カテゴリ:ベツバラ( 305 )

田能久のカスタードプリン

b0011185_16524272.jpg
とろーり、かかるのはカラメルではなく、黒みつ。
そして、プリンは木綿豆腐のようなのど越し。
ちょっと他所にはない、和テイストのカスタードプリン。
田能久さんが満を持してデビューさせた秘蔵っ子。
今年のデザート部門、最優秀新人賞候補です。
先日、フォトブックを届けたときにいただいたばかりですが・・・
うーん、もう一度食べたいぞ!^^
[PR]
by sanzokuame | 2010-08-18 23:02 | ベツバラ

スタバでクールダウン

b0011185_2133242.jpg
汗をかけば、のどが渇く。
しごく自然な摂理です。

自転車ふんごくって向かったのは、県境を越えた関越道・上里SAのスターバックス。
自転車でも行けちゃう、ありがたいスタバです。
店舗は上下線の両方にありますが、日曜の夕方、もちろん混雑を避けて下り線へ向かいます。
SAへの出入口に自転車を停めたらテクテクと。
新メニュー、YUZU グリーンティーフラペチーノを選び、ミスト降り注ぐテラス席でクールダウン。
うーん、サッパリ、極楽極楽♪
(これからうちへ戻る距離も考えずに・・・)

いらっしゃいませ
[PR]
by sanzokuame | 2010-08-03 22:03 | ベツバラ

栄寿堂のきんつば

b0011185_15475753.jpg
東武伊勢崎線、境町駅からすぐ。
ショーケースには羊羹や栗まんじゅう、どら焼きなどが並ぶ昔ながらの和菓子屋さん。
中でもオススメなのが、つぶ餡が怪しく透けて見えるこのきんつば。
北海道産小豆をじっくり煮込んだ自家製の餡が、触っただけで破けそうな薄皮に包まれています。
一般的なきんつばは、回りを焼き固めてありますが、これにはそんな焼き目は一切なく。
おそらく蒸してあるのでしょうか、つぶ餡も薄皮も、しっとりあっさりに仕上がっています。
ちょっと他所にはないきんつば、一度食べるとクセになります。

栄寿堂
伊勢崎市境771-2
℡:0270-74-0266

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-07-31 15:57 | ベツバラ

泰山堂cafeのヌガーグラッセ

b0011185_1892952.jpg
ロケーション、窓辺の景色、BGM、照明、香り、椅子の座り心地、器、マスターの人柄、豆へのこだわり・・・
カフェを選ぶ要素はいくつもありますが、そのひとつとして魅力を感じるのが、オリジナルのメニュー。
世界中でここでしか味わえない逸品、そんな一品があれば多少遠くとも足を運びたくなります。
秩父の中でも貴重な古い街並みが残る、黒門通り。
秩父銘仙の旧商家を利用した泰山堂cafeでイチオシなのが、このヌガーグラッセ。
メレンゲ、生クリームにナッツとドライフルーツを混ぜて作った冷たいデザート。
過去に経験したことのない、何とも不思議な食感は、まさに唯一無二。
リヨンで一年修行したというオーナーが作る本格派スイーツでもあります。
静かに流れるジャズ、薫り高い濃いめの珈琲、そして窓辺には昭和の街並み。
このカフェには、人を惹きつける要素がいくつも揃っています。

泰山堂cafe

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-07-13 18:29 | ベツバラ

Happy 10th. Anniversary !

b0011185_14215388.jpg
うちじゃないですよ。
この度、めでたく結婚10周年を迎えたのは、こちらのご夫妻。
そんなふたりを祝して、ブログ仲間でご夫妻のお宅に押しかけて・・・
Happy 10th. Anniversary ! Party を開催。
手作りのアジアン料理、マナペコのパン、そして締めにはMIKADOさんのAnniversary Cake。
いろんな意味で、あま~い一夜を過ごさせていただきました。
どうか幾久しく、お幸せに。

P.S. ダンナ殿へ
    嫁の半歩後ろを歩く、今のそのスタンスが夫婦円満の秘訣です。^^
[PR]
by sanzokuame | 2010-07-06 15:06 | ベツバラ

生糸はとみおか だんごはなみき

b0011185_0324982.jpg
見事なキャッチでも知られる富岡の並木だんご。
みたらし団子と言えばここと、我が家ではふた月に一度は通っています。
賞味期限=1日は、要らぬ保存料など入っていない証。
できたてはほのかに温かく、そして驚くほどに軟らかい団子です。
たっぷりかかる甘辛のタレは、まさに後を引く美味しさ。
一本だけ・・・うーん、もう一本♪・・・
気付けば、三本、四本と裸の串が。^^;
団子だけで三代続く味に間違いはありません。

並木屋
富岡市富岡1611-7
℡:0274-62-0512
休:水曜
営:9:00-16:00(売切次第終了)

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-06-23 00:49 | ベツバラ

東京あんぱん 豆一豆の豆褒美

b0011185_17392317.jpg
今年3月、JR東京駅構内1階にオープンしたのは、サウスコート「エキュート」。
まさに日本の中心であるこのフロアには、日本各地から選りすぐりの雑貨やフードが集められています。
なかでも目を惹くのが、和洋を問わないスイーツの数々。
薯蕷饅頭、半熟かすてら、マカロンにバウムクーヘン・・・
どれもお持ち帰りしたくなる逸品揃いですが、行列の長さで一番なのが、このあんぱん。
薄皮の生地は、国産小麦「香麦」に新潟県産コシヒカリの米粉をブレンドして作ったもの。
パカリと手で割ると、現れるのは北海道産の二層構造の餡。
つぶ餡の上には大納言の粒がゴロゴロと入っています。
うーん、アンコラーイチコロの構造美♪
ひとつ¥250、ちょいと高めの設定ですが、それは素材の良さと丁寧な仕事の証でしょう。
その名の通り、ご褒美としていただきたい、特別のあんぱんです。

東京あんぱん 豆一豆
[PR]
by sanzokuame | 2010-05-28 18:09 | ベツバラ

入谷キャラバン

b0011185_2111062.jpg
仕事の移動中、時間調整に入谷のカフェへ。
二年振りに iriya plus café を目指したのですが、残念ながらリニューアル改装中。
ありゃりゃ、出鼻を挫かれた・・・
しかし、折角の入谷ですので、あくまでも入谷らしく。
iriya plus café とは目と鼻の先にあるのが入谷キャラバン。
こちらの喫茶店は昭和45年オープン、独学で珈琲の研究を積み重ねたご主人で知られたお店です。
香ばしい香り漂う店内には改造を施した旧西ドイツ製の焙煎機など、珈琲に関する機械や道具がズラリ。
暑さ凌ぎににいただいたのは、、昔懐かしい厚手のグラスに入ったアイス珈琲。
雑味がなく、香り高い珈琲は、身も心もリラックスさせてくれます。
居心地が良いのは人間だけでなく、近所のノラも毎日に遊び来るそうです。

入谷キャラバン
台東区下谷2丁目5-24
℡:03-3875-1624
休:日曜

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-05-25 21:20 | ベツバラ

さぼうるの生いちごジュース

b0011185_14305883.jpg
神田神保町。
「古書店の街」、「学生の街」など、いくつかの代名詞を持つ街ですが、もうひとつ忘れてはいけないのが「喫茶店の街」。
古書店街、学生街とともに歴史を刻んできた古き良き喫茶店が、この街にはいくつもあります。
日本で初めてウインナー珈琲を出した「ラドリオ」、アルゼンチンタンゴの流れる「ミロンガ・ヌオーバ」と並び
その名を知られるのが、昭和30年創業の「さぼうる」
店名は俗に「サボる」に由来すると言われがちですが、正しくはスペイン語の「sabor(味)」からだそうです。
大樹に守られた山小屋風の店構え、入口は1階、店内は半地下と中2階に分かれる立体構造。
ほの暗い店内の壁に使われるレンガには、55年分の落書きが描かれています。
一杯づつ落とすネルドリップ珈琲、昔ながらのナポリタンなど、どれもオススメのメニューですが、
さぼうるならではの一品が、この「生いちごジュース」。
ひと口飲めば、いちごそのままの甘酸っぱさが口いっぱいに広がり、なんとも清涼なのど越し。
大きめのグラスにすり切りいっぱい入っての500円は、申し訳ないほどのお値打ち感です。
「いい歳したオジサンがいちごジュースなんて・・・」と思ったそこのご貴兄もぜひ一度。
大丈夫、私みたいなオジサンがいつもたくさんいますから。^^

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-05-13 14:50 | ベツバラ

こまつやのうぐいす餅

b0011185_2319531.jpg
年度始め、公私ともにいろいろとありまして・・・
天気のように気持ちも不安定な今日この頃ですが、そんなときには甘いもんです♪
レモンケーキで有名な甘楽町のこまつやさんで見つけたのは、なんとも春らしい「うぐいす餅」。
まさに鶯色のきなこを纏ったお餅の中には、しっとりとしたこしあんがたっぷり。
季節を目で舌で楽しむ和菓子の世界って本当に素晴らしいです。

甘楽菓子工房 こまつや
[PR]
by sanzokuame | 2010-04-28 15:16 | ベツバラ