豊田乳業のパングルト

b0011185_22482499.jpg
「パンでーす!」
「グルトでーす!」
「二人合わせてパングルトでーす!」
って、M-1で予選落ちした漫才コンビではありません。

b0011185_22493541.jpg道の駅「こもち」の売店で見つけたこの一本。
怪しいです。この上なく怪しいネーミングです。
もう飲まざるを得ませんので即一本お買い上げです。

味は見た目の通り、ヤクルト、マミー、ビックルなどの類の乳酸菌飲料。
ヤクルトと比較してみると、かなりサラサラで酸味が強い感じです。
元々は御蔭ミルクプラントという渋川の会社が製造していたそうですが、
現在は長野原の豊田乳業に製造委託しているようで、長野原や渋川近郊で手に入れることができます。

さて肝心なそのネーミングですが・・・
「グルト」は、まあ「ヨーグルト」かな?と想像つくのですが・・・(ん?それも違うのか?)
「パン」て何?何なの???
b0011185_2249576.jpgしかし、その答えは瓶の裏にありました。

  がつく パントテンサン ローヤルゼリー 添加

えっとー、そのー、そういうことらしいです。

※ ちなみにパントテンサン(パントテン酸)は「皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素」とのこと。
  (詳しい説明は検索してみてください。)

この手の飲み物、子供だけのものではなかったんですね。
どうですか?世のお父さん、風呂上りに腰に手を当てグイッと一本!
[PR]
by sanzokuame | 2005-12-26 22:49 | ベツバラ


<< 道の駅「こもち」の「こもち姫」 旧軽井沢ホテル音羽ノ森のチーズケーキ >>