<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

おおみやのかりんとうまんじゅう

b0011185_1464020.jpg
今、巷で噂のかりんとうまんじゅう。
土日ともなれば開店前から30人以上の行列ができ、開店後30分で完売という人気の品です。

ツテあって今回初めていただくことができましたが・・・・うん、これなら並んでもいいかも。
黒糖を練り込んだ生地を油で揚げてあり、その歯応えはカリカリのサクサク。
まんじゅうながら音を立てて弾け、文字通りにかりんとうの食感です。
しかし、硬いのは表面からほんの数ミリ。
生地の内側には本来の柔らかさが残り、その中央には上品な甘さのこし餡がたっぷり。
全体的な味わいは、いわゆる揚げまんじゅうに似ていますが、黒糖の香ばしさによりすっきりとした味に仕上げられています。
特に底の部分はこんがりと焦げ目がつけられ、クイニーアマンのように飴化した部分が絶妙なアクセント。
和菓子でありながら洋にも通じる不思議なまんじゅう。
熱い日本茶もいいですが、ホットミルクなど、より相性がいいかも知れません。

その評判から高崎タカシマヤからのオファーを受け、本日から2月3日まで開催される「群馬展」にも出店されます。
味の想像が難しいという方はぜひお試しを。
百聞は一食に如かずです。 ^^

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-01-28 02:23 | ベツバラ

MIKADOの仏蘭西菓子

b0011185_21485861.jpg
富岡の254バイパスから自然史博物館へと通じる道すがら。
多くの群馬ブロガーさんに紹介されている洋菓子店です。
自然史博物館には子供と何度となく遊び(?)に行っているのに、こちらを訪ねたのは今回が初めて。
レンガ造りのエントランスに導かれて入った店内の印象は・・・まるでジュエリーショップのような雰囲気。
調度品やディスプレイの設えには洗練されたセンスを感じ取ることができます。
ガラスのショーケースの中には、まさに宝石のような生菓子とショコラ達。
一糸乱れずに並ぶその姿、まるでひとつひとつが意思を持って整列してるようにすら思えてきます。

さて、今回いただいたのは以下の3品。

タルト・オランジュ
林檎のタルト
ギモーヴ・ショコラ

(全てオーナーシェフ様のブログをお借りし紹介させていただきました。)

どれも必要以上に手を加えず、素材本来の美味しさを最前面に出したといった感じ。
甘みや酸味だけでなく、苦味や渋みさえもスイーツの味わいのひとつであることを教えてくれます。

他にもショーケースの中には試してみたいスイーツがたくさん。
「今度の休み、子供連れて自然史博物館行かない?」
嫁への口実は既に用意してあります。 ^^

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-01-26 20:53 | ベツバラ

鴨と赤城と温い冬

b0011185_22321790.jpg
三年前はまだこんな日もあったのに・・・
この冬は全くといっていいほどに凍りません。
最近の冬将軍は名前ばかりで、赤城の頂もさほど白くなく・・・
早くも伝わってきたのは紀州で梅が咲いたとのニュース。
今年の入学式、桜が残っているのか心配です・・・
[PR]
by sanzokuame | 2009-01-24 22:35 | 歳時記

逃げるロバ きままな犬

b0011185_18261966.jpg
訪ねたのはクリスマス前。
11月に続いて?回目の小諸、茶房 読書の森
この日は嫁と二人だけ。
「さて、着いたぞ」と、店の前をフロントガラス越しに見ると、馬らしき大きな動くもの・・・
「ありゃま、ロバのジグちゃん!」
しかも、たった一人きり。
初めて見たのなら「えっ?なんで、ロ・バ!?」とビックリでしょうが、
以前、店の奥さんから「たまに脱走する」という話を聴いていたので
「一人で散歩なのかな?」
なんて暢気に思い、店に入りいつものコーヒーを。
何事もなかったようにご夫婦と娘さんとあれやこれやとしばらく談笑。
15分ほどして「そういえばジグちゃん、一人で散歩してましたね」と私が言うと・・・
「え~っ!!」と。
ジグ、どうやらこっそりと抜け出していたようで・・・
そして、ご夫婦と娘さん総出で捜索に・・・
急遽、嫁と私は店番を仰せつかり・・・

しばらくして皆さんゼイゼイしながらジグとご帰還・・・
ご苦労さまでした。^^

帰る際にはいつものようにノンちゃんがお見送り。
そして、そのまま一人でお散歩に。^^;

なんとも自由気ままな読書の森。
時間ものんびり流れるこの小諸の台地。
やっぱ、いいなぁ。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-01-22 18:53 | 彼方此方にて

うめまつの焼きそば

b0011185_23582763.jpg
日付は前後して。
渋川から草津へ向かう道すがら、昼食に選んだお店も私の独断。
その存在を知ったのは一昨年の10月。
ぐんまの歩く花鳥風月、コニーさんの記事にて。
“特大”のふた文字に恋焦がれつつも、なかなか中之条に縁がなく。
今回は絶対に外せないってことで。
注文はもちのろんで“特大”。(そのボリュームは七味の瓶で)
麺は太め、ソースは辛さ控め、子供も好きそうな優しい味に仕上げられています。
もっさもっさと男六人でいただいていると、ちょうど昼時、持ち帰りで訪ねる方がひっきりなし。
地元に愛されてるお店なんですね。
折角なので(「折角は理由にならない」と嫁・・・)、おでん、そしてベツバラにたいやきも。
食事に良し、おやつに良し。
なかんじょグルメ、ここにありです。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-01-20 00:12 | 食してナンボ

これでもかっ!な高砂館

b0011185_23103350.jpg
夕食(一の膳)

草津の旅
今回お世話になったのは「地蔵の湯」近くの高砂館。
"草津 高砂館"で検索すれば、多くのブロガーさんの綴る詳細なレポートを見ることができます。
数年前、そんなレポートのひとつに偶然たどり着き、紹介されていた"この"料理にひと目惚れ。
同行の仲間5人から一切の希望も募らず、私の独断で予約をした訳です。
決して豪華という類ではありませんが、「いいから、いっぺぇ食ってけ」的なオモテナシ。
ネットで拝見した写真でも「スゲッ!」なのに、実際に目の当たりにした瞬間は、まさに言葉を失うほどの感動。
どれもこれも、作り手のやさしさが伝わってくる心温まる料理です。
しかし、この品数と量、大食漢の私でもさすがに、「うっ、キツイ・・・」。
男衆6人を見越してのことかも知れませんが、"オヒツすり切り一杯のご飯"を初めて見ましたよ・・・
おこたの上にはお茶菓子だけでなく、みかんもあり。
ロビーのドリップコーヒーは飲み放題、ついでに温泉卓球はやり放題。
でもって御代は、お一人様¥8,500也。
リピーターが多いのも納得のお宿です。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-01-19 13:19 | 食してナンボ

草津よいとこ

b0011185_19135818.jpg
こないだの連休は、昔の職場仲間と草津旅行。
マイカーは出さずにレイルアンドカー(後輩の)にて。
湯畑から徒歩5分、料理に定評(?)のある安旅館を拠点に街中を散策。
それは、いやでもくれる茶・白・緑の温泉饅頭を合計5つ頬張りながら。
宿すぐ近くの外湯も含め、風呂に入った回数が5回。
夜更けまで仲間と近況報告しながら空けた缶ビールがまた5本。
そして、最後に記念撮影をした湯畑で湯気を吸い込みゴホンゴホン。
束の間の骨休め、お後がヨロシイようで。^^

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-01-17 19:51 | 彼方此方にて

恵比寿とか代官山とか

b0011185_1885672.jpg
恵比寿ガーデンプレイスタワーから都庁越しに赤城山が見えると噂に聞き・・・
残念ながらこの日は霞の中。
仕方がないので恵比寿駅からブラブラと散策を。
地図は・・・まぁ、一応持ってはいましたが、思いつきで路地から路地へ。
恵比寿駅近くには前橋に本社を置く雑貨屋さんを発見。
代官山、確かにお洒落な街でしたが・・・ちょっと澄ました感じ。
いずれにせよ、高いところに上らないと山が見えないのは、上州人としては何となく気持ちが落ち着きません。
それから、この界隈に限ったことではありませんが、都内は意外に坂の多いことを再認識。
ブラブラながら、結構いい運動になります。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-01-17 18:32 | 彼方此方にて

安蘇山塊で蜃気楼?

b0011185_23552450.jpg
1月13日の朝、東京へ向かう新幹線の車窓から。
まもなく本庄早稲田駅に到着する頃、ふと日光男体山の東に目をやると何とも不思議な光景が。
桐生から足利、佐野、鹿沼に跨る安蘇山塊。
そのスカイラインが上下に延びたり縮んだり、雲のようにたなびいたり!
わずか数十秒の出来事でしたが・・・恐らく蜃気楼ではないかと。
放射冷却で冷やされた関東平野に上空よりも地表近くの空気が低温になる逆転層が形成されたのでしょう。
富山湾の蜃気楼さえ見たことないのに、こんな地元でお目にかかれるとは。
何かの吉兆だといいんだけどなぁ。

More
[PR]
by sanzokuame | 2009-01-14 09:37 | 彼方此方にて

塀の上の猫

b0011185_21324597.jpg
ポニョではなくて。
当ブログ、何度も登場している近所のタマ。
ちょいちょい、うちの塀の上やガレージで昼寝をむさぼっています。

時には・・・
[PR]
by sanzokuame | 2009-01-08 21:56 | 今日のニャンコ、たまにワンコ