カテゴリ:ベツバラ( 305 )

シュトーレンな夜、ビーフシチューな夜

b0011185_1665742.jpg
週末の夜、ブロガー有志で開催されたは、"シュトーレンパーティー" in える姐さんち
揃ったシュトーレンは、名高きベーカリーのものから心温まる手作りのものまで計6種。
生地に具材、焼き方にしてもひとつとして同じものはなく、それぞれの個性が光ります。
しかし、一度にこれだけの種類と量を食べるのは生涯最初で最後でしょうねぇ。^^
聖なる夜を待ちきれず、ごちそうさまでした。

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-12-20 17:54 | ベツバラ

十五の君へ

b0011185_21213592.jpg
今日は長女の誕生日。
真夜中に慌てて産院にかけこんだあの日から十五年・・・
月日の経つのは早いものです。
どんな志を立てるにせよ、自分らしく、自分を信じてね。
そんな今夜は、MIKADOさんのケーキでささやかなお祝い。
おめでと♪
[PR]
by sanzokuame | 2010-12-16 21:50 | ベツバラ

アジアパンの焼き栗あん&生クリーム

b0011185_20522100.jpg
昭和20年創業、県内老舗ベーカリーの代表格、アジアパン
2009年のアンバタに続き紹介するのは、こんな季節限定メニュー。
焼き栗あんの中には、食感が楽しい栗の粒々も。
ほっくりとした栗のやさしい甘さとアジアパン特製生クリームとの相性の良さは言うまでもなく。
定番の玉子パンやコッペパンなど、いずれにもサンドできますが、今回はメロンパンで。
サクサク、フワフワ、シットリを一度に味わえる秋の恵みパンです。
故郷を遠く離れて暮らす群馬賢人の皆様、通販でもGETできますよ。^^

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-11-26 21:33 | ベツバラ

佐野のローカルデザート 「カンロ」

b0011185_132219100.jpg
その存在を知ったのは、もう一年前。
それは、両毛地域の食文化に造詣の深いすずきさんのこの記事
栃木県佐野市、中内商会の作る「カンロ」なるシロモノ。
オレンジ色の寒天に黒蜜をかけて食べるらしいのですが、その色味がどうしてもオレンジジュースに結びついてしまい・・・
目に鮮やかなオレンジ色は、かつて敷島公園の売店にあった噴水型ジュース自販機さえ想い出させます。
うーん、頭の中で味の想像が混乱して収拾がつきません・・・
すずきさんによれば、夏季を避けた10月から6月の季節限定品。
これは食べてみなけりゃと思っていましたが、昨シーズンはなかなか機会がなく・・・
ところが先日、すずきさんがツイッターで「カンロ買ってきたで」ってつぶやいていたので、私も早速。
クーラーBOXを車に積み込み、太田のヤマグチスーパー韮川店で3袋(1袋3個入り、208円)の大人買い。^^
後生大事にうちに持ち帰って、いざ実食。
ふたを開けて、黒蜜をかけて、軽く寒天をかんましてパクリ・・・
うん、寒天の黒蜜がけ♪
オレンジ味など微塵もなく、甘さ控えめの和の水菓子。
寒天自体にはほとんど味がありません。
みつ豆の豆抜き?そんなシンプルなカンロですが・・・ちょっとクセになる美味しさです。
3袋は一週間で完食しちゃったので、また"仕入れ"に行かなきゃ。^^
[PR]
by sanzokuame | 2010-11-17 13:45 | ベツバラ

田能久'S スイーツ DE 神経衰弱

b0011185_12475772.jpg
台風の日は、うちでのんびりとテーブルゲームなどいかがでしょうか?

--- 遊び方 ---

1. 画像をクリックし、大きなサイズの画像を表示、保存する。
2. 1.の画像をA4サイズ(横、フルページ、四辺フチなし)で2枚プリントアウトする。
3. それぞれ18枚に切り分ける。
4. 計36枚をよくシャッフルし、裏返しに並べて神経衰弱スタート!

注. 甘いものが欲しくなっても、当方は一切関知いたしません。
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-30 14:27 | ベツバラ

CAFE ROSSY の手焼きホットケーキ

b0011185_12174180.jpg
R354、境女塚の交差点のほど近く。
朝8時からオープンするのは、純和風の佇まいを見せるCAFE ROSSY
店内の半分は座敷席、もう半分はテーブルとカウンターと、和と洋の空間が混在しています。
メニューに並ぶのは、本格ハンドドリップコーヒーから各種ドリンク、軽食、スイーツ、日替わりランチまで。
マスターこだわりのカフェメニューが豊富に揃っています。
そんな中から、この日選んだのは、マスターイチオシの「手焼きホットケーキ」。
ふっくらとしっとりと、そして、きれいなキツネ色の焼き目。
この絶妙な仕上がりは、特製の銅板とマスターの秘密の調合によるものだそうです。

ではでは、早速。
焼きたてのホットケーキが運ばれてきたら・・・
アツアツのうちに生クリームと無塩バターを乗せ、メープルシロップもたっぷりかけて!

うーん、とろけそう♪

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-28 13:41 | ベツバラ

オヤジの休日 in 彩の国 ~ OMO茶や。 ~

b0011185_2274482.jpg
【場違い】 その場にふさわしくないこと。また、そのさま。

過去には OZ magazine や Hanako でも紹介されたに違いない素敵なカフェ。
生成りのワンピースや作家さんのアクセサリーも並ぶ雑貨屋さんでもあります。

店内には漂うのはナチュラルでフェミニンで女子~な空気・・・
窓辺を飾るのは絵本に花に猫の置物・・・
テーブルに置かれたフリーのお菓子はミルキーだったりして・・・
蒼井優ちゃんやKIKIさんなら絵になるのでしょうが・・・
街歩きに疲れたオヤジ三人組が、つい寄ってしまいました・・・

頼んだのは、コーヒーにジンジャーエールにオレンジアイスティー。
もちろん、どれも美味しくいただきましたが・・・
できれば、女性と一緒に寄りたいお店です。^^

OMO茶や。 (食べログ)

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-10-15 23:12 | ベツバラ

パーネデリシアのカフェロッティ

b0011185_19354691.jpg
その発祥はマレーシア。
今や東南アジア、韓国で大人気なのが、このカフェロッティ。
「ロッティ」とはマレー語でパンを意味します。

ファーストインプレッションは、コーヒー味のメロンパンですが・・・
いやいや、これはかなり奥の深い一品。

香ばしく、ほろ苦のコーヒーが効いたビスキー生地。
ぽっかり開いた空洞に潜むのは、上質なバターと程よい甘さのカスタードクリーム。
軽い仕上がり、深い味わい、決してひとつでは済まないカフェロッティです。^^

パーネデリシア
[PR]
by sanzokuame | 2010-09-28 22:00 | ベツバラ

菓匠 星野の和心プリン

b0011185_20323596.jpg
富岡の老舗和菓子店、菓匠 星野さん。
訪ねるのは、これが初めてだったりします。
(移転前の七日市富光堂には何度かおじゃましてましたが。)
いただいたのは、和テイストのこんな一品。
豆乳と京びききな粉、和三盆糖で作った「和心プリン」。
プリンでありながら、牛乳と卵を一切使っていないそうです。
きな粉香る濃厚な豆乳プリンに合わせるカラメルもいわゆるカラメルではなく。
和三盆糖を練り上げた「琥珀蜜」と、沖縄波照間島の黒糖を練った「黒蜜」。
お好みでそのどちらかを選べます。
ふんわりと優しく上品な甘さが口いっぱいに広がる「琥珀蜜」。
どこか懐かしく、黒糖独特のコクと甘味豊かな「黒蜜」。
当然のように、両方試したくなるのが人情ですね。^^

菓匠 星野
[PR]
by sanzokuame | 2010-09-16 21:11 | ベツバラ

わざわざのハニーステッキと太田さんのはちみつ

b0011185_13453967.jpg
たった一枚の写真を撮るためだけに寄った小布施を後にしたら、再び高速に。
休日のETC割引などこの際忘れて、小諸ICでまた途中下車。
千曲川から御牧ヶ原に上り返し、一路向かったのは夏休みが終わったばかりのわざわざさん。
「どもども」と奥さんに挨拶をして、選んだのは秋の新メニューの中から「ハニーステッキ」。
ライ麦のカンパーニュ生地にクルミをトッピングし、地元上田の「太田さんのはちみつ」をかけて焼いたものです。
アカシアの花から採ったこのはちみつは、さっぱりとして切れのある甘味が特長。
サクサクのカンパーニュ、香ばしいクルミとの相性もバツグンの仕上がりです。
金色に輝く「太田さんのはちみつ」の瓶を眺めているうちに、
「きっとうちでも食べたくなるだろうなぁ・・・」と、ひと瓶購入。
以来、トーストにホットケーキに、たっぷりと(浸み浸みになるほど)つけていただいております。
おかげで瓶の残りは既に半分。
近いうちにまた行かなくちゃです。^^;
[PR]
by sanzokuame | 2010-09-15 19:22 | ベツバラ