初めての全開放水!

b0011185_8171918.jpg
上毛かるた「り」の札にも描かれる下久保ダムで21日、常用・非常用、計四つの放流ゲート全てを開いた放水が行われました。
今年4、5月に例年を大きく上回る降水があったダム上流域。
今回の放水は、99%まで迫った貯水率を下げるのと非常用ゲートの点検が目的だそうです。
高さ約100メートルのゲートからは毎秒30~40トンの水が勢いよく吐き出され、急斜面を白い帯となって流れ下っていました。
四つの全てのゲートが開かれるのは、1968年のダム開業以来初めて。
(40年目で初めてってスゴイですよねぇ。)
小雨の降るあいにくの天気でしたが、この珍しい全開放水を一目見ようと、放水開始の午前十時に集まった10人ほどの見学者は、
その壮観な光景にしばし見入っていました。
全ゲートの放流は22日も午前十時から午後三時の間、行われます。

>行ってみようかなという方へ
雨だけでなく、放水からの水しぶきもかかりますのでカッパ持参をお勧めしますよ。



b0011185_8175976.jpg
b0011185_818202.jpg
b0011185_8183491.jpg
b0011185_8185342.jpg
b0011185_8191389.jpg
ダム萌え~( ´Α`)

でもって、動画もです。

[PR]
by sanzokuame | 2008-06-22 09:22 | 彼方此方にて


<< 瑞穂の国 そんなに嫌いですか? >>