奥日光逍遥6時間

b0011185_20273959.jpg
戦場ヶ原  ~三本松

b0011185_20275444.jpg
落葉松林越しの男体山  ~赤沼

b0011185_2028895.jpg
透過光  赤沼~石楠花橋

b0011185_20281915.jpg
竜頭の滝 

b0011185_2028316.jpg
竜頭の滝

b0011185_20284278.jpg
ニホンジカ母子  ~小田代歩道

b0011185_20285541.jpg
ハウチワカエデ  ~小田代歩道

b0011185_2029657.jpg
ハウチワカエデ全景  ~小田代歩道

b0011185_20291618.jpg
牡鹿  ~戦場ヶ原展望台

b0011185_20292772.jpg
湖上山 ~小田代原

b0011185_20293790.jpg
(左から) 山王帽子山~太郎山~小真名子山~大真名子山  ~小田代原

b0011185_20294718.jpg
貴婦人  ~小田代原

b0011185_2030233.jpg
落葉松林 小田代原~泉門池

b0011185_20301330.jpg
冬近し  ~泉門池

b0011185_20302446.jpg
湯川  ~戦場ヶ原自然研究路

b0011185_20303612.jpg
草紅葉  ~戦場ヶ原自然研究路

b0011185_2030466.jpg
男体山  ~戦場ヶ原自然研究路

b0011185_20305624.jpg
赤沼への木道  ~戦場ヶ原自然研究路

b0011185_2031847.jpg
メギ(目木)の実  ~戦場ヶ原自然研究路

b0011185_203124100.jpg
(左から) 太郎山~小真名子山~大真名子山~そして私  ~戦場ヶ原自然研究路

b0011185_20314468.jpg
お見送り  ~戦場ヶ原自然研究路

そういえば今年はまだ本格的な登山やトレッキングをしていなかった我が家。
メタボ回避(緩和?)も兼ね、去年の浅間以来の「おにぎりの旅」に選んだのは奥日光エリア。
6:00到着、朝靄に包まれる戦場ヶ原をカメラに収めようと目論んでいたのですが、同時刻、家族は全員布団に包まれていました・・・。
私の枕元で確実に3:30にセットしてあったはずの目覚まし時計は、澄ました顔したOFFの状態。
世の中、不思議な現象も起こるモンです。

「ま、いっか」と、気を取り直して関越道を一路北に走り、沼田IC~金精峠経由で9:00に栃木県入り。
紅葉まっ盛りのこのシーズン、金精道路は既に渋滞気味のノロノロ運転が始まっていました。
湯ノ湖畔でひと息入れ、朝食のサンドイッチで大事なエネルギーを確保した後は本日のトレッキングのスタート地点である赤沼へ。
10:30、駐車場に車を入れ、まずは戦場ヶ原トレッキング前の足慣らしに奥日光を代表する紅葉スポットの見物に。
湯川に沿った落葉松林の散策路を下り、20分程で辿り着いたのは「竜頭の滝」。
湯ノ湖の湯滝、中禅寺湖の華厳ノ滝とならぶ奥日光の三大名瀑のひとつが赤や黄色に彩られる姿を期待しましたが、
残念ながらその殆どは既に見頃を終えた茶褐色。
それなりに何枚かシャッターを切った後は、お約束の「施無畏団子」を食べ、来た道を石楠花橋まで引き返し、
小田代歩道から小田代原を目指すことに。(「おいっ!エネルギー確保したべぇじゃねんきゃ?」にはスルーで)

時折吹く弱い風に、落葉松の葉がまるで黄色い粉雪のように降りそそぐ小田代歩道を歩き始めて間もなく、
「うわっ!」と大声を出したのは先頭を行く長女。
何事かと前を見ると、ほんの5m前に母子と思われるニホンジカが2頭。
人を見ても特に逃げるでもなく、それはまるで柵の無い動物園の距離。
鹿の子模様の消えかけた冬毛に身を包んだ母子は時折落ち葉を食みながら、やがてゆっくりと林の奥へ消えていきました。

13:00、それまでの落葉松林が突如途切れ、広大な原野を望む「戦場ヶ原展望台」でお楽しみのランチタイム。
朝に蓄えたエネルギーをしっかりと消費した体にはしっかりと炭水化物を供給。
身体を動かしていないと既に寒さを感じる外気温に、バーナーでコーヒーも沸かし、贅沢なひとときを満喫。
シェラカップ片手に、「違いの判る男」を演じながら戦場ヶ原を眺めていると、視界の左から今度は立派な角を生やした牡鹿が登場。
「けっ!」とでも言いたげな一瞥の視線を私に浴びせ、立ち止まりもせずに悠然と戦場ヶ原に消えていきました。
お父ちゃん、男負けです・・・。

「ま、いっか」と、気を取り直して(本日2度目)いよいよ本日のメイン、小田代原の「貴婦人」に逢うことに。
山王帽子山~太郎山~小真名子山~大真名子山~男体山をバックにポツンと独立するこの白樺。
写真家たちから、その上品な美しさ故に自然発生的に付けられた名前はまさに「名は体を表す」と言ったところ。
一年を通して彼女に逢うためだけに何度もこの地を訪れる写真家も数多くいるそうです。
(実際は白樺の寿命40年をゆうに超えた60歳のお婆ちゃんであることは御内密に・・・。)

小田代原の外周を時計回りに歩みを進め、泉門池に立ち寄った後は、戦場ヶ原自然研究路を赤沼に向けてラストスパート。
15時を過ぎた太陽は西に大きく傾き、湯川沿いの湿原を黄金色に輝かせたかと思うとあっという間に落葉松、白樺、
そして私の影を草紅葉に長く落とし始めました。
そして間もなく今回のトレッキングが終わろうとする赤沼直前でもニホンジカの母子に見送られることに。
(前出とは別の母子。結局この日は9頭ものニホンジカに出会いました。)
間もなく長い冬を迎えるというのに、とにかく自然の「濃いぃ」奥日光なのでした。

今回のコース
 赤沼~石楠花橋~竜頭の滝~石楠花橋~小田代歩道~戦場ヶ原展望台~小田代原~泉門池~戦場ヶ原自然研究路~赤沼



 
b0011185_20321630.jpg
b0011185_20323057.jpg
トレッキングで大事なのは摂取カロリーと消費カロリーのバランス。
・・・らしいのですが・・・。^^;
[PR]
by sanzokuame | 2006-10-22 20:32 | 彼方此方にて


<< 土師神社 秋の例大祭 阿左美冷蔵 寶登山道店 >>