「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:●●●●-( 21 )

福島屋の焼きまんじゅう

b0011185_17591350.jpg
群馬県内、数多ある焼きまんじゅう店のなかでも、そのオリジナリティと一歩抜きん出た美味しさで知られるのがこちら。
以前より食指を伸ばしていたお店ですが、ようやく訪ねることができました。
焼きまんじゅうの一番美味しい食べ方は、やはり熱々の焼き立てをその場で。
店内片隅にある小さな焼き場でのご主人の仕事ぶりを見ながらは、焼き上がりを待ちます。
注文を受ける度に熾きの炭をうちわで扇ぎ、素まんじゅうを火にかざすのは、ほんの短い間。
焼きあがったまんじゅうにささっとタレを塗り、あっという間にできあがり。
タレを塗ったまんじゅうを再び焼き直さないのも福島屋仕様のようです。
創業以来、一世紀続くその秘伝は、もち米と米麹で作った特製の「どぶろく」。
どぶろくで小麦粉をこねて作ったまんじゅうは、芳醇な糀の香りとモチモチの食感が特長。
黒糖の酸味を微かに感じる、ゆるめのタレもまた他にはない味わいです。
昭和がそのまま現代に残る店構えも魅力のひとつの福島屋。
多くのリピーターに愛される、魅惑の焼きまんじゅう屋です。

福島屋 焼まんじゅう店
伊勢崎市境747-1
℡:0270-74-5632
休:月曜

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-04-04 18:26 | ●●●●-

山猫庵の焼きまんじゅう

b0011185_16123914.jpg
室田の信号からR406を倉渕に向かい、瀧不動を過ぎてまもなく。
左手に見えてくるのは、薪ストーブの煙突が伸びた三角屋根。
屋号の由来は、宮沢賢治ファンであればピンとくる『どんぐりと山猫』。
そのひとりである店主が特に好きだという同作品から名付けたものです。
オープンは昨年の四月、店主が小学校教諭退職を機に長年の夢を叶えたお店ですが・・・
実は我が子の恩師であったりします。
先日の上毛新聞の記事で初めて知り、この週末さっそく家族でご挨拶に。
店に入るなり我が子を見て「あれ?どっかで見たことのある顔だと思ったら(笑)」。
しばし想い出談議と近況報告に花が咲き、楽しいひと時となりました。
直前に蒸かし直してから焼き上げる焼きまんじゅうは、ふわふわの柔らかさ。
大ぶりのあん入りは食べ応えのある一本です。
懐かしい味噌だれの香りが漂う居心地の良い空間。
そこは既に多くの教え子が通う小さな“教室”になっているようです。

山猫庵
高崎市上室田町1276-1
℡:090-5789-1459
土日のみ営業

More
[PR]
by sanzokuame | 2011-02-28 16:25 | ●●●●-

若林堂本店のコロ焼まんじゅう

b0011185_162977.jpg
上州名物、焼きまんじゅう。
言わずと知れた群馬のソウルフードですが、少々難があるのも事実です。
それは、食べる際にどうしても口の周りに味噌ダレがついてしまうということ。
上州の男衆にとっては「わっきゃねーよ」ですが、女性にとっては決してスマートに食べられるものではないでしょう。

女性や子どもにも手軽に焼きまんじゅうを味わってもらいたい。

そんな発想で生まれたのが、榛東村のふるさと公園で売られる「コロ焼まんじゅう」(1串60円、あん入り100円)。
姿かたちはそのままに、串団子の大きさにサイズダウンしてあります。
さっそく実食してみると・・・本来のフワフワした生地とは違い、しっとりモチモチとした食感。
小さいながらも満足感を得られる焼きまんじゅうに仕上がっています。
焦げた味噌ダレも香ばしく、二本、三本とあとを引く焼きまんじゅう。
ついつい大人買いしたくなるのは必然かも知れません。^^
スナック感覚で食べることのできる進化系焼きまんじゅう、ぜひおためしを。

若林堂本店

More
[PR]
by sanzokuame | 2010-08-22 15:52 | ●●●●-

湖池屋ポテトチップス 上州焼きまんじゅう味

b0011185_2017416.jpg
群馬の人々からこよなく愛されている名物と言えば「焼きまんじゅう」。「焼きまんじゅう」と言えば「原嶋屋総本家」。全国でもっともコイケヤ ポテトチップスを食べている群馬の人々へ、夢のコラボが実現!原嶋屋総本家監修の「焼きまんじゅう味」のポテトチップスが誕生しました。独特のこうばしい香りと甘い味噌の味は、誰もが納得する美味しさに仕上がりました。 (パッケージ裏書より)

ついに湖池屋から登場!焼きまんじゅう味のポテトチップス。
しかも、原嶋屋総本家監修という折り紙つき。
焼きまんじゅうフリーク、そして全国一コイケヤ ポテトチップスを食べている群馬県人(へぇ)の一人であれば速攻飛びつきます。^^

どれどれ~ どれどれ~
「まんま焼きまんじゅう!」というほどではありませんが、今まで出会った焼きまんじゅう味のスナックの中では、最も近い味を再現しているように思います。
ちょっと甘めの味付けは・・・そう、フリアンのみそパンのほうがより近いかも。
ま、味覚には個人差がありますので、群馬賢人ならばぜひ自分の舌でお試しを。
ちなみのスーパーフレッ○イで売ってましたよ。
[PR]
by sanzokuame | 2010-06-25 21:06 | ●●●●-

麻布十番で焼きまんじゅう!

b0011185_12253583.jpg
群馬県人の群馬県人による群馬県人のための群馬郷土料理店。
そんなお店が東京のド真ん中、麻布十番と白金高輪にあったりします。
誘っていただいたのは、もちろん群馬都民である秋葉原行商人さんです。
麻布十番の駅から歩いてすぐ、店のドアはまるで群馬へいざなう「どこでもドア」なのでした。
BGMは由紀さおりに始まって、BOØWYに井森にTo Be Continuedなどなどエンドレス。
店内の壁には上毛かるたの絵札が描かれ、高崎だるまや「グラフぐんま」まで置いてあります。
群馬な野菜、群馬なお肉に合わせるのは、もちろん群馬なお酒。
漬物なんてJA沢田っていうからもう涙もんです。
最後はもちろん焼きまんじゅうで〆て、お土産に「旅がらす」までいただいて。
もう至るところツボだらけのお店です。^^
酔いが回ると、ここが東京であることなどすっかり忘れてしまうほど、
都会に疲れた群馬県人の心をそっと癒してくれますよ。

P.S. 今夜のケンミンSHOWにも登場します。

このむ
[PR]
by sanzokuame | 2009-10-01 12:40 | ●●●●-

大量生産

b0011185_11454059.jpg
先日の新町ふるさと祭りにて。
この時に勝る大量の焼きまんじゅうに遭遇。
盆踊りの婦人会からでも大量発注が入ったのでしょうか?
やっぱり群馬のソウルフードなんだなぁ。
[PR]
by sanzokuame | 2009-08-22 11:52 | ●●●●-

ホブソンズのみそクレープ

b0011185_17291211.jpg
先日ネットで知ったこの存在。
クレープも焼きまんじゅうと同じ粉モン、まぁ間違いないだろうとイオン高崎のホブソンズを取材してきました。
3Fピクニックコートの一角、店頭にはドーン!と張り紙が。
「上州の味!!みそクレープ 焼きまんじゅう味噌とクレープのコラボ」
焼きまんじゅうも“コラボ”する時代がやってきたんですね。^^
スタッフのオネイサンに許可を取って、その“製造過程”を撮らせていただきました。
ご覧の通り、トッピングされるのは味噌ダレONLY。(¥280ですしね)
逆にその潔さに拍手です。
(と言いつつ、バナナと生クリームも入れたら・・・想像は尽きません。)
「味噌ダレはオリジナル?」と聞いてみると、「ハイ、うちのスタッフの自家製なんですよ」。
ホブソンズ本部も認めたものかどうかは判りませんが、郷土の味を活かしたオリジナルメニューを
提供するその姿勢は賞賛に値しますね。
さてさて、ではいただきます♪

 ・・・・・

上州の皆さん、想像通りの味です。^^
幾分ゆる目の甘~い味噌ダレが温かいクレープ生地にじんわりと。
間違いなく焼きまんじゅうの味を確認できます。
しかし、如何せん味噌ダレだけの具ナシなので、パクパクパクとあっという間に完食。
ボリューム的な物足りなさは否めませんが、美味しくいただきました。
(2枚・・・いや、3枚はイケるかな?)

※ ちなみにイオン高崎店のみの販売だそうです。
[PR]
by sanzokuame | 2009-06-10 17:50 | ●●●●-

群馬限定 焼き味噌まんじゅう(風味)ドロップス

b0011185_19395590.jpg
久々の●●●●-ネタ。
「焼きまんじゅう」の文字には人一倍敏感な私です。
ネットでこんな珍品が沼田に存在するのを知ったので早速入手しました。
「味噌まんじゅう」とあるのは沼田ならではですね。
郷土の伝統食をドロップに変貌させたその商品企画力、
そして、味噌の香ばしさが伝わるパッケージ(アンなしとアン入りの2本ですね)、天晴れです。

で、実食 ・・・

「うんうん、焼きまんじゅう!」を期待していたのですが・・・
微妙かな。^^;
ま、商品名に(風味)って謳ってますしね。
昔懐かしい味噌飴のような、麦飴のような・・・
いずれにせよ素朴な味です。
(個人の感想ですので何卒ご了承ください。)
 
今回は沼田IC近くの太助庵さんにて入手。
沼田近辺であれば他のドライブイン、土産処などでも販売しているかも知れません。
焼きまんじゅうフリークな貴方はぜひともお試しを。^^
[PR]
by sanzokuame | 2009-05-19 20:23 | ●●●●-

Baronの焼きまんじゅうジェラート

b0011185_12424477.jpg
久々の●●●●-カテに、こんな変化球を。
県立図書館と県民会館に挟まれた道のどんつきにあるBaronさん。
お目当ては昨年9月の販売開始以来、各メディア、口コミで話題となっている「焼きまんじゅうジェラート」。
昨年来、既に県内多くのブロガーさんにも紹介されていますね。
この焼きまんじゅうジェラートは、塩味を効かせたミルクジェラートに、焼きまんじゅうの味噌だれをマーブル状に練り込んだもの。
味噌だれには同じ若宮町の焼きまんじゅう屋・田中屋さんの秘伝のたれを使っているそうです。
一見、ベースのミルクジェラートに比べ味噌だれの分量がかなり少なめに見えますが、ひと口食べれば、
しっかりと焼きまんじゅうの味が伝わってきます。
それだけ味噌だれが‘濃いぃ’ということなんでしょう。
ジェラートのさっぱり感と、焼きまんじゅうの濃厚な味わい。
相反するその両方が絶妙なバランスで成り立っています。
ありそうでなかったこの一品、店主さまの発想とひらめき、天晴です。

イタリアンジェラート Baron
前橋市若宮町1-13-23
℡:027-233-6793
営:10:00-19:00
休:月曜
[PR]
by sanzokuame | 2008-05-27 13:41 | ●●●●-

スケッチブックの●●●●-

b0011185_1524115.jpg
日曜日、新書や雑誌に埋もれてきた本棚を整理していると、一冊のはがき大のスケッチブックが出てきました。
それは10年ほど前、水彩色鉛筆に凝り、あちこち出掛けてはスケッチしていたもの。
ページをめくると、山や神社仏閣など、今と変わらぬ被写体が多い中、こんな一枚も。
「この当時からだったのか・・・」と、思わず自分で笑っちゃいました。
ちなみにこの出店は榛名町室田の金比羅神社、春の例祭でのひとコマ。
小学5年生チックな絵がなんともこっ恥ずかしいのですが、晩酌の「桂川」に酔った勢いでUPです。^^
(朝起きたら消すかも知れませんが・・・)
[PR]
by sanzokuame | 2007-01-30 02:25 | ●●●●-