<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

日本でここだけ ペコちゃん焼き

b0011185_13444829.jpg
大人買いです。
意気揚々と、うちに持ち帰りましたが・・・
箱を空けた瞬間、その面々にちょっと引きました・・・ ^^;

今年2月以来の神楽坂詣で。
紀の善の抹茶ババロアにばかり目が眩み、すっかり買い忘れたペコちゃん焼。
日本全国、数ある不二家のなかでも、飯田橋神楽坂店でしか手に入らない一品。
基本的には大判焼きと同じ作りですが、生地がサクッと軽く、香ばしく仕上がっています。
中身の定番は、あずき・カスタード・チーズ・チョコの4種。
これに月替わりと季節替わりの2種が加わり、計6種類をいただくことができます。
8月の月替わりは「りんごクリーム」、そして季節替わりは「黒ごま」。
さらに「今だけ!」リボンをつけた夏季限定の「カレー」もあり・・・選ぶのが面倒なので全部買いです。^^
次は幻のポコちゃんにぜひ出会いたいなぁ。

でもって・・・
[PR]
by sanzokuame | 2008-08-30 14:41 | ベツバラ

花咲の湯 昔のきゅうりの漬物

b0011185_122834.jpg
尾瀬からの帰り道、汗を流しに必ずと言っていいほどに立ち寄るのが、花の駅・片品 花咲の湯
その名の通り、季節の花々が咲き揃う庭園を備えた日帰り温泉施設。
効能豊かな天然温泉、清潔感ある設備、尾瀬の美しい自然を描き続ける版画家・小暮真望氏のギャラリーも併設。
それでありながら、3時間までなら¥500という低価格の入館料。(子供なら¥300)
ついつい時間一杯に長居したくなる温泉です。
特にオススメなのは地元の食材を使った手作り料理をいただける大広間の食事処。(やっぱりね)
上州豚、地元産の舞茸、枝豆やトマトなどの新鮮野菜、武尊山の湧き水で育った岩魚、有名な尾瀬ドーフ・・・
決して出来合いでなく、地元のお母さんが丹精込めて作った手作り料理を楽しむことができます。
そんな手作り感を如実に表していたのが、その名も「昔のきゅうりの漬物」。
大振りのきゅうりを大葉、茗荷と合わせてさっぱりと漬け込んだもの。
夏休み、田舎のお婆ちゃんちでスイカと一緒にお茶請けに出てきた漬物そのものです。
運転手でなければ、アテはこれだけでも十分。
‘生’を頼んで、座布団を畳んだ枕でちょいとひと眠り。
そんな極楽も待っている花咲の湯です。

もちろん・・・
[PR]
by sanzokuame | 2008-08-28 01:13 | 食してナンボ

尾瀬ごはん

b0011185_2151735.jpg
尾瀬の続きを。
山小屋での何よりの楽しみ。
(「山小屋に限ったことじゃ・・・」と、あちこちから聞こえてきそうですが・・・)
基本的に‘歩荷さん’頼みの尾瀬の物流システム。
そんな場所でおひつに入ったホカホカのご飯とたくさんの料理、そればかりか新鮮な生野菜まで。
歩荷さん、山小屋のスタッフの心からのおもてなしに感謝感謝です。

More
[PR]
by sanzokuame | 2008-08-27 23:27 | 食してナンボ

雨の万灯会

b0011185_21151580.jpg
処暑の訪れに合わせるように、すっかり大人しくなってしまった2008年の夏。
そぼ降る雨に息も白く煙る中、そんな往く夏を惜しむ高崎観音山万灯会が今年も行われました。
ろうそく祭りの天敵・・・もちろんそれは雨。
例年であれば駐車場に地上絵のごとく、参道にも延々とろうそくを並べるのですが、
残念ながら観音様の足元だけに規模を縮小しての開催となりました。
(スタッフとしての労力は例年の1/10であったのに、‘麦の水’と夕飯をしっかりいただいたのはここだけの話。)
壮大なろうそく絵巻を観られなかったのは残念でしたが、雨水に映る炎の揺らめきもまたなかなか風情あるものでした。
来年は必ずや晴れることを祈って。
(やっぱ‘麦の水’は暑っちぃ中に限る!・・・って、そっちかいっ! ^^)

More
[PR]
by sanzokuame | 2008-08-25 21:26 | 日本のカタチ

初秋の尾瀬ヶ原

b0011185_0493870.jpg
水芭蕉咲き誇る6月以来、2ヵ月半ぶりの尾瀬ヶ原。今回は、お盆の土日を使い、家族全員での山小屋1泊の山行。4年前にも一家で同じ鳩待峠からのルートで尾瀬ヶ原に降り立ったことがあるが、まだ子供が小さかったゆえ、山ノ鼻の研究見本園をグルッと一周しただけの超入門編。(幼稚園の年中だった一番下の子は、そのほとんどを私の「背負子」に座っていただけのラクチンツアー・・・) 尾瀬ヶ原の核心部へ子供らが足を踏み入れるのは実質、これが初めて。今回のコースは、鳩待峠から山ノ鼻に下り、尾瀬ヶ原を縦断して燧ケ岳の麓である見晴で一泊。翌日は東電小屋を回り、再び山ノ鼻から鳩待峠に戻る、トータル20kmほどの長丁場。小まめに休憩を入れた余裕をもったスケジュールを立て、土曜の夜明け前に自宅を出発。天気予報には傘マークがつき、鳩待峠までのバスが発着する戸倉(マイカー規制中、車を乗り入れられるのはここまで)はいつ降ってきてもおかしくない空模様。もちろんザックの底にカッパを詰め込みながらも、「できることならなんとかもってくれ・・・」と祈りながらのバスに乗り込む。そんな思いが天に通じたのか、鳩待峠からの坂道を下っているうちに空は明るくなり、至仏山の上空には雲の合間に青空も。1時間ほどで着いた山ノ鼻は、時折涼しい風が頬をなで、暑くも寒くもない絶好の尾瀬日和。さて、いよいよ広大な草の原へ。木道を進むうちに大自然の懐深くに包まれていく感覚。どんな思いでその小さな一歩一歩を踏みしめているのか、我が子らの心情を推し量りながらさらに奥へと。ミヤマワレモコウ、コオニユリ、サワギキョウ、オゼミズギク、オゼヌマアザミ、ヒツジグサ、イワツバメ、アキアカネ、アブラハヤ、アカハライモリ、ヤマカガシ(!)・・・。出合う花、虫、動物のひとつひとつに足を止め、その名を訊ねる子らにできうる限りに答えながら。牛首のベンチで至仏と燧を眺めながら母親お手製の弁当を広げる。そして、さらに尾瀬の奥深くまで。「疲れた~」、「足が痛い~」といつ言い出すか?そんな親の心配など杞憂に終わり、予定よりかなり早く見晴の山小屋に到着。その到着を待っていたかのように大粒の雨が降り出す。天の計らいに感謝。通されたのは尾瀬ヶ原を目の前に望む2階の角部屋。TVは無く、携帯ももちろん圏外。俗世とは完全に隔離された雲上の宿での一夜の始まり。山小屋とは思えないほどの立派な風呂で汗と疲れを流したら、今日一番の楽しみ、心温まる夕食に舌鼓を打つ。その後は皆で今日一日を振り返りながらゆっくりと過ぎてゆく夜を堪能。21時には早々に床に就き、明日に備える。雨は一晩中降り続いた。鳥のさえずりに起こされたのは5時前。雨は上がり、カメラ片手に小屋の周りを散策。朝霧に包まれた白い世界にしばし身を預ける。6時には朝食をいただき、頼んでおいた昼の弁当をザックに詰め込んだら2日目のスタート。昨日の疲れなど微塵もなく、軽やかな足取りで距離を稼ぐ。ゴールに迫るほどに名残惜しくなる気持ちを抑えながら。山ノ鼻で広げた弁当をパワーに鳩待峠への登りに最後の汗をかく。非日常の別天地で過ごした2日間。何よりも自分の足だけで為し終えた子供たちの成長に心の中で拍手。 

More
[PR]
by sanzokuame | 2008-08-22 00:08 | 彼方此方にて

観音様と百日紅

b0011185_2349996.jpg
汗ひとつかかぬ観音さま。
私とはえらい違いです・・・

そんな暑い下界とはオサラバしたく、この土日は遥かな尾瀬に。
残念ながら雨の予報ですが、それはそれで楽しんでこようと。
一週間前から準備万端の子らはとっくに夢の中。
色々と荷物持ちのお父ちゃんは、いかにキッチリ詰めるか、悪戦苦闘中です・・・
出発は夜明け前なんですけどね。^^;
早く寝なきゃ!
[PR]
by sanzokuame | 2008-08-16 00:04 | 歳時記

田能久でランチ!×4

b0011185_22303170.jpg
桃のコンポート/セロリのシャーベット/抹茶のアイスリーム
トマトとアスパラのキッシュ/かじきのムニエル/ハンバーグ
スペアリブ煮込み/アイスコーヒー/ビーフシチュー

高崎の田能久さんちで、ちょっとしたランチオフ会。
メインディッシュは4種頼んで4等分に。
ビーフシュー、ハンバーグ、かじきのムニエル、そしてスペアリブの煮込みを一度に堪能。
1人で来たら、こうはいきません。
「そっか、10人で来れば10種も可能なんだ!」
・・・って、切り分けるんが至難の業だな。^^;

洋食屋さん、個人的にどうしても肉系に走りがちなんですが、かじきのムニエルの旨いこと旨いこと。
まさに目からウロコの美味しさでした。
選択肢がますます増え、いただく度に次は何を選んだらいいのかと、さらに悩んでしまうお店です。

毎日3種用意されているデザートも、もちろん全種をオーダー。
なかでも!!!なのはセロリのシャーベット。
甘くさっぱりした正真正銘のデザートながら、イッツ・ア・セロリって感じの存在感。
レシピを教わって、うちでタッパいっぱいに作ってみたい一品です。
それにしても野菜系のデザート、田能久さんちの得意技ですね。

マスター、本日もごちそうさまでした。
[PR]
by sanzokuame | 2008-08-11 23:18 | 食してナンボ

観音山の眠り猫

b0011185_19412951.jpg
高崎観音の参道で。
アィ~ンとした右足を枕に夢の中。
参拝客が通ろうが、車が通ろうがピクリともしません。
暑さにへばる人間を余所に、日陰の地べたにベタ~っと。
さぞかし気持ちいいんでしょうね。

More
[PR]
by sanzokuame | 2008-08-10 21:01 | 今日のニャンコ、たまにワンコ

残暑お見舞い申し上げます

b0011185_10553556.jpg
立秋とは名ばかり・・・連日厳しい暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
行楽地に故郷に、出掛けられる方も多いと思いますがどうか道中お気をつけて。
我が家も来週末は下界を離れ、尾瀬の山小屋で束の間のリフレッシュの予定です。
まだまだ暑さは続くようですが、お体大切にお過ごし下さいますようお祈り申し上げます。
[PR]
by sanzokuame | 2008-08-09 11:18 | 歳時記

ポケモン新幹線

b0011185_2203074.jpg
JR東日本とANAのコラボ企画、ピカ乗りサマー2008
いやでも夏休みシーズンなんだなと実感させられます。
ま、乗ってしまえば、決して見ることはできないんですけどね。^^;
さて、オリンピックのスタートともにお盆ウィーク突入です。

・・・って、来週もしっかり仕事ですけど・・・(涙)
[PR]
by sanzokuame | 2008-08-08 22:25 | プルーンとレバーの為せる業