<   2006年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

毎年恒例!

b0011185_1122978.jpg
年賀状もまだなのに・・・コッチだけは2日もフライング。
まさに市井のお蕎麦屋さんここにあり!の名店です。
うちの子もお気に入りで、小さい頃は大盛りを頼んで分け合って食べてましたが
今ではそれぞれ好きなメニューを一人前づつ頼むまでに。
文字通り、こんなところで一人前への成長を感じたりもします。

さて、あと二日。
やんなきゃいけないことをやんなきゃです。。。(汗)

b0011185_1131223.jpgb0011185_1132765.jpgb0011185_1133847.jpg
かめや
伊勢崎市宮子町3524-145
℡:0270-24-6340
営:11:00-15:00、17:00-20:00
休:日曜
[PR]
by sanzokuame | 2006-12-30 11:29 | 食してナンボ

ラストオーダー

b0011185_2051486.jpg
旧友(悪友)3人による忘年会。
それはかつて同じ職場で机を並べた者同士の、ほぼ一年振りの再会でもあった。
職種も様々に皆新たな道へと進み、今は三人それぞれの空を見上げる毎日。
年に一度会えるかどうかの忙しさと距離的隔たりがあるのだが、顔さえ合わせれば、
昨日のことのように思い出話に花が咲く、気の置けない友である。
たわいない話と、旨い肴に杯を空けつつ、過ぎ行く時を惜しみ何度となく時計を眺めた。
〆のおにぎりを頬張りながら、いつとは言えない次の日を約束。
年の瀬の更けゆく夜に互いの健闘を祈った。
「じゃ、またな」

-----------------------------------------
Special Thanks は店長んちの「味付きおにぎり」
なんと具が無いのにオカカの旨みがたっぷり。
店長、やっぱり企業秘密!? ^^
[PR]
by sanzokuame | 2006-12-28 21:47 | 食してナンボ

島岡酒造の「初しぼり」

b0011185_23212764.jpg
今年二月、火災で酒蔵倉庫を失った太田の島岡酒造。
そのニュースは銘酒「淡緑」の記事でお伝えしましたが、その後、多くの人々の支援を受けて群馬県産の杉材を使った酒蔵を再建。
11月初めから仕込みを開始、そしてこの25日、絞りたての新酒が販売されました。
販売されたのは出来たての酒をそのまま瓶に詰めた「初しぼり」。
瓶の底にはうっすらと降り積もった雪のように澱が沈むこの一本。
瓶内でも醗酵が続いているため、口に含むとピリリとガスの辛味を感じ、後に米の甘みと旨みが口にいっぱいに広がります。
うーん、正月はこれでキマリだな。

存続の危機から一年足らずで見事に復活を果たした群馬の名蔵元。
私にとってはこの上ないクリスマスプレゼントとなりました。
もちろんこれまで以上に「貢献」させていただきますよ!^^

b0011185_2321414.jpg清酒 「初しぼり」(特別本醸造)
アルコール分:18度以上19度未満
原材料名:米・米麹・醸造アルコール
品種名:群馬若水
精米歩合:60%
日本酒度:+1
酸度:2.1

島岡酒造株式会社
太田市由良町375-2
℡:0276-31-2432
餅は餅屋。
さすがの点著は既に飲み干してます。
[PR]
by sanzokuame | 2006-12-27 02:12 | 呑まれてナンボ

世界でひとつだけのクリスマスケーキ

b0011185_21262089.jpg
毎年のように店を変えては色々なクリスマスケーキを楽しんできた我が家。
さて、今年はどうしようか?と思っていましたが、上の娘が「うちで作ってみたい」との提案。
24日の午後、我が家のキッチンは小さなパティシエールに占拠され、市販のスポンジと生クリームを使い、
悪戦苦闘の末に出来上がったのがコレです。

瑞々し過ぎる缶詰のみかん・・・
生クリームの滑らかさをこれでもかと邪魔するアポロチョコの歯応え・・・

見事なまでの小学生クオリティですが、口に入れてしまえばそこいらのケーキ屋さんと遜色のない美味しさでした。(親の欲目含む^^)
ま、スポンジも出来合いのものなんで、単に‘組み立てた’だけなんですけどね。
ただ、感心したのはチョコ、ナッツ、多くのフルーツなど、ありがちなトッピング祭りに走らなかったこと。
シンプルな作りはケーキ本来の味わいを十二分に楽しめました。

こんなクリスマスも一緒に居られるうちだけなんだなぁ・・・と、何故かアポロチョコがほろ苦く感じたイブの夜なのでした。
[PR]
by sanzokuame | 2006-12-25 22:25 | ベツバラ

花めくすず音

b0011185_2244586.jpg
宮城の名酒蔵、その名も「一ノ蔵」
グラスの中できめ細かい泡がプチプチと弾け、その響きが鈴の音に似ることから名付けられたのが発泡清酒「すず音」
麹の甘い香りと、程よい酸味は和製シャンパンと言ったところ。
そんな「すず音」をベースに、地元・松山町で栽培した黒豆・紫黒米から抽出した天然色素を加え、
淡い桜色に仕上げたのがこの「花めくすず音」。
5%という低めのアルコール分と、ビロードのように滑らかな飲み心地。
さらに見た目の華やかさも加わり、まさに女性向けの一本です。

聖なる夜、君の瞳に乾杯! (って、誰に向かって言ってんだ!? ^^;)
[PR]
by sanzokuame | 2006-12-24 22:28 | 呑まれてナンボ

えっ?売り切れ? わしの分は?

b0011185_11314595.jpg
鶏受難の日。^^
どうか皆さま、よいクリスマスを!!

[PR]
by sanzokuame | 2006-12-24 11:49 | 歳時記

-3℃の軽井沢

b0011185_10374837.jpg
この季節、町内あちこちのイルミネーションを目当てに多くの観光客で賑わう軽井沢ですが
さすがに夜9時を過ぎると人通りもほとんどなくなり、時折若い二人が片寄せあいながら歩く程度。
寒さは絶好の小道具ですね。 ・・・・・・・・・・・・ ( -_-) 遠い目

「はいはい、勝手にどうぞ」でオジサンが撮った画像はこちら・・・
[PR]
by sanzokuame | 2006-12-24 11:30 | 彼方此方にて

二度目のたいこ焼

b0011185_2133899.jpg
恋も二度目なら~♪

と、二度目シリーズがちょいちょい出てくる今日この頃。
「またかよっ!」 は言いっこ無しよ♪ でいってみます。

高崎市になって 11ヶ月目を迎えようとしている旧多野郡新町。
行政区が変わろうが、新町は「しんまち」な訳で、地元の暮らしは何ら変わっておりません。
そして、しんしんと寒くなってくると、何故か恋しくなるのがここの「たいこ焼」。
この今川焼きのちっちゃい版は、皮が薄めでアンコ比率がかなり高め。
ひとつ¥50の値段とともに、それが惹かれる理由でもあるんです。
あずき、うぐいす、クリームと、今回は3種類とも買ってみましたが、あずき好きの私が買った数は順に4:2:2。
やっぱりあずき優遇ブログなんだよなぁ、ココ。^^

2年前にUPしたときは「アンコ!」な画像がなかったので・・・
[PR]
by sanzokuame | 2006-12-21 21:39 | ベツバラ

マサムラのベビーシュークリームと・・・

b0011185_22423442.jpg
(実は2度目の登場なのですが・・・)
国宝松本城の南東、女鳥羽川近くの繁華街に軒を構える老舗洋菓子店、マサムラ。
同店の看板商品でもある「ベビーシュークリーム」(1つ¥105)は、ハレの日のお祝い品など、松本市民にはとっておきの一品として愛されています。
パウダーシュガーで化粧され、小振りで可愛らしいシュークリームですが、その中身は「空洞」が全く無いほどにたっぷりのクリームが。
シュー皮もフワフワに柔らかく、指で摘み上げるとクリームの重みでタランと垂れ下がるほどです。
巷で流行のクリスピーなシュー皮もいいですが、この手のポッチャリ系に弱いんですよねぇ・・・^^;

b0011185_2243617.jpgb0011185_22432123.jpgb0011185_2244785.jpg
マサムラ  
松本市大手4-3-10
℡:0263-33-2544
営:9:00-19:30
休:火 

それからそれから・・・
[PR]
by sanzokuame | 2006-12-18 23:43 | ベツバラ

青春の影

b0011185_18483762.jpg
浅間山の絶景スポットとして何度となく訪れているここ軽井沢上発地。
松本への所用の途中、上信越道の車窓から常に視界に飛び込んでくる純白の浅間山があまりに綺麗だったので
急遽碓氷軽井沢ICで途中下車しての撮影です。

落葉松林と広大な畑の向こうに圧倒的威容で迫る浅間山。
そしてそこへ伸びる一直線の農道。
思わず

君の心へ続く 長い一本道は♪

と歌いたくなります。

誰が「君」なのかは・・・内緒です。

白い浅間山はこちら
[PR]
by sanzokuame | 2006-12-17 22:09 | 彼方此方にて