麺処 みどり

b0011185_091767.jpg
この夏、みどり市(旧大間々町)から高崎に移転オープンした名店。
遅ればせながら、今回初めて訪ねてみました。
選んだのは味玉らーめん(塩)の全粒粉入り細麺。
丼の中に絶妙なバランスで配されるのは味玉、チャーシュー、メンマ、三つ葉、葱、そして糸唐辛子。
さながら丸いキャンバスに描かれた一幅の絵画のようです。
下に控える全粒粉入り細麺の食感は、まるで日本蕎麦のよう。
もちろん小麦と蕎麦の違いはあるのですが、一瞬せきざわの鴨南が頭をよぎりました。
豚・鶏ガラベースに魚介ダシをプラスしたスープは、コクがありつつのサッパリ系。
麺と麺の隙間に、そして麺の表面にもスープをよく含む全粒粉入り細麺との相性もなかなかです。
味はもちろん、それ以前に素晴らしいのは厨房・客席の清潔さと、店主の丁寧ながらも手際の良い仕事振り。
暖簾をくぐってから「ごちそうさま」と再び暖簾をくぐるまでの、ほんのひととき。
その居心地の良さも、多くの人を集める理由の一つのようです。

高崎市筑縄町10-23
℡:027-364-0155
営:11:30-14:30(塩らーめん専門)、18:00-21:00(醤油らーめん専門)
   昼夜ともスープが終わり次第終了
休:月曜
[PR]
by sanzokuame | 2007-09-10 12:57 | 食してナンボ


<< しらさぎの里 萩の季節 >>