ラメーゾンのエクレア

b0011185_2142331.jpg
高崎市田町にある半世紀以上続く老舗の洋菓子店。
正式店名「La maison de la musique」はフランス語で“音楽の家”を意味し、かの群馬交響楽団発祥の地でもあります。
このお店の定番ケーキはいくつかありますが、私のお薦めはこのエクレア。
通常、その中身は黄色いカスタードクリームが一般的ですが、ここのクリームはチョコレート味。
サックリとしたシュー生地の中には、この甘さ控えめのチョコレートクリームが溢れんばかりに入っています。
シットリとしたチョココーティングとパリパリのアーモンドチップ。
それぞれ歯ざわりが絶妙のハーモニーを奏でる、まさに音楽を感じる一品なのです。

ちなみにエクレア(Eclair)とはフランス語で“雷”とのこと。
焼いたシュー生地の表面にできる裂け目が稲妻の形に見えることに由来しているそうです。
県内のケーキ屋さんとパン屋さん、雷王国群馬県をイメージするお菓子として改めて売り出してみてはいかがでしょうか?
・・・って、ちょっと連想するのが難しいかな?^^;

b0011185_21423620.jpgb0011185_21425177.jpgb0011185_2143129.jpg
ラメーゾン
高崎市田町24
℡ 027-326-2000
[PR]
by sanzokuame | 2006-02-18 21:43 | ベツバラ


<< ラメーゾンのアップルパイ 島岡酒造の「淡緑」 >>