三谷製糖 羽根さぬき本舗の茶毬

b0011185_22173792.jpg
先週末、高崎タカシマヤで開催されていた「グルメのための味百選」にて。

塩・綿と並び、「讃岐三白」のひとつとして全国に知られる和三盆。
サトウキビの汁を煮詰めて作った白下糖に、「みつ抜き」と「研ぎ」という手作業を五日間繰り返して仕上げる究極の砂糖。
江戸の古来より変わらぬ製法で伝えられる和三盆は、まろやかな自然の甘さと、すっきりした後味が特徴。

「茶毬」は直径15mmほどの和三盆の玉に抹茶をまぶしたもの。
濃厚な抹茶の香りとほろ苦さが口いっぱいに拡がった後は、とろんとした柔らかな甘味が舌の上で溶け始める。
一片の雪のように、淡く儚いお菓子です。

三谷製糖 羽根さぬき本舗
[PR]
by sanzokuame | 2008-01-15 12:35 | ベツバラ


<< 蝋梅の咲く頃 NREたかべんの肉うどん >>