カテゴリ:食してナンボ( 305 )

CAFE ROSSYのナポリタン

b0011185_22313776.jpg
ぶらぶら歩けば腹が減る。
至極自然な摂理です。
境町でまったりランチとなれば・・・やっぱりここ。
1月のチーズケーキ以来の訪問です。
今までこちらではコーヒーにモーニングにスイーツばかりでしたので、これが初ランチ。
喫茶店でランチの定番と言えば・・・やっぱりナポリタンでしょう。
ついでにマスターには無理を言って大盛りで注文。

デデーン!とお出ましになったのは、これぞ正統派のナポリタン。
タバスコささっと、粉チーズはたっぷりかけて。
裏切りのない、間違いのない美味しさ。
しかしマスター、ちょっと盛りが良過ぎるんじゃない?^^
散歩で消費したカロリー <<<<<< 大盛りナポリタンのカロリー は間違いないと思われ・・・
食後のブレンドをいただきながら、ちと反省です・・・

CAFE ROSSY 業務日誌

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-08 22:50 | 食してナンボ

6年ぶりの肉みそらーめん

b0011185_1849209.jpg
東竜の肉みそらーめん。
2005年以来、実に6年ぶりに寄ってみました。
それでも高校時分からの常連ですので、入口でコップに水を注ぎ、「肉みそ」と注文しながら着席。
この無駄のない動きは「東竜=肉みそらーめん」と決めている私にとっては“作法”とも言えるものです。
八丁味噌で甘辛く炒められた豚バラと春色のキャベツは、テッパンの美味しさ。
6年の歳月で高崎の街並みは大きく変わったけれど、この「肉みそ」には何の変わりもなく。
いつまでもそこにあって欲しい、大切なお店のひとつです。

東竜 [食べログ]

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-03 19:09 | 食してナンボ

白戸軒 ガンコ親父のしょうゆ味

b0011185_1111352.jpg
もらえるものはもらっとこ

我が家の基本方針です。
ソフトバンク以外のキャリアでも、ショップで携帯を見せるだけでもらえます。
ノンフライ細麺に鶏がらベースのあっさり仕立ての醤油スープ。
なかなか美味しくいただきましたよ、お父さん。

太っ腹だぞ、100万食!『白戸軒 ガンコ親父のしょうゆ味』ラーメンプレゼント | ソフトバンクモバイル
[PR]
by sanzokuame | 2011-03-05 11:08 | 食してナンボ

オヤジの休日 in 春まだ遠い信濃路 ~ ラーメンの華咲く大黒食堂 ~

b0011185_15405259.jpg
そして、本日のメインディッシュを。
上信越道を坂城で降り、向かったのは戸倉上山田温泉の大黒食堂。
温泉街の風情溢れる五差路の一角、足繁く通う多くのファンに愛されるお店です。
私も去年の今頃に初めて訪ねてから、すっかりファンになったひとりです。
こちらの名物は、ニンニクとニラを醤油に漬け込んだ特製のタレでいただく「ニンタレカツ」。
そして、これまた根強い人気を誇る正統派の醤油「ラーメン」。
その両方を今回のメンバーに味わっていただきたく、ラーメン×5+ニンタレカツライス×2を注文しました。
(というか、何より私が両方食べたかったので。^^;)
五輪のラーメンの華が咲いたテーブルの中心には、ニンタレたっぷりのカツの山。
その迫力に「ちょっと頼み過ぎたかな・・・」と思いましたが、みんなモリモリとあっという間に完食。
確かな美味しさ、そしてなによりマスターと女将さんの気さくな人柄が魅力の大黒食堂。
昼前の開店から17時の閉店まで、常に客と笑い声の絶えることのない名食堂です。

大黒食堂
長野県千曲市上山田温泉2-24-1
℡:026-275-0768
営:11:30-17:00
休:不定

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-02-25 16:51 | 食してナンボ

オヤジの休日 in 春まだ遠い信濃路 ~ 私をTETEに連れてって ~

b0011185_11364783.jpg
佐久の花酒造を後にし、車に乗り込むと時計は14時。
三滝山へのシャトルバス移動に思いのほか時間を取られ、スケジュールが既に押しています。
最初から今日の昼食はあの人気ラーメン店と決め、混雑を避けたランチタイム終盤に潜り込む予定でしたが、
それももう遅すぎる時間になりつつあります。
おなかも催促のシグナルを送り始めましたので、ここは佐久から高速に乗って時間短縮を図ります。
・・・が、しかし、休日の佐久平駅界隈は昼間から渋滞が発生。
特にR141バイパスから佐久ICへと向かう交差点は、右折待ちの長蛇の列ができている模様です。
渋滞嫌いのかわせみ号は、岩村田の街を東に抜け、旧道から左回りでICを目指します。
「そういえばその道の途中にTETEがありますね・・・」
何気なくつぶやいた私のひと言だったのですが、同乗者の皆さんの耳には大きく響いてしまったようです。
「どこどこ?場所教えて!」
「私もTETEに行きたかったんですよ!」
まもなく見えてきたチョコレートブラウンの店舗を指差し、「ここなんですよ」と言った次の瞬間・・・
何の躊躇いもなく、かわせみ号は右のウインカーを点し、駐車場に滑り込んでいました。(恐るべき決断力・・・)
ま、せっかくですので寄っていきましょうと、全員で店内へ。
さすがの人気ベーカリー、14時過ぎともなればカウンターの上は、ほぼスッカラカン。
やはり、ここは開店直後に来たいお店です。
そんな寂しい店内でしたが、まるで我々を待っていたかのように残っていたのが、3つのクロックムッシュ。
このクロックムッシュ、実はTETEさん人気ナンバーワン商品ということもあり、何度も訪ねている私も目にするのは初めてでした。
そして、ここでもまた、かわせみさんの素早い決断力が発揮されます。
「じゃ、これ3つ全部買って、半分にカットしてもらいましょう」
もちろんオーブンで温め直すことも店員さんにお願いして・・・
数分後、ホカホカのうちにと、さっそく車内でいただいたのが上の写真。
ハムとホワイトソースを挟んだ食パンを、トロリと包み込むのは上質のグリュイエールチーズ♪
ハーフサイズながら、ホワイトソースとチーズのハーモニーを十二分に味わえるひと品。
メインディッシュをすぐ後に控え、小腹を満たすのにこれ以上はない選択となりました。
口についたホワイトソースを拭いつつ、車は西へと高速を飛ばします。

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-02-24 12:29 | 食してナンボ

凍てつく信州一人旅 最終章 ついでにTETEであんぱん2つ

b0011185_1652853.jpg
佐久近辺は魅惑のベーカリー密集地域。
やはり1店だけでは帰れませんでした。^^
佐久ICにほど近いBAKERY TETEにも寄り道。
昨年12月にもお邪魔していますが、今回いただいたのは2種類のあんぱん。

「抹茶と黒豆のクリームあんぱん」
 抹茶香る生地に包まれるのは、黒豆、あんこ、そしてカスタードクリーム。
 意外と思えるカスタードとの相性もよく、ちょっと他所にはない"ネオあんぱん"といった感じ。

「黒ごまあんぱん」
 たっぷりの胡麻がトッピングされたその中身も、真っ黒な胡麻あん。
 外から中から、胡麻の濃厚な風味を堪能できる逸品です。

揚げ物もそうですが、あんぱんの写真も割ってナンボ。
決して包丁など使わず、無造作に手でパカっ!がコツです。

毎度帰るなり、テーブルの上でバカ熱心に撮影している姿に嫁も子供も「またやってら」の呆れ顔ですけど・・・
[PR]
by sanzokuame | 2011-01-23 18:17 | 食してナンボ

凍てつく信州一人旅 其の三 わざわざのパンのバゲット

b0011185_23485572.jpg
そして、四郎大池のすぐ隣に建つわざわざさんへ。
ひと目惚れしたバゲットとご対面です。
しかも、今回は5本の大人買い♪
太陽と小麦本来の味がギュっと詰まったバゲット。
噛むほどにその旨味が口いっぱいに広がります。
種モノも素敵なわざわざさんですが、特にオススメなのはこんな普段使いのパン。
バターも何もいらない、それだけでいい。
いや、それだけがいい一本です。

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-01-23 00:32 | 食してナンボ

NEW YEAR PARTY IN TANOKYU

b0011185_13305526.jpg
願わくば 一寸法師の 身となりて キッシュの布団で 開脚前転 (意味不明)


土曜の夜、田能久さんちでブログ仲間の新年会。
垂涎モノの料理とともに楽しい宴。
人生色々いろいろありますが、それぞれに幸せな一年になりますように。
そう切に願わずにはいられない、思い出深い一夜となりました。

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-01-18 14:01 | 食してナンボ

大者を喰らう

b0011185_13154321.jpg
東京三田の本店に始まり、今や首都圏に数十もの直系店を持つ「ラーメン二郎」。
"亜流"や"インスパイア系"、"女子系"なども含めれば、もはやその数は知れないほどの一大勢力。
昨年12月、そんな二郎のインスパイア系人気店「暖々」の元店主が故郷群馬に開いたのが、この「大者」です。

本格的二郎仕様を踏襲するそのラーメンの特長は、初めての者を威圧するほどのボリューム。
背脂浮かぶ豚骨醤油スープに極太麺、それらを覆い隠すように高く盛られる"ヤサイ"と豚。
食べても減らない麺と具、化調の入ったこってりスープ、確かにジャンクではあるが決して乱暴ではなく。
構えて臨んだにも関わらず、さほどの無理を要せず、全体的にマイルドな味わいだったのはうれしい誤算でした。

プラスチックの食券をパチリと棋士にように指し、トッピングを聞かれれば「ヤサイ・ニンニク・アブラ・カラメ」の符丁を唱える。
余計な私語など口にすることなく、いざ対峙した"二郎"とは目を逸らさずにただ黙々と箸を動かす。
空になった器を戻し、後の人のためにカウンターを拭いたら、「ごちそうさま」と立ち去る。
誰に言われるまでもなく、そんな"二郎道"とも言える礼節ある所作を来る客来る客が繰り返す「大者」。
ラーメンではなく"二郎"という別次元の食べ物は、二郎空白地域だった群馬に新たなジロリアンを増殖させつつあります。

(写真は「ニンニク・アブラ」トッピング)

大者 [食べログ]
[PR]
by sanzokuame | 2011-01-14 14:17 | 食してナンボ

大晦日まで待てない

b0011185_16242810.jpg
思えば毎年のようにフライングでいただく、かめやの年越しそば。
もちろん年賀状も大掃除も手つかずなのに・・・
ま、なんとかなるでしょってことで、お気に入りのそばをいただきます。
この日、注文したのは、「大大もりそば」。
決して入力ミスではなく、大もりそばのさらに大もり。
メニューにはありませんが、"かめらー"には良く知られた一品です。
注文は、「おお・おお・もりそば」と、"おお"を2回ハッキリと。
濃いめのつゆにさっとつけて、ズズっとたぐる真白きそば。
私には、「大大大もりそば」でもOKです。

かめや
伊勢崎市宮子町3524-145
℡:0270-24-6340
営:11:00-15:00、17:00-20:00
休:日曜
[PR]
by sanzokuame | 2010-12-26 16:28 | 食してナンボ