世界でひとつだけのクリスマスケーキ

b0011185_21262089.jpg
毎年のように店を変えては色々なクリスマスケーキを楽しんできた我が家。
さて、今年はどうしようか?と思っていましたが、上の娘が「うちで作ってみたい」との提案。
24日の午後、我が家のキッチンは小さなパティシエールに占拠され、市販のスポンジと生クリームを使い、
悪戦苦闘の末に出来上がったのがコレです。

瑞々し過ぎる缶詰のみかん・・・
生クリームの滑らかさをこれでもかと邪魔するアポロチョコの歯応え・・・

見事なまでの小学生クオリティですが、口に入れてしまえばそこいらのケーキ屋さんと遜色のない美味しさでした。(親の欲目含む^^)
ま、スポンジも出来合いのものなんで、単に‘組み立てた’だけなんですけどね。
ただ、感心したのはチョコ、ナッツ、多くのフルーツなど、ありがちなトッピング祭りに走らなかったこと。
シンプルな作りはケーキ本来の味わいを十二分に楽しめました。

こんなクリスマスも一緒に居られるうちだけなんだなぁ・・・と、何故かアポロチョコがほろ苦く感じたイブの夜なのでした。
[PR]
by sanzokuame | 2006-12-25 22:25 | ベツバラ


<< 島岡酒造の「初しぼり」 花めくすず音 >>