頓珍館のとんちんめん

b0011185_17203390.jpg
JR小海線、中込駅前にあるラーメンととんかつの店。
望月の榊祭りへの腹ごしらえにと、初めて寄ってみた。
目当ては雑誌で知った、ここの看板メニュー「とんちんめん」。
概して言えばチャーシューメンなのだろうが、そのチャーシューが只のチャーシューではない。
厚みがありながらも箸でスッとほぐれるほどに柔らく、口に含めばあっという間に蕩けてなくなる。
店主のあみ出したその製法は、なんと特許を取得しているのだそうだ。
チャーシュー、麺とも、気前良く盛られているのは、そんな店主の心意気だろう。
丼に張られる琥珀色のスープは、昔懐かしい鶏がらベースの醤油味。
上州人の私でありながら、少し濃い目に感じるのは、佐久平の冬の寒さがさせたものだろうか。
夏の盛りより、空を舞う風花に凍えながら訪ねたい店である。

b0011185_17205896.jpgb0011185_17211119.jpgb0011185_17212666.jpg
頓珍館
長野県佐久市中込1-22-9 
℡:0267-62-0391
営:11:30-20:30
休:火曜、隔週月曜
[PR]
by sanzokuame | 2007-08-22 17:58 | 食してナンボ


<< いろは堂のおやき サイアムのトムヤンラーメン >>