尾瀬ごはん

b0011185_2151735.jpg
尾瀬の続きを。
山小屋での何よりの楽しみ。
(「山小屋に限ったことじゃ・・・」と、あちこちから聞こえてきそうですが・・・)
基本的に‘歩荷さん’頼みの尾瀬の物流システム。
そんな場所でおひつに入ったホカホカのご飯とたくさんの料理、そればかりか新鮮な生野菜まで。
歩荷さん、山小屋のスタッフの心からのおもてなしに感謝感謝です。



b0011185_21513442.jpg
【夕食】ジャガイモの天ぷら、かき揚げ、トマト、はっとう(※)、ヒレカツ、メンチカツ、コゴミの胡麻和え、キュウリの漬物、うどんサラダ
b0011185_2152289.jpg
【朝食】玉子焼き、焼き海苔、しゃけの塩焼き、漬物、ひじき、大豆の塩茹で


(※) ‘はっとう’は福島県桧枝岐村の郷土料理。そば粉を練って延ばしたものを茹で、荏胡麻(えごま)味噌で和えたもの。モチモチとした食感とほんのり甘い味わいが特長の‘そばスイーツ’です。その昔、村を訪ねた殿様が村人の作ったこの料理を食べ、そのあまりの美味しさに驚き「こんな贅沢なものは祝いや祭りの日以外は食べてはならぬ」と‘ご法度’が出されたことからその名が付いたそうです。
[PR]
by sanzokuame | 2008-08-27 23:27 | 食してナンボ


<< 花咲の湯 昔のきゅうりの漬物 雨の万灯会 >>