イーハトーボの生正油うどん

b0011185_131307.jpg
(うどん通の方には今さら感200%ですが・・・)

香川県の有名な「山内」で修行した店主が営む、本格讃岐うどん店。
初めて訪ねてからもう6年経ちます。
週末ともなれば開店前から行列のできる名店、ネットで探せば数多の実食レポートを見られます。
一時は行列緩和の為に電話予約制(何玉食べるかまでを電話で告げる。^^)をとったりと、
営業形態を様々に変化させてきましたが、現在では予約なしに普通に味わうことができます。

この日はいつも通りに私の好きな2品を注文。(ここへ来て1品だけで帰るのは勿体無いですよ。)
まずは店主も薦める「生正油うどん」から。
生正油をさっと回し入れ、レモンを絞ってから頂きます。
冷水で締められ、ピンとエッジの立ったツヤツヤの麺が持つのは本場讃岐うどんが誇る強烈なコシ。
かぶりついた歯はその抵抗で押し戻され、やっと噛み切った瞬間には麺が口の中で弾けます。
麺以外はネギと生姜と正油にレモンという至ってシンプルな構成ですが、麺本来の味を確かめるにはうってつけの一品です。

そして真打ち、「釜玉うどん」の登場。
(2品以上頼む場合、麺が延びないよう1品目が食べ終えたのを告げた後に2品目を出してくれます。)
溶き玉子の上にはモウモウと湯気を上げるアツアツのうどんがたっぷりと。
生正油を回しかけたら間髪入れずに“かんまし”て、程よく半熟になったところをズババババと一気に頂きます。
前出の「生正油うどん」とは対照的に温かく優しい味わい。
ついでにゆで卵の天ぷらをツユにつけて食べちゃったりして。
うーん、ギザウマス(゜д゜)

b0011185_13132239.jpgb0011185_13133434.jpgb0011185_13134869.jpg
その他、イリコと昆布で摂った「讃岐ダシ」が張られた「だしかけうどん」もオススメ。
b0011185_13244770.jpgもちろん一滴残さず飲み干さざるを得ない旨さです。  (メニューは→をクリック)

本場香川に行かずとも、近隣でこれだけのレベルの讃岐うどんを頂けるのは幸せというしかありません。
(って、一度も香川県に行ったことないんですけど・・・^^;)

純手打ち讃岐うどん イーハトーボ
埼玉県大里郡寄居町富田4035-4
℡:048-582-2482 
営:平日は10:30~14:30 土・日・祝日は10:00~15:00
休:月曜・火曜(祝日の場合は翌日休)
[PR]
by sanzokuame | 2006-09-21 18:03 | 食してナンボ


<< 束の間の新家族 彼岸の入り >>