<   2009年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

レンゲツツジ咲く霧ヶ峰

b0011185_19174217.jpg
御射鹿池をひとしきり撮り終えたところで時計を見ると、まだ6時。
まさに朝飯前の時間、はて、これからどうすんべ?
小淵沢で駅弁食べて、小海でパイでも買って帰ろうか? 
それとも諏訪で塩羊羹小津安二郎の酒でも買って、いっそ松本で蕎麦三昧?
選択肢はいくつもあったのですが、折角なのでこの時期ならではの絶景をと。
来た道を白樺湖まで戻り、ビーナスラインへ。
向かったのは・・・
妙な言い方だが、山には、登る山と遊ぶ山とがある。前者は、息を切らし汗を流し、ようやくその項上に辿り着いて快哉を叫ぶという風であり、後者は、歌でもうたいながら気ままに歩く。もちろん山だから登りはあるが、ただ一つの目標に固執しない。気持のいい場所があれば寝ころんで雲を眺め、わざと脇道へ入って迷ったりもする。当然それは豊かな地の起伏と広濶な展望を持った高原状の山であらねばならない。霧ヶ峰はその代表的なものの一つである。 
山好きの方であれば、冒頭の一節だけでピンとくる、深田久弥著「日本百名山」にも選ばれた霧ヶ峰です。

霧ヶ峰は、諏訪湖の北東に位置し、車山を主峰とする溶岩台地。
久弥の言葉そのままに「豊かな地の起伏と広濶な展望を持った高原状の山」であり、日本最南端の八島湿原や、車山、
踊り場の高層湿原の美しさで知られます。
田中澄江の花の百名山にも選ばれる霧ヶ峰は、初夏はレンゲツツジ、盛夏はニッコウキスゲ、
秋にはマツムシソウの大群落が咲き揃います。
また、信州のほぼ中央に位置するため、間近に望む八ヶ岳を筆頭に、富士山、南アルプス、
ビーナスラインが続く美ヶ原から北アルプスまで、360度の素晴らしい展望にも恵まれています。

梅雨の晴れ間の土曜日、車山肩の駐車場に着くと、既に多くの車で満杯。
やはり、ここにいたのも三脚を担いだアマチュアカメラマンたち。
お目当ては、緑の草原の中で燃えるように咲くレンゲツツジです。
そのオレンジ色に負けじと白い花を天に向けるのはコバイケイソウ。
七月の声を聞けば、やがてニッコウキスゲの黄色に覆われる霧ヶ峰。
久弥に倣い、歌でもうたいながら気ままに歩き、気持のいい場所があれば寝ころんで雲を眺めたい、
天上の楽園なのです。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-06-30 20:59 | 彼方此方にて

緑響く

b0011185_16242797.jpg
信州奥蓼科、御射鹿池(みしゃかいけ)
農業用の小さな溜池なのですが、夏は緑を、秋には紅葉を水面に映し、訪れる人々を魅了し続けています。
この御射鹿池を一躍有名にしたのは、東山魁夷画伯の「緑響く」(1982、長野県信濃美術館・東山魁夷館収蔵)。
かつて吉永小百合さんの某液晶薄型テレビのCMにも使われた、あの名画です。
「緑響く」は御射鹿池をモチーフにしたと言われ、“白馬シリーズ”と呼ばれる一連の作品の中での代表作になります。

その幻想的な緑の景色をひと目見たくて、金曜26時に佐久~望月~白樺湖~北山経由で一路奥蓼科へ。
(最近の週末、何だかんだでほとんど寝てません・・・^^;)
白樺湖に影を落とす夜明けの蓼科山、西から望む八ヶ岳連峰のシルエットを楽しみながら、5時に御射鹿池到着。
自分はさておき(最近こればかり)、世のアマチュアカメラマンとは恐ろしいもの。
畔では先客が一人、既に三脚を立ててパチリパチリと撮影しておりました。
車を見れば群馬ナンバー、親近感を持って(笑)挨拶を交わし、早速私も名画に描かれたアングルを確認。

「・・・」 (← しばし絶句中)

森の深い緑と、それをそっくりシンメトリーに映す鏡のような水面。
吸い込まれるそうになる幽玄閑寂な光景は、見るものにちょっとした恐怖感すら抱かせます。
取り囲む森の木々、程よい池の面積、底の苔が鏡面効果に作用するようで、陽の低い朝夕であれば、
まさに「緑響く」の景色を目の当たりにすることができます。
「これで白馬が出てきたら絵のまんまだなぁ」と思っていると、堤防の上にひょっこりと鹿の子模様の浮いたニホンジカが。

「・・・」 (← 再度絶句中)

神のいたずらとも思える自然の幻想的な演出、これには鳥肌が立ちました・・・

絶句と鳥肌ものの美しさ。
紅葉の季節もぜひまた訪ねたいと思わせる御射鹿池なのでした。

※ 画像は全てクリックで拡大します。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-06-28 17:36 | 彼方此方にて

夢の跡

b0011185_22234067.jpg
いつもの自転車散歩で出会った光景。

てんとう虫は、うちの親父が最初に買った車。
古いアルバムには母と、その腕に抱かれる幼い私との3ショットが何枚もあります。
我が国のモータリゼーション推進の一翼を担った往年の名車たち。
時代はエコ真っ盛りですが、こんな時代もあったことを忘れないで欲しいですね。

なぜかJRのコンテナに載せられてるのもツボだなぁ。^^

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-06-26 22:36 | 日本のカタチ

リベンジ 朝の三兄弟

b0011185_21204773.jpg
鉄分強化月間です。

明日の予報が晴れと聞き、今朝も3時半起きで神保原~新町へ。
しかし、先週よりも雲は厚く、太陽は一向に姿を見せず。
朱を差すような陽光はいつになったら・・・
と、きっと同じ思いを持ちながらスタンバる同志が今日も20人ほど。
自分はさておき、平日ですよ!皆さん! ^^;
まさに「朝練」そのものです。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-06-25 21:43 | プルーンとレバーの為せる業

六月の少林山達磨寺

b0011185_19512170.jpg
カレー大盛りの腹ごなしに少林山達磨寺へ。
(気休めでしかないですけど・・・)
参道の階段では木漏れ日に浮かび上がる紫陽花が出迎えてくれました。
本堂、庚申塔、観音堂、ブルーノ・タウトの洗心亭と、ぐるりと山内をひと回り。
お山全体が六月の眩しい緑に包まれていました。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-06-24 20:29 | 日本のカタチ

田能久の青じそのシャーベット

b0011185_1975411.jpg
まーず、あっちぃんねぇ~!

そんな挨拶で始まる暑い日には、こんな涼しげなシャーベットなど。
“野菜使いの魔術師” 田能久さんの作るベジタボーな冷菓には毎度驚かされます。
カボスのシャーベットトマトのコンポートセロリのシャーベットもまた♪)

青じそのさっぱりした風味、甘露の優しい甘みはまさに一服の清涼剤。
その翡翠色も目に涼しい限りです。

もちろん、シャーベットだけをいただいた訳ではなく・・・
[PR]
by sanzokuame | 2009-06-23 20:32 | 食してナンボ

梅雨の晴れ間

b0011185_19284420.jpg
夏至の夕方。
にわかに青空が広がってきたので、カメラぶら下げていつもの自転車散歩。
青い空、赤い三角屋根、緑の田んぼ。
光の三原色が見事なコントラストでした。

もちろん歳時記ネタですけど、ほかに何か写ってます?^^
[PR]
by sanzokuame | 2009-06-21 19:51 | 歳時記

秩鉄カラー・リバイバルトレイン

b0011185_1692535.jpg
怒涛のテツ三連発。^^

秩父鉄道は今年で創立110周年。
記念列車として5/30~11/23に走るのは、昭和25年~昭和63年に活躍した100形電車を模した1000系車両。
小豆色と肌色のツートンカラーは、どこか懐かしい昭和レトロの雰囲気を醸し出しています。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-06-21 16:17 | プルーンとレバーの為せる業

高崎操車場にて

b0011185_13374718.jpg
朝の三兄弟が消化不良だったので、そのまま高崎操車場へ。
何を撮るって特に目的もなかったのですが、行けば必ずこんなシーンを見られるのが操車場です。
出くわしたのはEF65からEH200ブルーサンダーへの付け替え作業。
ブルーサンダーもさることながら、塗色とシンクロするヘルメットがまた!^^
働くお父ちゃんもまたカッコイイんです。
オマケに高崎へ向かう八高線を収めてようやく帰宅。
釣り同様、写真もテツも朝まずめ・夕まずめが狙い目ですね。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-06-21 13:45 | プルーンとレバーの為せる業

朝の三兄弟

b0011185_1323310.jpg
夏至が来~れば思い出す~♪

一年振りの「朝の三兄弟」の撮影です。
今年こそは夏至を狙ってと、土曜の4時に去年と同じ神保原~新町間(通称:ジンシン)に向かったのですが・・・
さすがのメッカ、路肩には既に車がズラーっと、20台ほど・・・
もちろん線路脇には三脚が林のごとく・・・
既にアングルを決め、スタンバってるコアな撮りテツの中に分け入っていく勇気はありませんでした。
夏至直近の週末、まぁ、予想はしてましたが、ここまでとは・・・自分はさておき、テッちゃん恐るべしです。
「こりゃダメだ」とさっさと諦め、北藤岡駅近くのゆるいカーブに移動。
バックに民家が入ってしまいますが、ここもなかなかのポイントです。
しかし、残念なのは、この曇天。
頼りの太陽は厚い雲に隠されたままで、一向に露出が上がりません。
「もっと光を!」の心境ですが、こればかりはどうしようもないので、チープな機材と与えられた条件で精一杯の努力を。
そしてやって来たのは、3ヶ月振りに拝む「能登」、「北陸」、茶色のEF64 37に牽引される「あけぼの」。
定刻通りに上野に向かう三兄弟をローアングルで何とか撮影。
たった40分間にこれだけの雄姿を立て続けに見られるのは、やはり魅力的です。

それにしても、どれもピンがひどい・・・^^;
こりゃリベンジものだなぁ。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-06-21 13:07 | プルーンとレバーの為せる業