カテゴリ:プルーンとレバーの為せる業( 152 )

桜2011 山名駅で往く春を惜しむ

b0011185_18234138.jpg
徹底的に桜week。
八高線の次は上信電鉄。
この時季ならではの桜とのツーショットを貪欲に収めています。
八幡宮のお山に抱かれるように佇む山名駅もなかなかの桜の名所。
葉桜寸前ですが、ギリギリセーフってことで。
さて、今週末はどこへ北上しようかな?
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-18 18:29 | プルーンとレバーの為せる業

桜2011 さくら満開の神流川鉄橋

b0011185_23165190.jpg
震災直後、三週間も運休していた八高線。
その線路は日に日に錆びに覆われ・・・・
朝な夕なにカタタンカタタンと軽やかに走る音が聴こえてこないのは、寂しいものでした。
四月に入り、桜の蕾がほころぶのに合わせるようにダイヤは平常に。
そして、ようやく開いたと思った桜は、あっという間に満開へと。
ニッポンの花、桜の美しさと存在意義を再認識する今日この頃です。
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-16 23:58 | プルーンとレバーの為せる業

オール鉄路で宇都宮へゴー!

b0011185_22471670.jpg
夜明けの北藤岡駅に到着した八高線上り一番列車

カレンダーをひと月戻して。
春まだ浅い宇都宮で行われた栃木SC-ザスパ草津戦の道中記事を。
3月6日、まだ北関東道が全通してないにせよ宇都宮なら車で向かうのが手っ取り早いのですが・・・
それじゃあまりに普通ってことで、すずきさんと結託してエコでディープなオール鉄路の旅に。
漆黒の夜明け前、自宅から徒歩で最寄の北藤岡駅へと向かいます・・・(寒)

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-09 23:29 | プルーンとレバーの為せる業

夜明けの牛乳パック

b0011185_10111528.jpg
新町駅/高崎線

休日ならゆっくり寝てればいいものを・・・
寒い寒い夜明け前からこんなことやってます。
青と白のカラーリングから、そう呼ばれるEF64の1000番台。
なんとも早朝にふさわしい機関車です。
この日、配達してたのはガソリンでしたけどね。
[PR]
by sanzokuame | 2011-02-28 10:25 | プルーンとレバーの為せる業

オヤジの休日 in 春まだ遠い信濃路 ~ 朧浅間と小海線 ~

b0011185_1717473.jpg
龍岡城-太田部/小海線

もはやシリーズ化しつつあるのが、田能久さん&かわせみさん&三束雨の「オヤジの休日」。
その土地の文化や歴史に触れ、齢五十平均にしてさらなる見聞を広めよう・・・
などという高尚な名目は、ほんの数パーセント。
昨年10月の秩父蕎麦~東松山やきとりツアー然り、11月の甲州ワイン~松本居酒屋ツアー然り。
文化は文化でも食文化重視の物見遊山ツアーであります。

「そろそろまたどこかに行きたいな」と悪い虫が疼き、超個人的希望で企画したのが信濃路冬紀行。
2月20日(日)、この日開催される北相木村の三滝山氷まつりが今回の大義名分です。
今回はコーリンさんご夫妻にも参加いただき、オヤジカルテット&マダムの計5人。
かわせみ号に乗り込み、朝の8時に田能久さんちを出発です。

内山峠を越え、まず向かったのは・・・定番のお立ち台、佐久の離山
昨年12月にも訪ねたばかりですが、"ちょうど"通り道だったのでちょっと寄り道です。
(最初から巧妙に仕組んだルート設定だったのはここだけの話)
浅間と顔を並べ走る小淵沢行きとは時間が合いませんでしたが、20分ほどでやって来た小諸行きを後追い。
寒いなか4人にもお付き合いいただき、現場はちょっとした撮影会となりました。

浅間は朧に霞み、田んぼの畦では雪の陰から小さな芽吹き。
春への序章を感じる佐久平の絶景を堪能した後は、一路南へと車を走らせます。
[PR]
by sanzokuame | 2011-02-22 18:16 | プルーンとレバーの為せる業

雪上がりの朝は新幹線を撮りに行こう!

b0011185_21554839.jpg
安中榛名-軽井沢/長野新幹線

撮影は日曜の朝。
雪が降ったら、ぜひ行ってみようと思っていた松井田の地蔵峠です。
撮影場所はこのあたり
私も行ってみよう!・・・と思う方はそうそういないと思いますが(笑)、一応ガイドを。
R18から県道33号線(渋川松井田線)を北上。
地蔵峠へは登らず、浄水場脇の道を直進して新幹線の高架をくぐり、さらに100mほど進みます。
車道から右に伸びる林道を10mほど進むと、左手に細い山道があります。
車を降り、その山道を100mほど登ったところから高架が見渡せます。

時刻表を目安に、トンネルから響いてくる走行音に耳を澄ませてその時を待ちます。
何本か失敗した後、ようやく撮れたのがこのショット。
レアな気象条件と難アクセス。
雪の山道で思いっきりすっころんで、頭には木々から雪がドサッと・・・
達成感120%、渾身の一枚です。^^

それからそれから
[PR]
by sanzokuame | 2011-02-15 22:46 | プルーンとレバーの為せる業

春香る臘梅の秩父路 ~ローカル線を乗り継いで~

b0011185_15413864.jpg
長瀞なら車より鉄路でしょ。

メンバー誰ひとりに了解を得ることもなく、独断で決定です。^^
群馬藤岡からなら寄居で八高線と秩父鉄道を乗り継ぐ小一時間の旅。
車窓の向こうに北武蔵の里山を眺めながら、ロングシートであれこれおしゃべり。
決して飽きることもなく、非日常の鉄路を堪能するには、もってこいの行程です。
次回もまたローカル線で行く低山歩きを企画してみようかな。
車窓から桜を愛でつつ、缶ビールでプシュ!ってのがいいな。^^

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-02-13 20:21 | プルーンとレバーの為せる業

暁の鏑川橋梁

b0011185_17354620.jpg
東富岡-上州福島/上信電鉄

下仁田から高崎の山名まで、鏑川に寄り添い走る上信電鉄ですが、途中2箇所でその流れを渡ります。
ひとつは吉井町の馬庭、そしてもうひとつがここ富岡市の曽木。
R254とR254バイパスの橋に挟まれるように渡る、萌黄色の橋梁です。
そんな鏑川橋梁の上、オレンジ色の朝日を浴びて東へ向かうのはホワイトタイガー
やっぱりこいつとは縁があるなぁ。

で、どこから撮ったかというと・・・
[PR]
by sanzokuame | 2011-02-02 20:33 | プルーンとレバーの為せる業

彼誰時の上信電鉄

b0011185_20201350.jpg
上州新屋-上州福島/上信電鉄

多胡の峰々から昇る太陽を背に、西へと走る朝列車。
銀色に輝く二本の直線が、どこまでも続く甘楽の里です。
それにしても寒かった・・・
この朝の気温は-2℃。
もちろんマフラー、手袋、そしてももひきタイツが必須アイテムです。
[PR]
by sanzokuame | 2011-01-24 21:27 | プルーンとレバーの為せる業

凍てつく信州一人旅 其の一 しなの鉄道と小海線

b0011185_1142117.jpg
信濃追分駅/しなの鉄道

田能久さんちでの新年会
美味しい料理とぜひ一緒にいただきたいと思ったのは、わざわざのパンのバゲット
このブログの写真・・・もうひと目惚れです。
魅惑的なバゲットのためならエンヤコラと、いつものように寄り道しながらの信州行きです。
土曜の朝、軽の四駆で内山峠を越えて、まず向かったのは信濃追分駅。(いきなりそっち)
ホームから見える浅間山とのツーショットを狙いたかったのですが、小雪舞う鈍色の空。
ま、それはそれはで冬の信州らしいってことで、寒さに震えながらホームで待ち受け。
15分間待って、下り上り1本づつの普通169系が到着。
しかも、2本目にやってきたのは昨年9月に再復活した湘南色(初見)。
ラッキーな撮影に気を良くし、御牧ヶ原へと向かいます。

道すがら、ついでに美里-三岡の跨線橋で小海線を待ってみると、わずか1分で小諸行きが登場。
冬枯れの佐久平を疾走するキハ110系は、どこか郷愁を誘います。
それにしても、なんとも巡り合わせのよいダイヤのタイミング。
今年最初の撮り鉄、こいつは春から縁起が良いわい!^^

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-01-19 12:23 | プルーンとレバーの為せる業