<   2007年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

鹿教湯温泉

b0011185_20594459.jpg
不覚にも日・月・火と、噂のTamifulのお世話になってました。
ウイルスと免疫の壮絶な攻防戦。
そんなにも熱を入れて撃ち合わなくたって・・・てくらい、参りました・・・
普段36℃に満たない平熱なんだからさ、もう・・・
ま、とりあえず何とか復活しましたので信濃路の続きを。

鹿に姿を変えた文殊菩薩が狩人にその在り処を教えたことに由来する鹿教湯温泉。
年に数回訪ねる松本への行き帰りにいつも素通りしていた温泉ですが、日帰りながらゆっくりと訪ねてみました。

More
[PR]
by sanzokuame | 2007-02-28 15:05 | 彼方此方にて

御影新田から浅間を眺む

b0011185_22384069.jpg
どこから見ても絵になる浅間山。
ここに続き、私のお気に入りスポットをもうひとつご紹介。
佐久ICに程近いここからの眺めは、どこか北海道チックな牧歌的な景色です。
寒冷な佐久地方、例年ならまだ雪が残っていたかも知れない畑なのでしょうが、畦道にはホトケノザの紫もチラホラ。
もう、このまま春へ。
ものたんない冬でしたねぇ・・・
[PR]
by sanzokuame | 2007-02-24 23:05 | 彼方此方にて

みすゞ飴本舗 飯島商店の三宝柑福居袋

b0011185_23595936.jpg
そして12日の振替休日。
(PC入院中の記事はもすこし続きます。)
訪ねたのは信州を代表する銘菓「みすゞ飴」で有名な飯島商店。
上田駅前のなだらかな坂道の途中に建つ店舗は、明治から大正初期の建築。
その佇まいには長く歴史を重ねた銀行のような風格さえ漂います。
そんな老舗でこの季節にぜひ手に入れたいのが「三宝柑福居袋」。(12月初旬~4月半ばまでの季節限定商品)
遠く紀州は田辺地方で古くから栽培されている「三宝柑」(さんぽうかん)の実をくり抜き、
搾り立ての新鮮な果汁に寒天と砂糖を加えて、再び皮の容器に戻した果汁100%のゼリーです。
美味しい食べ方は冷蔵庫で程よく冷やした後に二つ、もしくは四つにカットすること。
「せっかくの器をどうして?」と思うでしょうが、それはカットされた皮の断面から柑橘独特の鮮烈な香りをさらに引き立たせるため。
ひと口含めば、さっぱりとした甘さと爽やかな香りが口いっぱいに広がります。

b0011185_005772.jpgb0011185_011071.jpgb0011185_012287.jpg
みすゞ飴本舗 飯島商店
[PR]
by sanzokuame | 2007-02-22 01:20 | ベツバラ

来々軒の五目冷しソバ

b0011185_042649.jpg
富岡製糸場界隈の路地に一歩足を踏み入れると、昭和レトロな風景をあちこちで見ることができます。
昔ながらの佇まいで軒を並べるのは、食堂、スナック、時計屋、床屋・・・そしてこんなラーメン屋さん。
風の噂を聞いて初めて訪ねたのは3年程前。
以来、富岡方面に用があると(無くても)ついつい寄ってしまうお店です。
ここのオススメは何と言ってもこの五目冷しソバ(¥750)。
きっと店主の自信作であり、人気メニューでもあるのでしょう、こんな季節でもいただける通年メニューになっています。
そう、ここは「冷やし中華 始めました」を貼り出す必要が無いんです。
細めの中華麺の上にはテンコモリな具の数々。
グリンピース、自家製チャーシュー、旨みたっぷりのホタテの貝柱、ナルトの千切り、
焼きたての玉子焼きの下には、サクサクとした歯ざわりが心地よい揚げたワンタンの皮。
b0011185_0422168.jpg玉子焼きに隠れて見えませんが、中には胡椒の効いたシャキシャキの千切りキュウリと紅ショウガも潜んでいます。

崩すのが惜しいくらいに贅沢な来々軒の五目冷しソバ。
一度食せば、冷やし中華の概念が変わる衝撃作だと思いますよ。

来々軒
富岡市富岡21-15
℡:0274-62-0620
営:11:30-19:30
休:火曜

路地裏にはこんなお店も・・・
[PR]
by sanzokuame | 2007-02-21 01:50 | 食してナンボ

富岡製糸場ライトアップ

b0011185_2374872.jpg
桐生が岡公園から自宅に帰ったその足で、父ちゃんだけはさらに富岡まで。
正月に行ったばいですが、この三連休は毎夜ライトアップが行われるということで。
生糸を巻いて作られた「座繰りランプ」が灯す光の回廊の先には、夜の帳に幻想的に浮かび上がる赤レンガの倉庫。
南天のシリウスが一際明るい寒い夜でしたが、ここ富岡製糸場だけはオレンジ色の暖かい光に包まれていました。

More
[PR]
by sanzokuame | 2007-02-20 05:05 | 日本のカタチ

桐生が岡公園

b0011185_12425265.jpg
建国記念日の日曜日、私としては小2のバス旅行以来の桐生が岡公園に。
「山の中腹にへばりつくように存在した」という記憶以外ほとんど残っていませんでしたが、
到着すると記憶のカプセルがひとつひとつ弾けるように、遠い想い出が蘇りました。
高崎のカッパピア(2003年11月閉園)、前橋の中央児童遊園(現るなぱあく)、伊勢崎の
華蔵寺公園と、歴史ある遊園地には何とも懐かしい郷愁を感じます。

サル山の子猿に負けぬくらいに園内を駆けずり回っていたうちの子供たちにとっても、良い
想い出の1ページとなったのかな?

青と緑はカラーにて
[PR]
by sanzokuame | 2007-02-19 12:54 | 彼方此方にて

雨上がり

上毛新聞創刊120周年記念 Jリーグプレシーズンマッチ

ザスパ草津 1-1 アルビレックス新潟
b0011185_22395059.jpg
【プレシーズンマッチ:草津 vs 新潟 レポート】草津、J1新潟相手に殊勲のドロー。新潟は決定力不足に泣く。 [ J's GOAL ]

昨夜来の雨が上がるのと同時に始まった三国ダービー。
その半分をオレンジ色に染められてしまったホームスタジアムでしたが、
初のお披露目となった'07チーム、フレッシュさに期待が持てそうです。

FW後藤涼、かなりいいです。
アレを決めてくれてたらもっといいです。

b0011185_2240976.jpgb0011185_22402157.jpgb0011185_22403254.jpg
[PR]
by sanzokuame | 2007-02-19 02:01 | ザスパ草津

旧家の猫

b0011185_0555448.jpg
思いのほか早くちょうど一週間でVAI●復活。
(タイマー作動が早けりゃ、修理も早い!?)
個体不良扱いということで、搬送費・部品代・作業料、全て無償で修理完了となりました。
カスタマーサービスの対応の良さはとりあえず及第点といったところでしょうか。
うーん、それよりも品質向上のほうをどうかよろしくお願いします・・・

さてと、ではカレンダーを一週間巻き戻して。

三連休初日の午後、TOKYOBIKEに跨り近所をポタリング。
白壁の塀に囲まれた大きな旧家の前で一匹の毛むくじゃらと遭遇。
新たな生物「ミニチュアライオン」でも開発されたのかと思いました・・・

ズン!
[PR]
by sanzokuame | 2007-02-17 01:25 | 今日のニャンコ、たまにワンコ

珍満の焼きソバ

b0011185_16472265.jpg
(更新も無いのに日頃と変わらぬご高覧、誠にありがとうございます。PC復活は今週末(?)の予定ですが、ボっ壊れる前に縮小編集してあった画像がUSBメモリにあったので、ちょいとUPします。・・・って、仕事しろよ、オレ!)

東京メトロ銀座線を上野広小路で途中下車して立ち寄ったのは、その昔、お江戸勤めの頃に足繁く通ったJR御徒町駅界隈。上野松坂屋の裏路地に佇むこの中華料理屋は、通い始めてかれこれ18年を数える馴染みのお店です。過去に紹介した蓬莱屋と同様、かつては松坂屋のすぐ裏手に軒を連ねましたが、10年程前に現在の場所に移転改装。今でこそガラス張りの明るくお洒落な店舗ですが、旧店舗はコンクリのタタキに、ギシギシと軋む脚の細いテーブルとイス。厨房前のカウンターテーブルは酔っ払ってもいないのに微妙に傾き、まさに昭和30年代そのままの雰囲気を残していました。7,8人で満員になってしまう小さな店は、夕方5時を過ぎると仕事帰りのサラリーマンを中心に入口前に順番待ちができ始め、餃子をツマミに瓶ビールをあおりながらTVのナイター戦を野次るオジサンや、お客を連れてこれから「出勤」するオネエサンが髪をかき上げながらタンメンをすすっていたりと、下町上野の人間模様が狭い店内で繰り広げられていました。もちろん新店舗になっても店内の雰囲気は当時と変わらず、上野の街が持つどこか懐かしい風情を今でも感じ取ることができます。

久々に訪ねた今回もそんな風情を楽しみたく、店内を見渡せる一番奥のテーブル席に腰掛けることに。やはり仕事帰りのお父さんや、訳ありの二人連れで賑わう店内。厨房には2人の料理人が立ち、次々に舞い込む注文も見事な分業とコンビネーションで手際良くさばき、その様子を眺めるのもここの楽しみのひとつです。さらには初めて訪れた18年前から、料理人が全く同じメンバーという、何とも凄いお店でもあります。

b0011185_16474864.jpgさて、ラーメンから定食まで、数あるメニューの中から頼んだのは、やはり私のいち押し「焼きソバ」(¥550)。中華料理屋でありながら、その麺は中華麺とは程遠い、まるでうどんのような極太麺。キャベツ、もやし、ニラ、人参、木耳と、たっぷり入った野菜の甘味と、豚肉の旨みが麺としっかり絡み合った優しい味わいの一皿。一度食べ始めると一気に最後まで平らげてしまう美味しさです。この日いただいたのは焼きソバだけでしたが、中国人コックから伝授された自家製餃子もここのオススメ。プラス瓶ビールの最強トリオは次の出張の際にでも。(って、本当何のための出張なんでしょうねぇ・・・)

御徒町おたから通り 

※ 実は2度目の投稿だったりします。もう2年半前になるのかぁ・・・
[PR]
by sanzokuame | 2007-02-14 18:35 | 食してナンボ

明日、PCが入院します

b0011185_12493633.gif
どうやらVAI●のタイマーが作動したようで・・・
にっちもさっちもどうにもブルドッグで電源すら入りません・・・
てことで、しばし記事の投稿を停止させていただきます・・・
退院は早くて2週間後かなぁ・・・
いっそVistaの新しいのに・・・(独り言)

で、どっからこの記事UPしてんだと、ツっこまないように・・・

[PR]
by sanzokuame | 2007-02-09 12:57 | ホビーな品々