「ねぎ」は「ねぎ」でも・・・

b0011185_0212947.jpg
またも上毛かるたネタですが、全44札を改めて見返していると、ひとつ気付いたことがありました。それは・・・唯一「食」をテーマしたこの「ね」の札。初版、現在版とも、じっくり見てみると何か違和感を覚えませんか?

・・・そう、「これって下仁田葱なん?」なんです。

下仁田町のHPにもあるような太くてズングリした独特のフォルムとはかけ離れ、いわゆる「深谷ねぎ」ではないのか?と思った訳です。はてなマークが頭に浮かんだら、まずは図書館!ということで、藤岡の図書館で手に取ったのは『上毛かるたのこころ 浦野匡彦の半生』(西片恭子 著 群馬文化協会発行、中央公論事業出版制作)。上毛かるた生みの親、故浦野匡彦氏の長女であり、上毛かるたを発行する財団法人群馬文化協会の理事長を務める西片恭子さんの著作です。父、浦野匡彦氏の上毛かるたに込めた熱く献身的な思いがひしひしと伝わるこの一冊は、上毛かるた誕生の経緯を詳細に知ることができる第一級の資料でもあります。そして「ね」の札の疑問に対する答えも「八、上毛かるた制作過程」の章にしっかりと記載されていましたので、引用して紹介します。
 父は計画当初から、歴史教育家の恩師丸山清康先生に解説文を書いて戴くことに決めていた。これによって他に類をみない〝郷土いろはかるた〟を意識し、先生の従弟にあたる県立前橋工業高校美術教師の小見辰男先生に絵を依頼した。
~ 中略 ~
 ただ、初版の絵は、当時の情況では、各地を訪ね歩くも儘ならず写真などに頼った所もありまた、例えば下仁田葱などは庶民は見ることも口にすることもない〝殿様ねぎ〟といわれて高級料亭にのみ行く品であっただけに、昭和四十三年描き直された現在の絵も同じく深谷ねぎの形といわれるが、これは当時の庶民生活を語る良い例になったといえる。私も下仁田葱をこの目と口で確かめたのは昭和五十年代に入ってからと記憶し、日本に飽食の時代が到来した頃であったと思う。 
さすがの殿様ねぎ、当時の庶民にはまだ高嶺の花の存在であり、ねぎの描写として一般的な深谷ねぎの形で描かれたということです。今でこそ、県内のスーパーや農産物直売所で容易に手に入れられる下仁田ねぎですが、私が子供の頃でさえ食卓に上っていた記憶はありませんので、戦後間もない時期には見たことすらないというのが実情だったのでしょう。ちなみに昭和二十二年の上毛かるた制作公募に寄せられた札のうち、「食」に関するものは下仁田ねぎ、蒟蒻のほかに利根鮎、磯部煎餅、新田米、わらび、ぜんまいの5品。やはり他県には無いオリジナリティが採用の理由といったところでしょうか。

ところで、当時も県内広く人口に膾炙していたであろう「焼きまんじゅう」の応募がなかったのが不思議なところです。もしも「新上毛かるた」が制作されるのであれば、このソウルフードをぜひとも採用して欲しいですね。

「縁日の 味噌だれ香ばし 焼きまんじゅう」 はいっ!^^

1/30追記 「ね」の札の説明は、yosuieさんの 上毛かるた ね をご参考に。
[PR]
by sanzokuame | 2006-01-29 23:51 | ぐんまな資料


<< 成田屋のいちご大福 蕎麦 楓 >>