信濃国一之宮 諏訪大社

b0011185_22512279.jpg
怒涛の松本記事はこれくらいにしておいて。
時間は前後しますが、アルウィン詣での前に寄ったのが諏訪湖の畔。
藤岡を朝6時に出発、佐久~望月~笠取峠~和田峠と中山道を走り、辿り着いたのは諏訪大社の下社秋宮。
上社本宮、上社前宮、下社春宮と併せ、諏訪湖の南北に2社ずつ、計4社からなる諏訪大社は、全国に1万余りを数える諏訪神社の総本社です。
農耕の神として、そして武田信玄をはじめ、多くの武将たちが戦勝祈願したように戦いの神としての信仰も厚いお諏訪さま。
シンボルでもある大注連縄の下でザスパの勝利を願い、神楽殿裏手の幣拝殿の四隅に立つ御柱を拝見。
昨夜来のそぼ降る雨にしっとりと濡れた早朝の境内は、まだ訪ねる人もまばらで、心静まる霊験あらたかな雰囲気でした。
ひょっとして、お賽銭を20円とケチったのが敗戦の理由だったのでしょうか・・・



b0011185_22513432.jpg
b0011185_22514683.jpg
b0011185_2252896.jpg
b0011185_22521814.jpg
b0011185_22523034.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2007-05-26 00:03 | 日本のカタチ


<< 新鶴本店の塩羊羹 もう3度目のマサムラのベビーシ... >>