カテゴリ:彼方此方にて( 323 )

ぶらり境町

b0011185_21545592.jpg
福島屋ついでに。
いつもR354で通過するばかりの境の街中をぶらぶらと。
まずは境町駅で東武伊勢崎線をしっかり押さえて。
あとは当てもなく、ただなんとなく。
駄菓子屋に銭湯に近代洋風建築の薬局に。
日光例幣使街道の宿場町、境。
どこか懐かしく、どこか不思議な街並です。

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-08 22:03 | 彼方此方にて

高崎今昔街歩き

b0011185_1828464.jpg
高崎公園からカメラ片手にぶらぶらと。
下横町、鍛冶町、あら町、砂賀町、連雀町、鞘町、檜物町、宮元町。
旧高崎城下に広がるのは、今と昔が織り成す懐かしい街並み。
気の向くままに路地を曲がれば、新たな発見が待っています。

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-03 18:38 | 彼方此方にて

オヤジの休日 in 春まだ遠い信濃路 ~ 三滝山氷まつり ~

b0011185_17145370.jpg
小海線に沿うように南下した車は、小海駅前で千曲川を渡ると一転、東へと向かいます。

目指すは、日本百名山・御座山に見守られる小さな山村、北相木村の三滝山。
御座山と対峙して聳える三滝山は、古くから禅宗の信仰の山として開け、
山腹には「大禅の滝」、「小禅の滝」、「浅間の滝」の三つの滝が流れ落ちています。
なかでも高さ30mの「大禅の滝」は冬には全て凍りつき、松かさ状の氷柱を形成することで知られています。
近年は暖冬の影響でなかなかその見事な姿を見せてくれなかった大禅の滝なのですが、今年はこの寒い冬。
村のHPで伝えられる「氷柱情報」を見れば、既に滝口にまで届く成長ぶり。
3年ぶりに「これは行かなきゃ!」と、20日の氷まつりに合わせ、オヤジツアーを催行した訳です。

途中、無料のシャトルバスに乗り換え、多くの観光客で賑わうお祭り広場に到着。
遊歩道を登り、やがて見えてきたのは雪を被った巨大な"松ぼっくり"。
内部から幻想的に光るアイスブルーは、まさに吸い込まれそうな美しさでした。
厳しい寒さこそが育てる自然の造形美。
春の足音とともに氷が小さくなってしまう前に、ぜひいかがでしょうか。

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-02-23 17:36 | 彼方此方にて

春香る臘梅の秩父路 ~早春の長瀞宝登山ハイキング~

b0011185_1234456.jpg
ようこそ!臘梅の長瀞宝登山ハイキングへ!!
今回は八高線と秩父鉄道の車窓を楽しみながら、臘梅咲き誇る長瀞・宝登山を登ります。
宝登山頂にある臘梅園には、約2,000平方メートルの敷地に500株、2,000本の臘梅が咲き乱れます。
山頂からは眼下に広がる長瀞・秩父の町並みや、秩父のシンボル「武甲山」、鋸状の山容をした「両神山」など眺望抜群です。
ハイキング後は藤岡の名居酒屋「奥多野」で名物いのぶた鍋に舌鼓。
楽しく美味しくのんびりと、冬の一日を満喫しましょう!


先の日曜日。
そんな「山のしおり」の挨拶で始まったのは、ブロガー有志による恒例の山オフ。
友人、お子さんも加わって、過去最多の14名でのツアーとなりました。
行き先は、ちょうど臘梅が見頃を迎えた長瀞・宝登山。
いつもならマイカーに分乗して向かいますが、今回はちょっと趣向を凝らしローカル線の旅。
はい、幹事特権ってやつです。^^

ではでは、まずは山歩きの模様からいってみよ!
[PR]
by sanzokuame | 2011-02-11 12:13 | 彼方此方にて

凍てつく信州一人旅 其の二 ノンのお留守番

b0011185_112946.jpg
佐久から御牧ヶ原への坂道を登ると、景色は一変。
頂上台地に点在するため池はどれもが真っ白に全面結氷。
ここ御牧ヶ原の冬の厳しさを物語っています。
さて、わざわざさんに予約しておいたバゲットの焼き上がり時刻は11:00。
まだ時間があるのでモーニング珈琲でもと、読書の森さんを訪ねます。
車を停め、いざカフェのドアを開けようとすると、そこには一枚の張り紙。
「所用により本日の営業は12:00からになります」
誰も居ない暗い店内、どうやら留守のようです。
ま、ほぼ年中無休の営業ですから、たまにはそういうこともありますよね。
であれば御牧ヶ原を散策して時間をつぶそうかなと踵を返すと、広場のほうからモサモサしたものがノソノソっと。
「ありゃノン!居たんかい!」 ^^
どうやらロバのジグとヤギたちのお守りと留守番役を申しつけられたようです。
寒さもものともせず、「せっかく来たんだから遊ぼうよ♪」とばかりに尻尾をフリフリ。
「よし、じゃ一緒に散歩するか」と、ノンと二人きりの御牧ヶ原散策と相成りました。
とってもゆるくて、とっても不思議で、とっても非日常な時間。
そんな贅沢な時間がここ御牧ヶ原には流れています。

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-01-20 12:24 | 彼方此方にて

第49回 藤岡市民マラソン大会

b0011185_16543568.jpg
食っちゃ寝~の今年の正月。
そんななまりきった体に喝を入れるためにマラソンに行って来ました!

・・・今回初めてエントリーする中一のセガレの応援に。^^
ちなみにセガレの中学校、運動部は全員無条件参加なんだそうです。

走り初めの大会ということもあり、老若男女で溢れる会場は、なかなかの盛況ぶり。
社会人枠にエントリーするのは、奥多野酔走楽部の店長エメちゃん
新年の挨拶を交わし、レースの健闘を祈ります。

スリムなランナーばかりのなか、決してそうではないお父ちゃんはカメラ片手に皆の応援を。
ファインダーから覗くランナーは誰もが颯爽と風を切り、格好良く。

「いつかはおいらもランニングシューズを履いて!」

"いつか"とか言ってるようじゃダメなんですよね・・・
え?来年出ろ?

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-01-10 17:13 | 彼方此方にて

展望の御牧ヶ原

b0011185_1241081.jpg
わざわざのパンさん近くから望む浅間山。
左に黒斑山、右に剣ヶ峰と特異な姿の牙山。
(その間を縫って歩いた2009年秋のレポートはこちら
白煙を上げる前掛山(浅間山本体)は、まるでレースを纏ったような美しさです。

朝から快晴のこの日は、絶好の山岳展望日和。
せっかくの御牧ヶ原ですので、そんな絶景をいくつかスナップしてみました。
身近な山から、遠くに光る憧れの山。
山岳景観は日本の豊かな自然のシンボルでもあります。

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-12-12 14:00 | 彼方此方にて

今朝の波動砲

b0011185_10474856.jpg
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 公開記念!?
[PR]
by sanzokuame | 2010-12-01 12:56 | 彼方此方にて

下仁田へ行ってんべー祭

b0011185_34468.jpg
富岡の動楽市が行われた同じ日、隣の下仁田町で行われていたのが、下仁田へ行ってんべー祭
このイベントは、町の活性化を図るきっかけづくりとして「下仁田町まちづくり委員会」が企画、実施したものです。
下仁田駅周辺を会場として行われたのは、

●下仁田駅前赤レンガ倉庫
 ・ミニコンサート「'60年代ポップスが下仁田で甦る」
 ・写真展「写真で見るレトロ・モダンな下仁田」
 ・秘蔵資料展示「ファンタジー号と銀河鉄道999号」
●こんにゃく手作り体験道場
 ・しもにたC級グルメ「昔から伝わる家庭団欒の味」
       ↑正しくは○の中に平仮名の「し」
●諏訪神社前駐車場
 ・手しごと市場「手作り・手仕事だから癒される」

上信電鉄の終着、下仁田駅で待ち合わせたのは、田能久さん。
田能久さんと一緒に下仁田のイベントを見学し、再び富岡の動楽市に戻るという段取りです。
ちょうど昼時、駅からレトロな街並みを歩き、まず向かったのはC級グルメのいただける会場。
(あれほど朝食食べたのに・・・)
駅でもらった祭りのパンフレットに書いてあったのは、下仁田ならではの「すき焼き丼」。
悩む余地なくコレしかないでしょうと、早足で会場へと向かいます。
・・・が、会場のどこを見渡しても「すき焼き丼」を見つけられず。
割ぽう着姿のおかあちゃんに聞くと、「もう売り切れちゃったんよ。もう一回作るけど、あと一時間くらいかな」って。
ありゃ、残念・・・
そんな落胆ぶりを見てか、おかあちゃんがくれたのは、ひとつの味噌おやき。
味噌と刻みネギの入った小麦粉を練って焼いた群馬の郷土食、これまた旨いんだよね。
「おかあちゃん、あんがとね」と、田能久さんと味噌おやきをかじりながら、次に「手しごと市場」へと歩きます。
諏訪神社前の会場は、富岡に比べて、ゆる~く、ほんわかした雰囲気。
木工や草木染などの並ぶこのクラフト市には、月夜野閑話のミズゾウさんも出店されていました。
久しぶりに再会したミズゾウさんに田能久さんを紹介し、しばし談笑。
しかし、味噌おやきパワーはあっという間に底を尽き・・・^^
あと一時間の「すき焼き丼」はこの際あきらめ、かつ丼の名店「きよしや」へと田能久さんを案内します。
この「下仁田へ行ってんべー祭」もあってか、13時過ぎなのに店内は完全なる満席。
老夫婦だけで切り盛りする人気店、ここはのんびりと待つことが肝要です。
15分ほど待ち、田能久さんかつ丼、私はかつとライスがセットになったラーメン定食を注文。
ようやくありつけた下仁田の定番は相変わらずの美味しさとボリュームなのでした。
腹ごなしに町をもうひと回りしたら、田能久さんの車で再び富岡へ。
既に日も暮れかかったおかって市場でしたが、多くの人で昼と変わぬ賑わいを見せていました。
最後にまたホットコーヒーをいただき、本日のイベント行脚はこれにて終了。
西のふたつの町で、それぞれに趣向を凝らした町おこし。
ぜひとも"楽しく美味しく"続けていっていただきたいものです。
[PR]
by sanzokuame | 2010-11-17 12:50 | 彼方此方にて

第2回 動楽市@富岡おかって市場

b0011185_1153575.jpg
11/7(日)は朝から富岡市役所前のおかって市場で行われた動楽市へ。
おかって市場は、大正期に建てられた「繭の乾燥場」を改修した店舗。
近隣農家の持ち寄る新鮮野菜などのほか、地区内外から厳選した調味料や食材も多く揃えています。
富岡製糸場にも引けを取らない重厚な煉瓦倉庫も建ち並ぶその敷地で行われるのが、動楽市。
クラフト市をメインに、グルメあり、ワークショップあり、音楽ライブありの不定期開催のイベントです。
県内外で活躍されるクラフト作家さんのショップは多種多彩。
陶器・木工・ガラス・布・革・・・などなど。
思わず手に取り、つい欲しくなってしまう品々が個性豊かに並びます。

そしてそして、この動楽市をさらに魅力的なイベントにしているのがグルメなショップ。
今回は、さながら 信州vs上州 とばかりに、両県の美味しいお店がズラリと並んでいました。
主なものをざっと挙げると・・・

信州
軽井沢・幻の旧三笠ホテルカレー
●佐久の安養寺味噌を使った七代目 助屋の安養寺ら~めん
アトリエ・ド・フロマージュのヨーグルトソフトクリーム
●蓼科牛を使ったSun'sのハンバーガー

上州
赤城屋特製ソーセージのホットドッグ
若林堂本店のコロ焼まんじゅう
So-yaのお味噌のGuRuGuRu(味噌ロールケーキ)
monsoon donutsの豆冨ドーナツ
ジャムねこ。のパン
●上州豚肉巻きおにぎり
●どどめジェラート

・・・などなど。

ね?この充実振りは、ちょっとス・ゴ・イでしょ?

とりあえず(?)いただいたのは、
●Sun'sのチーズバーガー
 お洒落なセミロングのシトロエンの移動販売。たっぷり野菜とジューシーで柔らかな蓼科牛パティが絶品!
 なんと、望月のYUSHI CAFEさんに毎週木曜出店してるそうです。
●若林堂本店のコロ焼まんじゅう
 この夏に一度いただいてますが、お店のオネイサンに聞いたら、さらに味に改良を加えたようで・・・確かに♪
●八ヶ岳高原野菜即売のコーナーで、焼きシイタケと長芋とキュウリの・・・試食。^^
●〆に自家焙煎のホットコーヒーを一杯

うーん、満足満足♪
以上、本日の朝食なのでした。^^;

お土産にはジャムねこ。のパンを3つほど買って。
(ゆずピールBagle、ココアレーズンアーモンド、カシューナッツリュスティック)

一旦、動楽市をあとにして、次に向かったのは・・・
[PR]
by sanzokuame | 2010-11-12 14:16 | 彼方此方にて