<   2009年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

支那そば なかじまの「味玉そば」

b0011185_0373665.jpg
今やその名を検索すれば、数多のサイトで人気とレベルの高さを知ることのできるお店。
もはや遅かりし由良之助かも知れませんが、ようやくいただきましたので。
特筆すべきは・・・これがたくさん。
清潔な店内。若い店主。イリコ出汁ベースのクセのないスープ。
そして、そのスープに良く絡むのが、白さが美しい自家製の細麺。
具など無くとも、「かけそば」で十分・・・そんな完成度です。

支那そば なかじま
高崎市飯塚町1190-4 東金井県営住宅1F
℡:027-363-5161
営:11:00-14:30、17:00-20:30
休:火曜

せっかくなので・・・
[PR]
by sanzokuame | 2009-03-28 00:42 | 食してナンボ

小串カタクリの里

b0011185_2351337.jpg
5年弱続けてるこのブログですが、何故か一度もUPしたことのなかったカタクリの花。
仕事や所用、それとも休日が天候に恵まれなかったのか・・・
儚い花の命の「スプリング・エフェメラル」が故の巡り合わせだったのかも知れません。
訪ねたのは吉井町の小串。
斜面をピンク色に染め上げるカタクリは実に5万株。
ほぼ全株が「かがり火」のように咲き揃い、ちょうど見頃といったところです。
しかし、被写体としては意外に難しい素材。
うつむいたその姿、立体的な花のつくり・・・ローアングルであれこれと試行錯誤。
足腰にキマス・・・^^;
この日曜日には「カタクリ咲いたまつり」も開かれるようです。

吉井町ホームページ

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-03-27 23:30 | 歳時記

鶴生田川のこいのぼり

b0011185_805380.jpg
二年振りの館林でしたが、ちょっと訪ねるのが早かったようで・・・
その二日後の23日、県内のトップを切って桜の開花宣言がされました・・・
世界一のこいのぼりが泳ぐ鶴生田川の両岸が桜色に染まるのももうすぐです。
[PR]
by sanzokuame | 2009-03-26 09:19 | 彼方此方にて

尾曳稲荷骨董市

b0011185_2225370.jpg
城下町、館林。
城沼の西端に位置するのは尾曳稲荷神社。
普段は静かな境内ですが、毎月の第3・第5土曜には骨董市が開かれ、賑わいをみせます。
境内所狭しと広げられた露店に並ぶのは、洋の東西を問わない様々な骨董品。
ウランガラスに止まった時計、古九谷に銀幕女優のプロマイド・・・
ちょっとしたタイムスリップを感じることのできる不思議な空間。
冷やかしているうちに時の経つのを忘れてしまいます。

尾曳稲荷骨董市

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-03-24 22:35 | 彼方此方にて

ヤギヤのたい焼き

b0011185_11285353.jpg
念願の館林のヤギヤさん。
1匹100円也。
1,000円の「ひと箱」には10匹が整然と詰められています。
ひっきりなしに訪れるお客さんは「ひと箱!」、「こっちもひと箱」と。
人気の高さが伺えます。
ついつい流れで、私も「ひと箱」と。
ホカホカのうちに箱をオープン。
少し小振りのたい焼き。
鯛というより・・・鮒に似てるかな?
頭から尻尾の先のでつぶあんがたっぷり。
とりあえずペロっと2匹。
家族にも大好評。
箱買い、結局は大正解でした。

ヤギヤ (ぐんまの名物商人)

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-03-22 11:43 | ベツバラ

高崎公園のハクモクレン

b0011185_1053076.jpg
二年振りの紹介。
あちこちの民家の庭先で真っ白に咲き誇る姿を見られるようになってきましたが、
ここ、高崎公園の銘木も間もなく満開を迎えようとしています。
来週は寒の戻りがあるとの予報。
もう少し花を楽しめそうです。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-03-22 11:08 | 歳時記

末げんの「かま定食」

b0011185_1915075.jpg
サラリーマンの街、新橋。
駅前のニュー新橋ビル西側に軒を構える鳥割烹「末げん」は今年で創業100年。
かの三島由紀夫が最後の晩餐に選んだ店としても知られる老舗の料亭です。
そんな所縁を聞くと「敷居が高いのかな?」と構えてしまいますが、
ランチにはサラリーマンの財布にも優しいメニューが用意されています。
それがこの「かま定食」 (¥1,050 ※ 写真はもちろん+¥105の大盛 ^^)
席に着いたサラリーマン、OLの殆どがこの定食を注文します。
「はて?何どんぶり?」とお思いでしょうが、いわゆる“鶏ひき肉の親子丼”です。
ちなみに“かま”はご飯を炊く釜を指し、元々は客の運転手や付き人に振る舞う賄い料理を
鳥鍋用のつくねで作ったことがきっかけだったそうです。
ひき肉に使うのは軍鶏、地養鶏、合鴨の三種類。
卵の半熟加減が絶妙の親子丼は、ふわふわのとろっとろのさらっさら。
醤油、味醂、鶏がら出汁での味付けは決して甘過ぎず、江戸気質のしっかりとしたもの。
口に含めば旨味が花咲くように広がり、料亭でありながらも丼に口をつけ“かっこみ”たくなる一杯です。
漬物と小鉢(この日は菜の花とお揚げのお浸し)、生姜の利いた鳥スープも付いて大満足。
連日行列必至なのも納得です。

末げん (ぐるなび)
[PR]
by sanzokuame | 2009-03-19 19:29 | 食してナンボ

克服

2009年 J2 第2節 ザスパ草津 3-2 アビスパ福岡
b0011185_18143933.jpg
苦手の福岡から初勝利。
そして、開幕2連勝。
2008年とは明らかに違う、攻撃主体の2009年仕様のザスパ。
ゴールを狙う積極性、攻守切替えのスピードは観ている者を純粋にワクワクさせます。
廣山の技、櫻田の視野、都倉の高さ・・・、目を見張る選手は数知れず。
特に光っていたのは勇猛果敢にサイドを深くえぐる聡太郎。
これぞフットボール、楽しい一年になりそうです。

【J2:第2節 草津 vs 福岡】レポート:攻撃サッカーで天敵・福岡を撃沈! 草津、クラブ初開幕2連勝でホーム初戦を飾る。 [ J's GOAL ]
[PR]
by sanzokuame | 2009-03-18 19:08 | ザスパ草津

大樹の下で

b0011185_23525555.jpg
群馬の森にて。
この~木 何の木 気になる木~♪(歳バレ) を思わせる見事な枝振りのシラカシ。
ウォーキングする人にとっての休憩ポイントでもあります。
[PR]
by sanzokuame | 2009-03-14 14:31 | 彼方此方にて

慈眼寺の山茱萸

b0011185_18501236.jpg
しだれ桜で有名な高崎市下滝町の慈眼寺。
桜がほころぶにはまだ時間が掛かりそうですが、
一足先に境内を華やかに彩るのが、この山茱萸(サンシュユ)です。
庫裏の前庭には樹高5,6mはあろうかという大木が3本。
今がまさに満開、見上げれば空一面を黄色に染める見事さです。
見頃は、あと一週間ほどでしょうか。

慈眼寺 (じゃらんnet)

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-03-12 20:35 | 歳時記