<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

たむらやのモッツァレラチーズみそ漬

b0011185_2353764.jpg
みそ漬専門店として有名な前橋のたむらやさん。
大根、胡瓜、茄子、生姜など野菜のみそ漬だけかと思ってましたが、最近新発売となったのがこのモッツァレラチーズのみそ漬。
北海道十勝で育つ牛から採られた良質な牛乳で製造された熟成させないタイプのナチュラルチーズと、味噌の豊かな風味が絶妙にマッチし、ワインのアテにピッタリです。
そのまま食べてももちろん美味しいのですが、薄切りをパンに乗せてトーストしたり、大きめにカットしてきめ細かいパン粉をつけてフライにしてもいいかも知れません。
子供のこぶし大で¥550。
ちょっと贅沢な大人のチーズです。

b0011185_2355974.jpgb0011185_236979.jpgb0011185_2361957.jpg
たむらや
[PR]
by sanzokuame | 2006-03-30 23:06 | 食してナンボ

あんぱん博覧会

b0011185_23552785.jpg
スモールワールド、プーさん、ホーンテッド・マンション、マークトウェイン号、トムソーヤ島いかだ、ロジャーラビット・・・あとなんだっけな?
ま、これくらい乗れば父ちゃんの株向上も十分だろってところで、一時間ばかりTDLを抜け出し、本日二つ目の任務遂行へ。
再入場のスタンプを手の甲に押してもらいゲートを出ると、舞浜駅から京葉線に。
東へ4駅、14分ほどで南船橋に到着。
そこで待っていたのは「TOKYO BAY ららぽーと」で開催されているあんぱん博覧会
日頃お世話になっているゆみ姉さんの為ならエーンヤコーラであります。

b0011185_23561449.jpgb0011185_23562546.jpgb0011185_23563876.jpg
日本各地にある地域限定モノ、変わり種など、決して広いとは言えないフロアには50種ほどのあんぱんがズラリ。
まさに「あん」だらけの博覧会です。
(インドの姉さんには地獄絵図かも知れませんねぇ。^^)
さすがに食べきれない量は買えませんので、その場で惹かれた5種を購入。
それぞれ個性的で、どれも美味しかったのですが、柑橘の香りが爽やかに漂う、さっぱり目の「みかん白あんぱん」がヒットでした。
一気に5つ食べたんで、さっぱりしたかっただけかも知れませんが・・・^^;

b0011185_23571371.jpgb0011185_23592934.jpgb0011185_23593717.jpg
b0011185_23594415.jpgb0011185_23595279.jpgb0011185_00249.jpg
b0011185_00923.jpgb0011185_001773.jpgb0011185_021693.jpg
b0011185_031841.jpgb0011185_032953.jpgb0011185_034034.jpg
b0011185_035633.jpgb0011185_04512.jpgb0011185_041257.jpg
(それぞれのお店の情報はラベルの写真をクリックしてください。)
[PR]
by sanzokuame | 2006-03-29 00:04 | ベツバラ

TDLでも食べ盛り

b0011185_21515977.jpg
b0011185_21521693.jpg
b0011185_21522737.jpg
とかなんとか言ってますが、折角ですので楽しめることは楽しみます。^^

いつの間にか6種類に増えてたポップコーン。
一番新しいチョコレートのワゴンは20分待ち。
アトラクションと違って、それほど苦でもないのは何故でしょうか?
[PR]
by sanzokuame | 2006-03-27 21:53 | 食してナンボ

TDLは花盛り

b0011185_21392610.jpg
b0011185_21394236.jpg
b0011185_21395273.jpg
b0011185_2140196.jpg
末娘の卒園祝いにTDL苦行に・・・
苦行であっても、せめて得るものをと季節の花を。
さすがの南関東、群馬より一週間ほど早いようです。

それにしても何回行っても疲れるところ。
あきらかなオーバーユースと、貨幣価値の麻痺するこの王国。
いい加減なんとかならんものですかね・・・
[PR]
by sanzokuame | 2006-03-27 21:40 | 彼方此方にて

利久のふきのとうの天ぷら

b0011185_20591221.jpg
もちろん、福寿草の写真を撮りにだけ行った訳ではなくて。
そばやそばだんごは昔からのお気に入りの利久ばあちゃんちなのですが、それ以外に必ず注文するのが季節の天ぷら。
今の旬はやっぱりこれですね。
子供の頃はこの苦味が文字通り苦手でしたが、最近はこれを食べないと春を実感できなくなってます。
と、隣を見ると卒園したての末娘も平気で「おいしい、おいしい」と。
最近、どこ行っても、何食べても争奪戦なんです・・・

b0011185_20592541.jpgb0011185_20593532.jpgb0011185_20594474.jpg
田舎そば利久
[PR]
by sanzokuame | 2006-03-27 20:59 | 食してナンボ

小栗上野介の黄金伝説

b0011185_20331776.jpg
旧倉渕村(現高崎市倉渕町)にあるそば屋「利久」の庭先にて。
松井田町木馬瀬(ちませ)地区に咲く福寿草には、ここ倉渕の出身、小栗上野介に纏わる伝説が残されています。
それは「小栗上野介の黄金伝説」・・・
幕末の勘定奉行小栗上野介忠順は辞職して故郷に帰る途中、幕府再興の軍資金として大量の小判をひそかに埋めたが、その後官軍に捕えられ、烏川の水沼河原にて斬首された。小判はそのまま地中に眠り続けた。福寿草はその小判が地上に現れたものだという。
まさに黄金の輝きを放つ福寿草。
強ち作り話でないように思えてきます。

福寿草 【フクジュソウ】
学名:Adonis amurensis
キンポウゲ科、フクジュソウ属
花期:2~4月
[PR]
by sanzokuame | 2006-03-27 20:33 | 歳時記

さよならぼくたちのようちえん

b0011185_22442916.jpg
「さよならぼくたちのようちえん」

たくさんの毎日を ここですごしてきたね
なんど笑って なんど泣いて
なんどかぜをひいて
たくさんのともだちと ここで遊んできたね
どこで走って どこでころんで
どこでけんかをして

さよなら ぼくたちのようちえん
ぼくたちの遊んだにわ
桜の花びら ふるころは
ランドセルの一年生

たくさんの毎日を ここですごしてきたね
うれしいことも かなしいことも
きっと忘れない
たくさんのともだちと ここで遊んできたね
水遊びも 雪ダルマも
きっと忘れない

さよならぼくたちのようちえん
ぼくたちの遊んだにわ
このつぎ 遊びにくるときは
ランドセルの一年生

さよならぼくたちのようちえん
ぼくたちの遊んだにわ
桜の花びら ふるころは
ランドセルの一年生

(作詞/新沢としひこ 作曲/島筒英夫 編曲/高橋亜土)
3年前、門の前で泣いていたのがまるで嘘のようだね。
親にとって、あっという間の3年間。
君にとって、とても長かった3年間。
数多くの楽しい想い出とともに、時にその小さな胸を痛めたこともあったのだろう。
そんな時はいくつになっても親に甘えていいんだよ。
それが親の役目なんだから。
卒園おめでとう。
より広い世界への旅立ちに、おめでとう。

(えぇ、もちろん泣きましたよ。それが何か?^^)
[PR]
by sanzokuame | 2006-03-24 22:44 | 歳時記

雪のながでんひとり旅

b0011185_1104386.jpg
b0011185_1105161.jpg
b0011185_1105861.jpg
b0011185_111546.jpg
b0011185_1111140.jpg
b0011185_1111741.jpg
b0011185_1112334.jpg
b0011185_111296.jpg
b0011185_1113526.jpg
b0011185_1114163.jpg
b0011185_1114790.jpg
b0011185_1115440.jpg
b0011185_112062.jpg
b0011185_112639.jpg
b0011185_1121279.jpg
b0011185_1121986.jpg
b0011185_1122580.jpg
b0011185_1123146.jpg
沈丁花や白木蓮が咲き、前橋の桜も間もなく開花宣言という今、何故か雪景色をUPしちゃいます。
訪ねたのは2月の初め。
たまには自分へのご褒美にと、気儘な鉄道一人旅に出掛けてみました。
前々から乗りたかったながでんに揺られ、降り立ったのは北信濃の湯田中温泉。
知らない街をあてもなく歩いた後は、予約しておいた老舗旅館のお得な日帰り入浴プランへ。
この日は他に客も無く、完全貸切状態の大浴場。
もちろん、まっ裸でひと泳ぎしたのは言うまでもありません。
外は雪景色というのを忘れるくらい体を温めた後は、畳の個室で松花堂弁当をつつきながらの瓶ビール。(やっぱ旅館では瓶だね、瓶♪)
お酌してくれる人が居なかったのはちょっと寂しかったけど、あっという間のいい気分で速攻昼寝に陥りました。
途中「こんな贅沢いいのかな?」と家族の顔もチラホラ浮かびましたが・・・
ま、たまにはいいでしょ、たまにはね。
今度は泊まりで連れてってやっからさ。
[PR]
by sanzokuame | 2006-03-23 01:12 | プルーンとレバーの為せる業

秩父神社

b0011185_33408.jpg
b0011185_3341275.jpg
b0011185_3342061.jpg
b0011185_3342764.jpg
b0011185_3343548.jpg
b0011185_3344234.jpg
b0011185_3345069.jpg
b0011185_33457100.jpg
b0011185_335452.jpg
b0011185_3351158.jpg
b0011185_3351968.jpg
b0011185_3352624.jpg
b0011185_3354084.jpg
宝登山神社、三峯神社と並ぶ秩父三社の一つであり、秩父の総社として古くから崇敬を集める。天正12年(1592年)、徳川家康により再建された社殿は、秩父市内の中央に位置する柞(ははそ)の森の中に荘厳な佇まいで鎮座している。社殿には名工・左甚五郎作の「子育ての虎」、「つなぎの龍」をはじめとする絢爛豪華な彫刻が施され、それぞれに「いわれ」が伝えられている。

まっさか仕事が忙しくて、ブログ更新も儘ならない今日この頃なのですが、ちょっと前に訪れた秩父神社の様子をこれでもか!と、UPしてみました。
疲れたときは神社仏閣を訪れると不思議と心が癒されます。
うーん、不惑もそう遠くないからかなぁ? ^^;

注. お揚げは決してツマミ食いしないように。化けて出ますよ・・・

秩父神社の詳しい説明はこちらのサイト がオススメ。
[PR]
by sanzokuame | 2006-03-21 03:36 | 日本のカタチ

おーかさみぃんで

b0011185_0114471.jpg
b0011185_0115321.jpg
b0011185_012796.jpg
b0011185_0122150.jpg
b0011185_0123360.jpg
b0011185_0124177.jpg
寒の戻りの今日この頃。
冷え性の貴女に、常夏な画像をプレゼント。
一応、White Day ってことで。
あれ?娘以外に貰ったっけな?・・・

館林のつつじが岡公園温室にて・・・
[PR]
by sanzokuame | 2006-03-14 00:28 | 歳時記