田能久でランチ! 父と子の巻

b0011185_241537.jpg
三連休初日。
朝から天気もいいので、チビどもを連れて父親稼業。
昼前に向かったのは、高崎の観音山ファミリーパーク
自宅からも比較的近い広大な芝生の公園。
サッカーにキャッチボール、バドミントンなど、思いっきり遊べる公園なので何かと重宝しています。
そんな公園に行く前に、まずは腹ごしらえ。
高崎、そして観音山でランチとなれば、田能久さんちに決まりです。 

聞こえてきます。「本当の目的はこっちなんじゃないの?」

田能久デビューの子供たちには定番のハンバーグを薦め、お父ちゃんは未食メニューのなかからポテトのコロッケをチョイス。
サクサクのコロッケをストンとナイフで割った断面は、粗くつぶした男爵と挽肉の織り成すジグソー模様。
コク深いソースに絡めて口に頬張ったコロッケは、ホロリと崩れ、どこか懐かしい味わいがフワッと広がります。
ランチのミニコース、この日の前菜はキラキラと輝く生ハムのサラダ
シャキシャキの生野菜と、塩梅が絶妙な生ハム。
特製のドレッシングが素材本来の美味しさを引き立てます。
デザートに選んだトマトのコンポートは、まるでフルーツのようなさっぱりとした甘さ。
何度足を運んでも、ちょっとしたサプライズで楽しませてくれる田能久さん。
「さて、次は何にしよう?」と、ごちそうさまの瞬間からまた頭を悩ませるお店なのです。



b0011185_243364.jpg
b0011185_24481.jpg
b0011185_25157.jpg
b0011185_251345.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2008-09-18 17:33 | 食してナンボ


<< 今こそ Ever Onward! 東京夜景 >>