初秋の尾瀬ヶ原

b0011185_0493870.jpg
水芭蕉咲き誇る6月以来、2ヵ月半ぶりの尾瀬ヶ原。今回は、お盆の土日を使い、家族全員での山小屋1泊の山行。4年前にも一家で同じ鳩待峠からのルートで尾瀬ヶ原に降り立ったことがあるが、まだ子供が小さかったゆえ、山ノ鼻の研究見本園をグルッと一周しただけの超入門編。(幼稚園の年中だった一番下の子は、そのほとんどを私の「背負子」に座っていただけのラクチンツアー・・・) 尾瀬ヶ原の核心部へ子供らが足を踏み入れるのは実質、これが初めて。今回のコースは、鳩待峠から山ノ鼻に下り、尾瀬ヶ原を縦断して燧ケ岳の麓である見晴で一泊。翌日は東電小屋を回り、再び山ノ鼻から鳩待峠に戻る、トータル20kmほどの長丁場。小まめに休憩を入れた余裕をもったスケジュールを立て、土曜の夜明け前に自宅を出発。天気予報には傘マークがつき、鳩待峠までのバスが発着する戸倉(マイカー規制中、車を乗り入れられるのはここまで)はいつ降ってきてもおかしくない空模様。もちろんザックの底にカッパを詰め込みながらも、「できることならなんとかもってくれ・・・」と祈りながらのバスに乗り込む。そんな思いが天に通じたのか、鳩待峠からの坂道を下っているうちに空は明るくなり、至仏山の上空には雲の合間に青空も。1時間ほどで着いた山ノ鼻は、時折涼しい風が頬をなで、暑くも寒くもない絶好の尾瀬日和。さて、いよいよ広大な草の原へ。木道を進むうちに大自然の懐深くに包まれていく感覚。どんな思いでその小さな一歩一歩を踏みしめているのか、我が子らの心情を推し量りながらさらに奥へと。ミヤマワレモコウ、コオニユリ、サワギキョウ、オゼミズギク、オゼヌマアザミ、ヒツジグサ、イワツバメ、アキアカネ、アブラハヤ、アカハライモリ、ヤマカガシ(!)・・・。出合う花、虫、動物のひとつひとつに足を止め、その名を訊ねる子らにできうる限りに答えながら。牛首のベンチで至仏と燧を眺めながら母親お手製の弁当を広げる。そして、さらに尾瀬の奥深くまで。「疲れた~」、「足が痛い~」といつ言い出すか?そんな親の心配など杞憂に終わり、予定よりかなり早く見晴の山小屋に到着。その到着を待っていたかのように大粒の雨が降り出す。天の計らいに感謝。通されたのは尾瀬ヶ原を目の前に望む2階の角部屋。TVは無く、携帯ももちろん圏外。俗世とは完全に隔離された雲上の宿での一夜の始まり。山小屋とは思えないほどの立派な風呂で汗と疲れを流したら、今日一番の楽しみ、心温まる夕食に舌鼓を打つ。その後は皆で今日一日を振り返りながらゆっくりと過ぎてゆく夜を堪能。21時には早々に床に就き、明日に備える。雨は一晩中降り続いた。鳥のさえずりに起こされたのは5時前。雨は上がり、カメラ片手に小屋の周りを散策。朝霧に包まれた白い世界にしばし身を預ける。6時には朝食をいただき、頼んでおいた昼の弁当をザックに詰め込んだら2日目のスタート。昨日の疲れなど微塵もなく、軽やかな足取りで距離を稼ぐ。ゴールに迫るほどに名残惜しくなる気持ちを抑えながら。山ノ鼻で広げた弁当をパワーに鳩待峠への登りに最後の汗をかく。非日常の別天地で過ごした2日間。何よりも自分の足だけで為し終えた子供たちの成長に心の中で拍手。 



b0011185_052443.jpg
b0011185_0522266.jpg
b0011185_0524723.jpg
b0011185_0531457.jpg
b0011185_0533498.jpg
b0011185_0535599.jpg
b0011185_0541938.jpg
b0011185_0543827.jpg
b0011185_0545882.jpg
b0011185_0552081.jpg
b0011185_0554498.jpg
b0011185_056436.jpg
b0011185_0562438.jpg
b0011185_0564353.jpg
b0011185_057336.jpg
b0011185_0572319.jpg
b0011185_0574234.jpg
b0011185_058291.jpg
b0011185_1239018.jpg
b0011185_0593548.jpg
b0011185_101731.jpg
b0011185_103845.jpg
b0011185_11210.jpg
b0011185_112593.jpg
b0011185_115239.jpg
b0011185_12239.jpg
b0011185_125424.jpg
b0011185_131525.jpg
b0011185_133838.jpg
b0011185_14170.jpg
b0011185_155752.jpg
b0011185_161959.jpg
b0011185_164660.jpg
b0011185_174732.jpg
b0011185_1113286.jpg
b0011185_112499.jpg
b0011185_1131060.jpg
b0011185_1133551.jpg
b0011185_12335444.jpg
b0011185_12343851.jpg
b0011185_20482410.jpg
b0011185_2050979.jpg
b0011185_20504525.jpg
b0011185_2051515.jpg
b0011185_20512112.jpg
b0011185_20513743.jpg
b0011185_20515453.jpg
b0011185_20521160.jpg
b0011185_20522788.jpg
b0011185_2052437.jpg
b0011185_2053121.jpg
b0011185_20535320.jpg
b0011185_20541627.jpg
b0011185_2054348.jpg
b0011185_20545316.jpg
b0011185_20551010.jpg
b0011185_20552859.jpg
b0011185_20554418.jpg
b0011185_2056269.jpg
b0011185_20562150.jpg
b0011185_20563995.jpg
b0011185_20565829.jpg
b0011185_2057162.jpg
b0011185_20573245.jpg
b0011185_20575254.jpg
b0011185_20581816.jpg
b0011185_20583755.jpg
b0011185_20585481.jpg
b0011185_20591424.jpg
b0011185_20593555.jpg
b0011185_20595727.jpg
b0011185_2101623.jpg
b0011185_2103634.jpg
b0011185_2105728.jpg
b0011185_2122048.jpg
b0011185_2132062.jpg
b0011185_2141273.jpg
b0011185_215249.jpg
b0011185_2153496.jpg
b0011185_216285.jpg
b0011185_2162819.jpg
b0011185_2165336.jpg
2008.8.16(土) 天候:曇りのち雨
 行程:8:30 鳩待峠→山ノ鼻→牛首→竜宮十字路→見晴・弥四郎小屋 13:40
 歩行距離:9.1km
 歩行歩数:16,599歩

2008.8.17(日) 天候:曇りときどき雨
 行程:7:45 見晴→赤田代分岐→東電小屋→ヨッピ橋→牛首→山ノ鼻→鳩待峠 13:20   
 歩行距離:10.5km
 歩行歩数:18,856歩
[PR]
by sanzokuame | 2008-08-22 00:08 | 彼方此方にて


<< 雨の万灯会 観音様と百日紅 >>