成田屋の焼きプリン

b0011185_920048.jpg
そしてもちろん、店長さんご推薦の焼きプリンもと、ショーケースを覗いたのですが、そこには値札があるだけで、スッカラカンの状態でした。
時計の針は既に15時を回ったところ。
やはりこの時間では売り切れか・・・と半ば諦めながらも、念の為お店のお姉さんに聞いてみると、「丁度出来あがったとこなので、ちょっと待ってくださ~い。」
待つこと暫し、木箱に載せられ出て来たのは、何とモウモウと白い湯気を上げるプリン達。
そして、注文した3つが渡される時には

「とっても熱いので気を付けて下さい。」

そんなこと言われたことありません・・・。
アツアツのプリンていったい?・・・と、その場で食べたい衝動に駆られましたが、グッと堪えて持ち帰りました。
夕飯後に頂いた冷蔵庫で程よく冷やされた焼きプリンは、表面のみならず内部にまで散りばめられた、かなり多めのバニラビーンズが、
濃厚な玉子の風味に負けない豊かな香りを漂わせていました。
そんな甘めの生地に対して、底に沈むのはサラサラでほろ苦いカラメル。
スプーンで掬って、万遍なく絡めて食べれば、もはや言うことはありません。
ただひとつ惜しむらくはカップが小さめということ。
2個、いや、3個は食べないと、別腹が納得してくれません・・・。

それ以外にも旨げなケーキがたくさんありま・・・さ、さすがにまたにしました。^^;

b0011185_20161589.jpgb0011185_20162316.jpgb0011185_9212351.jpg
[PR]
by sanzokuame | 2006-01-31 20:17 | ベツバラ


<< 佐藤真子的に泣いてみる。ついで... 成田屋のいちご大福 >>