和食亭きよみずの牛角煮丼

b0011185_22252483.jpg
いい加減「餡子」に食傷気味でしょうから(もちろん私は無問題なのですが)、ここいらでガツンと肉料理なんぞ。
訪ねたのは1月の終わり、冬の軽井沢で見つけたリーズナブルな一品です。
中軽井沢駅前から星野へ向かう途中、湯川沿いに建つこのきよみずさんは、新鮮な魚介類と信州牛やきのこ類など、
地元の旬の素材を使用した和食料理を供してくれるお店です。
そのメニューはかなり高級なラインナップですが、手頃な値段でランチにピッタリなのがこれ。
トロトロに煮込まれた牛の角煮は、箸がスッと通るほどの柔らかさ、ご飯の盛りもよく、旨みたっぷりのあんと絡めて漆塗りのスプーンでガツガツ頬張ります。
一緒に付いてくるのはクレソンたっぷりのサラダ、信州味噌が何とも風味豊かな味噌汁、そして野沢菜と寒干たくあん。
どれもこれも丁寧な仕事が感じ取れ、厨房には一流の料理人さんがいることが自ずと判ります。
この量とクオリティで1漱石でお釣りが来るのは、軽井沢という土地を考えたらかなり貴重かと。
決して町全体が軽井沢価格ではないということを教えてくれる一品です。
イクラ丼も反則です。

b0011185_22261139.jpgb0011185_22262584.jpgb0011185_22263518.jpg
和食亭 きよみず



b0011185_22273563.jpg

[PR]
by sanzokuame | 2006-02-27 22:27 | 食してナンボ


<< たわらやのチャーハン  ・・・... 三和屋のさくら餅 >>