雪のながでんひとり旅

b0011185_1104386.jpg
b0011185_1105161.jpg
b0011185_1105861.jpg
b0011185_111546.jpg
b0011185_1111140.jpg
b0011185_1111741.jpg
b0011185_1112334.jpg
b0011185_111296.jpg
b0011185_1113526.jpg
b0011185_1114163.jpg
b0011185_1114790.jpg
b0011185_1115440.jpg
b0011185_112062.jpg
b0011185_112639.jpg
b0011185_1121279.jpg
b0011185_1121986.jpg
b0011185_1122580.jpg
b0011185_1123146.jpg
沈丁花や白木蓮が咲き、前橋の桜も間もなく開花宣言という今、何故か雪景色をUPしちゃいます。
訪ねたのは2月の初め。
たまには自分へのご褒美にと、気儘な鉄道一人旅に出掛けてみました。
前々から乗りたかったながでんに揺られ、降り立ったのは北信濃の湯田中温泉。
知らない街をあてもなく歩いた後は、予約しておいた老舗旅館のお得な日帰り入浴プランへ。
この日は他に客も無く、完全貸切状態の大浴場。
もちろん、まっ裸でひと泳ぎしたのは言うまでもありません。
外は雪景色というのを忘れるくらい体を温めた後は、畳の個室で松花堂弁当をつつきながらの瓶ビール。(やっぱ旅館では瓶だね、瓶♪)
お酌してくれる人が居なかったのはちょっと寂しかったけど、あっという間のいい気分で速攻昼寝に陥りました。
途中「こんな贅沢いいのかな?」と家族の顔もチラホラ浮かびましたが・・・
ま、たまにはいいでしょ、たまにはね。
今度は泊まりで連れてってやっからさ。
[PR]
by sanzokuame | 2006-03-23 01:12 | プルーンとレバーの為せる業


<< さよならぼくたちのようちえん 秩父神社 >>