七日市富光堂の苺どら焼き

b0011185_22443662.jpg
(いちごは続くよどこまでも・・・)
フワフワな「長崎かすていら」で有名な富岡の老舗、富光堂さん。
・・・なのですが、本日の紹介はヒラヒラの幟に見事に誘惑されてしまったこの季節商品。
一双の蝶の焼印が押された生地の中には、粒餡と生クリームのミックスと、縦半分にカットされた苺一つが挟まれています。
しっとりした生地と瑞々しい苺、直径5cm程の小さいどら焼きながらも充足感を味わえる一品です。
そして、その賞味期限は当日限り。
かの林芙美子も言ってましたね、「苺の命は短くて美味しいことのみ多かりき」。
ちと違うか?^^

で、やっぱりカステラも食べたかったので、「耳」を格安でお買い求め。
「耳」の方が旨いんだよね。

b0011185_22445589.jpgb0011185_22451076.jpgb0011185_22452278.jpg
富岡市七日市895 
℡ 0274-62-1676
水曜定休  
[PR]
by sanzokuame | 2006-02-04 22:45 | ベツバラ


<< らーめんとみたのしょうゆラーメン アメリカンベーカリーのうまかんべえ >>