群馬藤岡駅より北を望む

b0011185_610919.jpg
藤岡市への鉄路の玄関口。
1931年(昭和6年)7月1日、国鉄八高線の児玉~倉賀野間の開通と同時に開業。
駅名に「群馬」の文字を冠しているのは、東武鉄道日光線の藤岡駅が先(1929年4月1日)に開業していたため。
主に高崎方面への通勤・通学や、休日に高崎へ出掛ける中高生の足として使われています。
かくいう私も、高崎にBIBIやオリオン座があった頃には月に何度も利用した駅です。

写真は駅を跨ぐ自由通路の上から。
北へ真っ直ぐ伸びる線路のかなたに見えるのはもちろん赤城山。
昨日は平年より3日早い初冠雪。
いよいよ骨身にしみる空っ風の季節です。
[PR]
by sanzokuame | 2007-11-20 12:35 | プルーンとレバーの為せる業


<< 初冬の夕暮れ 阿左美冷蔵のあずきプリン >>