軽井沢の芽衣のホットサンド

b0011185_2346162.jpg
南軽井沢、72ゴルフの裏通り沿いにあるメルヘンチックなカフェ。
オーナーは「浅見光彦シリーズ」でお馴染みの内田康夫先生と、同じく作家で夫人である早坂真紀先生。
店名は早坂先生の著書「軽井沢の芽衣」にちなんでつけられたもの。
豊富な茶葉を揃える紅茶が自慢の同店ですが、軽くお腹を満たせるメニューも用意されています。
この日選んだのはアボカドとむしどりの入ったこんなホットサンド。
ガーリックの効いた味付けが一層食欲をそそります。
信州産の杏とプルーンも、いい味のアクセント。
夏の喧騒から漸く開放された軽井沢で、紅葉を愛でながらのティータイムにオススメです。

b0011185_23464811.jpgb0011185_2347484.jpgb0011185_23472071.jpg
Tea Salon 軽井沢の芽衣 (じゃらんnet)
[PR]
by sanzokuame | 2006-09-18 23:49 | 食してナンボ


<< 彼岸の入り グランブルーのマカロン >>