<   2009年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

快速 たんばらラベンダー号

b0011185_23455775.jpg
新町-倉賀野 (尻切れトンボ・・・)

マリンブルーくじらなみ号、一村一山号に続く夏列車第三弾。
沼田の「たんばらラベンダーパーク」のラベンダー開花にあわせ、7/25・26、8/1・2に上野-沼田間で
運転されるのが「快速 たんばらラベンダー号」。
使われる車輌は、長野総合車両センター所属の485系「いろどり(彩)」。
ツリ目が特徴的な顔つき・・・個人的にはちょっと苦手な顔です。^^;
ヘッドマークは液晶TV、1~6号車まで長野県にちなんだ6色の配色がなされるなど、極めて個性的な編成です。
(詳細はこちらのページが参考になります。)

夏の行楽シーズン、週末はレアな列車の追っかけと化しています。^^

JR東日本高崎支社 夏のおすすめ列車

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-07-30 00:09 | プルーンとレバーの為せる業

Le Contentement のフレッシュ・ブルーベリーのタルト

b0011185_22251859.jpg
一度聞いただけでは憶えられない、一度憶えたら忘れられない。
「コントントモン」、その店名は、仏語で「満足」を意味します。
こちらのお店の評判を知ったのは、もう3年程前になりますが、なかなか縁がなく
今回、手筒花火の前に初めて寄ることができました。
R354に程近いビルの1階、白を基調とした店舗はさながら山の手のブティックのよう。
店内にはカフェも併設され、“新鮮”なスイーツをその場でいただくことができます。
まるで宝石が並んでいるかのようなショーケースを覗きますが・・・
こういう時って、どうにも目移りして決められない私です。^^;
そんな時はお店のスタッフの方にオススメを聞いちゃうのが一番!
「男性に人気なのはこちらのチーズケーキなどですが、今なら旬のブルーベリーを使ったタルトがオススメですよ」
「はい、じゃそのブルーベリーのタルトとアイスコーヒーを♪」
地元の食材、そして季節の味を大事にするというコントントモンさん。
そのスタッフさんの口から“旬”という言葉を聞かされれば、もう即決です。^^
明るい窓辺のテーブル席に間もなく運ばれてきたのがこの一皿。
何とも涼しげにコロンコロンと飾り付けられるのは、群馬県産・有機栽培のブルーベリー。
限りなく野生に近い栽培方法とのこと、酸味の強さと爽快な香りの高さが際立ちます。
しっとりさくさくのタルト生地と口当たりまろやかなカスタードクリームもまた絶品。
さすが、スイーツ好きの間で評判になる美味しさです。
惜しむらくは・・・何せうち(藤岡)から遠いということ。^^
持ち帰り一時間以上ではあまりにケーキが可哀想過ぎます。
私にとってはイートイン専門のお店になりそうです。

Le Contentement
[PR]
by sanzokuame | 2009-07-28 23:08 | ベツバラ

田能久のチビ

b0011185_2095653.jpg
田能久さんちの看板猫(♀)。
ご家族がそれぞれに名付け、計4つの名前があるそうです。^^
マスター曰く、「チビ」とのことなので、ここではそう呼ぶことにします。

食後のテラスで目線を同じにして、いい顔を撮ってあげようと思ったのですが・・・
「はい!チーズ!」で止まってくれる訳もなく・・・ ^^;
ブレブレですが、なんとか絵になったのがこの一枚。
外に出てきてくれたマスターを見つめる幼気な眼差しです。

カメラ目線でこっちにもいい顔してよ~
[PR]
by sanzokuame | 2009-07-27 21:18 | 今日のニャンコ、たまにワンコ

田能久の新生姜のシャーベット

b0011185_2153946.jpg
盛夏、それは新生姜の季節。

野菜使いの魔術師・田能久さんにかかればこんなスイーツに変身します。
前菜の「完熟トマトとチーズのグラタン」、メインに選んだ「かじきマグロのムニエル」を堪能したあと、
テーブルに運ばれてきたのは、うっすらとピンクがかったこの「新生姜のシャーベット」
一年振りのご対面!・・・と思っていたのですが、過去記事を見返したらそのときは「白桃のコンポート」
を選んでいたらしく(完全な記憶違い^^;)、今回が初体験となりました。
溶けないうちに、さっそくひと口。

「うん、生姜、生姜!」

まったくもって直球ど真ん中の生姜です。
マスターに「生姜生姜してますね」と言うと・・・「だって生姜だもん ^^」。
はい、おっしゃる通りでございます。 ^^

ジンジャーエールを飲んだ後のようなちょっとした辛味と爽快感。
折からの暑さもスッと引く、夏にもってこいのシャーベットです。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-07-26 22:09 | 食してナンボ

第10回 館林手筒花火大会

b0011185_14111349.jpg
久々の東毛ネタ。
昨晩開催されたのは、前々から一度見てみたかった、この館林の手筒花火大会。
その歴史をちょっと調べてみると・・・
徳川家康が秀吉の命で江戸に入ったとき、徳川四天王の一人・榊原康政は、館林10万石を得る(家康家臣中2位となる石高)。これが館林藩の始まりで、榊原康政は、三河国上野郷(現在の愛知県豊田市)に生まれ、幼くして松平元康(後の徳川家康)に見出され、松平氏譜代家臣の酒井忠尚に仕えた三河武士。康政の康は、三河一向一揆の平定での武勲で家康から与えられた。館林の手筒花火は、手筒花火のルーツである三河地方(愛知県豊橋市)の有志と館林煙硝会が協同で行なうもの。手筒花火が見られるのは、関東では館林だけ。
なるほどなるほど、徳川に由来し、関東では非常にレアな花火大会のようです。
会場となった館林市役所東隣の広場は、まだ5時というのに多くの観客が集まっていました。
また、アマチュアカメラマンにとっても絶好の被写体であるらしく、ブルーシートの観客席を取り囲むように三脚が林立していました。
なんとか私もスペースを探し、カメラをスタンバイ。
そして、19:30。
開幕を告げるスターマインに続いて、男衆の抱える手筒花火が次々と点火されました。
全身に降りかかる火の粉をものともしない、粋で勇壮な男の火祭り。
最後にはドーンと大きな爆音と共に底が抜ける手筒花火。
いやはや、これほどに迫力あるものとは思いもしませんでした。
来年も行っちゃおっかな。

館林市観光協会

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-07-26 14:31 | 日本のカタチ

縁日の ラムネに詰まった 青い海

b0011185_20562952.jpg
7/18、藤岡まつりにて。
露店に並ぶのはブルーハワイやらイチゴやら・・・
ま、上客はオコサマってことなんでしょうね。
オジサンとしては“普通”のラムネがあれば即買いなんですけどね。
[PR]
by sanzokuame | 2009-07-22 21:07 | 歳時記

上信電鉄 車輌名鑑

b0011185_21471718.jpg
(読者おいてけぼりで今月も鉄分強化月間に・・・)
夕暮れの吉井町。
長閑な田園風景の中を走るのは、上信電鉄のカラフルな車輌たち。
銀河鉄道999号、蒟蒻畑号、元西武鉄道の新101系・・・
20分程の間に上り下り合わせて4本の列車が通過しましたが、
ひとつとして同じ編成はありませんでした。
沿線に広がる田んぼに桑畑にトウモロコシ畑。
遠く夕暮れに浮かぶのは、赤久縄山と稲含山のシルエット。
西上州の原風景の中をガタゴトと、今日も西へ東へ走る上信電鉄なのです。

馬庭-吉井

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-07-19 22:02 | プルーンとレバーの為せる業

夏列車

子供たちの夏休み突入に合わせて走り出した夏の183系臨時快速列車。
7/18・19・20・25・26、8/1・2・8・9に運転されるのは「快速 マリンブルーくじらなみ号」。
熊谷を6:20に出発したくじらなみ号は、柏崎・鯨波・青海川・笠島・米山、柿崎に停車し、乗客を新潟の海へと誘います。

一方、「駅からハイキング」に合わせ、7/18、9/26に運行されるのは「快速 一村一山号」。
こちらは6:45に上野を出発、9:18に谷川岳への玄関口・土合駅へとクライマーを運びます。

ETC割もいいけど、旅情を誘うのはやっぱり鉄路だなぁ。^^
うーん、どっか行きたいぞ!

b0011185_105919.jpg
新町-倉賀野 (正面は思いっきりピンを外したので、後追い・・・)

b0011185_1063432.jpg
新町-倉賀野

JR東日本高崎支社 夏のおすすめ列車
[PR]
by sanzokuame | 2009-07-18 10:22 | プルーンとレバーの為せる業

夏のプラットホーム

b0011185_21513214.jpg
蝉時雨の放課後。
彼女が待っているのは、はたして列車なのだろうか・・・
[PR]
by sanzokuame | 2009-07-17 22:19 | プルーンとレバーの為せる業

奥多野ワイン会

b0011185_2349883.jpg
ひっさびさの呑まれてナンボ。
昨夜は藤岡のノンベェの坩堝、奥多野さんへ。
定休日である月曜に開催されたのは、奥多野の常連さんが集った奥多野ワイン会
第二回となった今回は、フランスワインを美味しく勉強しちゃおう!って催し。
月曜っから?もちろん仕事終わりで参加させていただきました。^^
テキストあり、フランスのワイン地図あり、そしてなにより店長の豊かな知識と感性ありの勉強会。
もちろん一番の教材は、フランス各地から店長のセレクトした8銘柄(赤4+白4)です。
まずは色を見てグラスを知ったようにクルクル回したり、低い鼻をグラスに突っ込んで香りを確かめたり。
そして、ひと口含んで舌の上でヒュルヒュルってしたり。
8酒8様、言葉で的確に表現するのは難しいですが、それぞれの持つ個性を感じることができました。
特に興味深かったのは、「ボルドーの右岸と左岸」。
(ワインに関しては人差し指第一関節程度の浅学なので初耳でした・・・)
ちょっとした環境の違いで全く別物のワインになるんですね。
店長お手製の極上のオードブルも味わいながらのワインな一夜。
初めてお会いする常連さんとも情報交換できたりして、有意義で美味しく楽しい一夜となりました。

次の講義、今から予約しておきますので、よろしくお願いします。>店長 ^^
(てか、テキスト置き忘れて帰っちゃった私は落第生?)
[PR]
by sanzokuame | 2009-07-14 23:56 | 呑まれてナンボ