立科町 諏訪神社例祭

b0011185_103552.jpg
お隣信州は立科町宇山にある諏訪神社にて。
先月24日、松本でのシエナ・ウインド・オーケストラのコンサートの帰り道、
稲刈りを終えたばかりの田んぼの中に提灯飾りを見つけ、ちょっと寄り道。
ひとっ子ひとり通らない夕闇の田んぼ道で、幻想的な明かりが夜風に揺れていました。
境内に掲げられた棟札には小諸藩主牧野家の名もあり、戦国乱世には武運長久の軍神として崇め奉られた神社。
宇山地区の鎮守の森でもあるこの神社では、毎年の9月26日、27日に例祭が行われ、その前に飾られたもののようです。
石造りの鳥居から本堂までの参道には、教えの書かれた雪洞がずらり。

知恵は使っても減らない宝である
(あとは忘れましたが・・・)

そのひとつひとつがグサッ!と心に突き刺さる、有り難いお言葉ばかりでした。
知恵こそ使ってナンボ、「食して」ばっかじゃダメなんだよなぁ・・・ ^^;



b0011185_105856.jpg
b0011185_112842.jpg
b0011185_114543.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2007-10-05 16:32 | 日本のカタチ


<< 2時間40分24秒後の結末 アルルのオペラ >>