信州水紀行 2007夏

b0011185_1144553.jpg
毎年恒例、夏のファミリーキャンプ。今年は信州・白馬にて2泊3日のテント旅となりました。上信越道・佐久IC~R254~三才山トンネル越えで向かった初日は、安曇野の大王わさび農場国営アルプスあづみの公園でのんびり遊び、14時過ぎに白馬村へ北上。今回泊まった岩岳オートキャンプ場はスキー場の駐車場を利用したもの。10区画ほどの小さなキャンプ場に、今どきの充実した設備はありませんが、1区画一泊わずか¥1,500(人数に関係なく)という低価格と、「岩岳の湯」なる天然温泉がキャンプ場に隣接しているのは、かなりのオススメです。さて、子供達も年々大きくなってくると、腕力だけでなく自主性にも成長がみられ、テントの設営やら調理にも有効な戦力となりつつあります。今年のテント設営に掛かった時間は恐らく過去最短。選挙の開票作業時間ではありませんが、来年はストップウオッチで計ってみようかななんて。1日目の夕飯は簡単にパスタで済ませ、みんなで空を見上げ天体ショーの始まりを待つことに。そう、この夜はペルセウス座流星群の極大出現です。新月で月の影響もなく、白馬山麓という高地。これ以上ない条件に、期待度120%で臨んだのですが、白馬岳から降りてくるのか、なかなか晴れない雲・雲・雲。時折覗かせる夜空の中、鮮やかな閃光を放ちながら流れる星を5、6個確認できましたが、夜がふけるにつれ雲は厚みを増し、やがて諦めとともに眠りにつきました。うーん、天候ばかりはどうしようもありませんね。残念。そして2日目の朝は気合を入れ直して6時に起床。今回の旅のメインイベント、八方尾根トレッキングのスタートです。1つのゴンドラと2つのリフトを乗り継ぐ八方アルペンラインを利用し、標高1,831mの第一ケルンから白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)を鏡のように写し出す標高2,060mの八方池までの約7kmは、可憐に咲く高山植物と北アルプスの大パノラマが美しいトレッキングコースです。片道1時間半の道のり、登山と言うほどの厳しさはないコースなのですが、余りに強い陽射しに少々バテ気味のお父ちゃん。子供らに「写真撮りながら行くから母ちゃんと先行ってろ」と、苦しい言い訳をすると「じゃ、先行ってんね♪」と軽い足取りでスタスタと遥か先に。体重の軽さほど登山に有効なものは無いなぁ~と、しみじみ実感いたしました・・・。ようやく着いた八方池からは、絶え間なく湧き上がる夏の雲に隠され、白馬三山の全容をなかなか見ることができませんでしたが、早めの昼食を食べ終え、そろそろ下山をしようという時に、ようやくその頂と雪渓を見せてくれました。その恐ろしいほどの高度感と、あまりに雄大なスケール感。さすが北アルプス、さすが3,000m級と、見るものを圧倒させます。また、ここ八方尾根はスカイスポーツのメッカでもあり、登山道沿いの谷間では色とりどりのパラグライダーとハンググライダーが乱舞。「衝突しないのか?」と心配になるくらいの数が、八方尾根の上昇気流を捕まえていました。ファインダー越しにその姿を見ていると、まるで自分も浮遊しているかのような擬似体験。「えっ?」と、自分の足がしっかり地面についていることを確認して、涼しい風に吹かれながら山を後にしました。キャンプ場への帰り道では白馬三山を眼前に望む松川の河原で水遊び。痺れるほどの冷たさの清流で、登山で火照った身体もあっという間にクールダウン。子供らは水着に着替え、大きな岩の上の流れを見つけて天然のウォータースライダー三昧。やはり遊ぶことにかけては子供には敵いませんね。最終日は大出の吊橋から望む白馬三山に最後の別れを告げ、鬼無里~長野市経由でのんびりと家路に。撮り溜めた写真をこうして整理してみると、安曇野・白馬は、なんとも水に恵まれた土地なんだなぁと実感します。記録的な酷暑の折、これらの写真を見て少しでも体感温度を下げられたのなら、これ幸いです。^^



b0011185_11451153.jpg
b0011185_11452841.jpg
b0011185_1145433.jpg
b0011185_11455776.jpg
b0011185_11461022.jpg
b0011185_11462571.jpg
b0011185_11464114.jpg
b0011185_11465777.jpg
b0011185_1147935.jpg
b0011185_11472124.jpg
b0011185_11473447.jpg
b0011185_11474635.jpg
b0011185_1148483.jpg
b0011185_1149331.jpg
b0011185_11491730.jpg
b0011185_11492938.jpg
b0011185_11504354.jpg
b0011185_1150556.jpg
b0011185_1151949.jpg
b0011185_11512389.jpg
b0011185_11514288.jpg
b0011185_11515571.jpg
b0011185_1152842.jpg
b0011185_11522019.jpg
b0011185_11523044.jpg
b0011185_11524659.jpg
b0011185_1153561.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2007-08-17 13:26 | 彼方此方にて


<< 信州の奇祭 榊祭り ~望月宿~ 4度目の火とぼし >>