アミラの店のダノワーズ4種

b0011185_085895.jpg
フランスパンで有名なビゴの店で修行を積んだイラン出身のオーナーが6年前にオープンしたお店。前々から美味しいとの噂をネットや口コミで聞いていましたが、訪ねたのは今回が初めてとなりました。「パン屋は11時に行け!」の掟(私だけが言ってます ^^)に従い、高校野球観戦での昼食にと訪ねてみると、やはりその掟に間違いはなく、店内の棚にはここのオールスターキャストがほぼ出揃った状態。ハード系・バケット・食事パンから惣菜パン・デニッシュ・焼き菓子まで、目移りするほど豊富な品揃えです。その多くはまだチリチリと「放熱」をしており、顔の高さの棚に並ぶ食パンからは頬に温かみが伝わってくるほど。中にはニッポンのパン屋では見られない形や生地のものもあり、どこか異国の雰囲気も感じさせます。どのパンもオススメなのでしょうが、今回紹介したいのは、フロア中央のテーブルでひと際光っていたダノワーズ(=デニッシュ)系。洋梨を模ったダノワーズの舟にスライスした洋梨がたっぷり乗せられたダノワーズポワール。サイコロ状の大きくカットされたマンゴーがピラミッドを作るダノワーズマンゴー。大粒のダークチェリーが艶々と光るダノワーズダークチェリー。いずれもフレンチコース料理の最後の一皿に出てきても良さそうな、デザート然とした品々。サクサクのダノワーズ生地とフレッシュなフルーツ、底に隠れたカスタードクリームとの取り合わせが絶妙です。そして最後に写るのは、ダノワーズヌスマッセ。ダノワーズ生地のカップの中にヌスマッセ(クラッシュしたクルミとアーモンドにスポンジ、卵、牛乳を混ぜたペースト)がひと盛り入っています。前出のフルーツ3種に比べれば地味としか言いようのないフォルムですが、個人的に一番気に入ったのがこれ。ナッツの香ばしさとコクのある甘さ、シナモンの香りも僅かにつけられたヌスマッセ。うーん、クセになりそう・・・いや、もう、なってます。



b0011185_091691.jpg
b0011185_092810.jpg
b0011185_095934.jpg
b0011185_055462.jpg
アミラの店
[PR]
by sanzokuame | 2007-07-24 13:15 | ベツバラ


<< ハリネズミな猫 白球を追いかけて >>