<   2008年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Let's Go!TOKYO!

b0011185_1748155.jpg
土曜は家族で桜満開の東京へ。
上野→浅草→隅田川下り→ポケモンセンタートウキョー(セガレに組み込まれた・・・)→東京タワーと、
コテコテのオノボリさんツアー(produced by 父ちゃん)です。
桜の下で食べるべく、忘れてはいけないのがお昼のお弁当。
気合いを入れて作りました。(母ちゃんが)

ロースハムの桜咲く弁当を持ってLet's Go!です。
[PR]
by sanzokuame | 2008-03-30 18:25 | 食してナンボ

養花天

b0011185_164776.jpg
朧月夜  作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一

菜の花畠に 入り日薄れ
見渡す山の端 霞み深し
春風そよ吹く 空を見れば
夕月かかりて 匂い淡し

里わの火影も 森の色も
田中の小路を たどる人も
蛙の鳴く音も 鐘の音も
さながら霞める 朧月夜

花曇の夕暮れ
しっとりと靄に煙る黄色い花畑で深呼吸
胸いっぱいに広がる緑と花の清々しい香り
冬を耐えぬいた数多の蕾が膨らみ花開く頃
それは人それぞれに新しい一年の始まり
[PR]
by sanzokuame | 2008-03-26 17:15 | 歳時記

卒業

b0011185_20553164.jpg
きみに会えて  作詞:佐藤 進 作曲:佐藤 進 編曲:沢本 俊一

きみに会えてよかったね この広い地球の中で
めぐり会ったこの喜びを 大切にしたい
光れ あの雲のように 風に瞳 輝かせ
未来へと翼をひろげ 飛びたて 友よ

See you again しあわせに
See you again さようなら
See you again 忘れずに
また会う日まで

きみに会えてよかったね この広い地球の中で
語り合ったこの思い出を 大切にしたい
光れ あの海のように 風に心ときめかせ
彼方へと希望を乗せて 旅立て 友よ

See you again しあわせに
See you again さようなら
See you again 忘れずに
また会う日まで
今日は小学校の卒業式。
「きみに会えて」を唄い、うちの長女も無事に証書をもらうことができました。

卒業おめでとう。
色々あったけど、あっという間の六年間。
桜舞うなか、大きなランドセルを背負って入学したのがまるで昨日のことのようだね。
(今だから言うけど、あの日、君以上に緊張してたのはママとパパのほうだったのかもよ。^^)
小学校での友達との出会い、思い出をいつまでも大切にね。
きっと君の一生の宝物になることだから。
[PR]
by sanzokuame | 2008-03-24 22:22 | 歳時記

浅川の満天せいろ

b0011185_2040951.jpg
前橋市日吉町。
一昨年の秋、以前の小さな店舗から道を挟んだ向かいに新装オープンした蕎麦の名店。
今回、新店舗に初めて訪ねてみましたが、移転とともに屋号も「浅川屋」から「浅川」と変えたようです。

昔から茨城・金砂郷産の蕎麦をメニューに掲げていることで知られる浅川ですが、今回いただいたのは「満天せいろ」。
この「満天」の蕎麦は、金砂郷に他の産地の粉を混ぜた、いわば蕎麦の「ブレンド」。
「胚乳」と呼ばれる実の硬い部分が、星のように散りばめらていることからその名が付けられたそうです。
せいろの上の蕎麦は、冷水を纏いながらキラキラと輝く瑞々しい姿。
本来であればズズズッと勢いよく呑みこむところですが、「星」のツブツブ感と風味を確かめたくなります。

一本一本を噛み締めれば、じわりと伝わってくる店主の蕎麦に対するこだわりと熱い思い。
香りの強さでは純粋な金砂郷に敵いませんが、このレベルで値段も控え目とあれば日常の選択はこちらに軍配が上がりそうです。

b0011185_20414058.jpgb0011185_2042362.jpgb0011185_20421525.jpg
手打そば 浅川 
前橋市日吉町3-41-12 
℡:027-231-7294      
営:11:15-14:30、17:30-20:00
休:木曜 (水曜は昼だけの営業)
[PR]
by sanzokuame | 2008-03-22 13:34 | 食してナンボ

前へ前へ

2008年 J2 第3節 ザスパ草津 0-0 横浜FC
b0011185_21291537.jpg
【J2:第3節 草津 vs 横浜FC】レポート:「動」の草津と、「静」の横浜FC。ホーム草津は最後までゴールを割れずに無念のスコアレスドロー。 [ J's GOAL ]

氷雨の敷島。
終始引き気味の横浜相手にピンチは少なく、ボールの支配も草津のもの。
が、しかし、どうにも遠いゴールマウス。
伝わってくるのは、パスを綺麗に回して前に出ようという意識。
「一人で突破」のパーセンテージ、もう少し上げてもいいように思います。
何はともあれ勝ち点1の半歩前進。
次こそ確かな一歩を!

P.S. 後藤涼選手、初先発おめでとう! ポスト直撃、惜しかったなぁ。
[PR]
by sanzokuame | 2008-03-20 22:18 | ザスパ草津

パンに囲まれて

b0011185_16271667.jpg
パン屋さんにて、お手伝いでちょいと写真屋の真似事など。
いったい何種類あるのか、そこはまさにパンの国。
食事パン、惣菜パン、デニッシュ・・・想像力が豊かでないと、とても作れないものばかりですね。
スタッフの方々の不断の努力には頭の下がる思いです。(感謝感謝)
夢がいっぱい、ついでにお腹もいっぱいの一日でした。^^

ついでにもう一枚
[PR]
by sanzokuame | 2008-03-17 23:28 | 食してナンボ

はじめての満帆

b0011185_1494612.jpg
しょげないでよBaby~♪ ・・・ って、それははじめてのおつかい。

遅ればせ・・・にも程がありますが、ようやくその暖簾をくぐることができました。
幾多のブロガーさんにも紹介されているこのお店は、群馬では数少ない行列のできるラーメン屋。
訪ねたこの日は13時という時間にも関わらず、タイミングが良かったのか、行列もなくすぐさま店内に。
注文は入口の券売機で食券を買うシステム。
数あるメニューに悩みに悩み、あとから来たお兄さんに「お先にどうぞ」と譲る始末でした。^^;
2分ほどの熟考の末、せっかくなのでちょいと豪勢にと、チャーシューたっぷりの「中トロチャーシューもりそば」をチョイス。
運ばれてきたつけ汁に沈むのは、チャーシューというより、トロントロンの豚肉のブロックでした。
つけ汁はかなり濃厚ですが、いわゆる‘クセになる味’というものでしょう。
グワシグワシと艶々の麺をすすり、時おり極上のチャーシューを口に運び、その旨味を堪能する幸せなひと時。
並んでも食べたいその気持ち、痛いほど判ります。

さて、次は何をいただいたらいいでしょうか?ご教示ください。 >ぐんまのラヲタの皆様 ^^

b0011185_14101363.jpgb0011185_14102584.jpgb0011185_14103589.jpg
中華そば・特製もりそば 満帆(まんぱん)
伊勢崎市宮古町142-2
℡:0270-24-3511
営:11:00-15:00、18:00-21:30
休:火曜
[PR]
by sanzokuame | 2008-03-17 17:27 | 食してナンボ

願いを込めて

b0011185_12395245.jpg
高崎・少林山達磨寺にて。

それぞれの願いが込められた幾多のダルマ。
叶った願いもあれば、残念ながら叶わなかった願いもあるでしょう。
私も人生の岐路で何度となくつまずいていますが、振り返ってみれば意外と面白い道のりだったなと。
人生、長いスパンで考えれば何が最善の選択かなんて、正解は無いのかも知れませんね。
[PR]
by sanzokuame | 2008-03-13 12:53 | 日本のカタチ

負けてなお

2008年 J2 第1節 ザスパ草津 0-2 サンフレッチェ広島
b0011185_22102350.jpg
【J2:第1節 草津 vs 広島】レポート:草津は不安と期待のスタート。広島はJ1復帰へ白星発進! [ J's GOAL ]

さすがの広島、実力差と百戦錬磨の試合巧者ぶりに0-2の完封負け。
しかし、昨年までとはどこか違う草津の「2008年仕様」。
(どこが?と聞かれても明快に答えることができないのですが・・・)
前半は草津を様子見といった部分を差し引いたとしても、多彩な攻撃パターンにより互角の戦い。
44分の1点目が全てだったと思いますが、逆を言えばその1点さえなかったら・・・
ま、タラレバはどうとでも言えるんですけどね。^^;
前線への供給力と決定機の精度。
課題をあぶり出した一戦と位置付ければ、自ずと次節以降の期待が膨らみます。
[PR]
by sanzokuame | 2008-03-10 22:38 | ザスパ草津

パーネ・デリシアのアマンドレザン

b0011185_0301816.jpg
「石釜パンとピザのお店 パーネ・デリシア」の伊勢崎宮子店。
店内には食事パンから焼きたてのピザやデニッシュまで、数多くのパンが並びます。
その種類の多さに、いつも空のトレーを持ったまま動物園のクマのようにうろうろしている私です。^^;

さて、そんなパーネ・デリシアさんで、私の最近のお気に入りがこの「アマンドレザン」。
たっぷりのアーモンドクリームとラム酒漬けのレーズンが入ったこのパンは、同店自慢の石窯で焼いてこそ味わえる一品です。
石窯ならではの遠赤外線効果により、中はもっちりなのに外はパリパリの仕上がり。
甘い生地はもちろん、皮の部分の美味しさも抜群。
噛みしめるほどに香ばしさと旨みが伝わってきます。
薄くスライスして、赤ワインを飲みながら。
そんな食べ方がオススメですよ。
(・・・モグモグ)
はい、こんな時間にそれやってます。^^

Pane Delicia
[PR]
by sanzokuame | 2008-03-05 00:55 | 食してナンボ