御座山を望む村

b0011185_275723.jpg
ぶどう峠を境に上野村と背中合わせなのが、ここ長野県南佐久郡北相木村。
日本二百名山のひとつでもある名峰御座山(おぐらさん)を抱え、村面積の約9割を山林が占める長閑な山村です。
立春の声を聞く頃、毎年楽しみに訪れているのがこの村の大きな松ぼっくり
(今年は上出来!そんな松ぼっくりの紹介はまた明日。)

JR小海駅前から相木川沿いに三滝へと向かう道すがら、正面に御座山を望む中尾の集落で一人のおばあちゃんと遭遇しました。
聞けば、その名を「ミチ」と言う。
これが本当の「ミチとの遭遇」・・・すいません、嘘です。
(あ゛ー、久々に真面目にやろうと思ったのに・・・)

と、とにかく、御座山とおばあちゃんと郵便バイクが余りに絵になったので、いつものごとくフロントガラス越しに一枚パシャリと撮った訳です。
見事な蹴り足、雪にも坂にも負けないその確かな足取り。
うーん、田舎のおばあちゃんはどこ行ってもやっぱり元気です。
ミチおばあちゃん(まだ言うか!)、いいモデルあんがとね。
[PR]
by sanzokuame | 2006-02-07 23:49 | 彼方此方にて


<< 三滝の大氷柱 らーめんとみたのしょうゆラーメン >>