今もエクスプレスツーキニストの三束雨。

そんな三人による群馬弁だらけの鼎談が、なぜか東京下町・門前仲町で開催されました。
そもそも三人のつながりは、医療人のための群馬弁講座の掲示板での書き込みが発端。
かれこれ、十年近くになる古いお付き合いになります。
郷土群馬の言葉・風習・文化にかけては一家言も二家言(?)もある三人。
いつかは三人で話し合いたいなぁ、と常々思っていたのですが、今回、すずきさんの東京での研修に合わせてようやく実現しました。
仕事終わり、三人が落ち合ったのは、門前仲町駅近くの深川浜
下町名物「深川丼」をと、すずきさんたっての希望によるお店の選択です。
まずは、初めての鼎談を祝して、ビールで乾杯。
終始群馬弁フルスロットルで語り合ったのは、あかぎ国体、TPリクエストアワー(わかるかなぁ?)から昨今の県都の凋落事情まで。
そこだけリトル前橋と化したテーブルに並んだのは、あさりの酒蒸し、かき揚げ、ハムカツなどなど。
たらふく飲んで、たらふく食べて、〆には深川丼もしっかりと。
下町の美味と積もる話を肴に、充実の酒宴はあっという間に過ぎていきました。

根っから群馬賢人な二人の先輩、楽しい夜をありがとうございました。
ぜひまた東京で、群馬で、一席設けましょう!^^
[PR]
by sanzokuame | 2009-12-18 20:22 | 食してナンボ