冬桜観光ミカン園

b0011185_20593438.jpg
大吉さんの二番煎じ記事ですが、どうしても行きたかったのでレポートします。

「日本最北端」の称号を最近茨城に譲り渡してしまったようですが、「県内唯一」のみかん園が鬼石町にはあります。
冬桜で有名な桜山。
その登り口である三波川地区に位置する日当たりの良い南斜面には点々とオレンジ色の実を付けた木々が並んでいます。
小春日和の陽気も手伝ってか、多くの家族連れでかなりの賑わいを見せておりました。
システムは受付で一人¥500を払い、渡されたビニール袋一杯分のお持ち帰りと時間無制限の食べ放題。
肝心の味のほうは「昔ながらの懐かしいみかん」です。
まだ時期が早いのもあるのでしょうが、大きめの実は皮が硬く、味も酸っぱめ。
それでもせっかく¥500を払ったのだからと、意地になってよーく探してみると小ぶりの実をたわわに付けた木も。
触ってみるとプニプニと柔らかく、口に入れるとなかなかに甘い!
もうそこからはその木に一家総掛かりとなり、丸裸にしてやったのは言うまでもありません。

そして現在、「おこた」の上で籠盛りのみかんをバクバク食べながら記事を投稿している訳です。
う、手が黄色い。 キーボードも黄色い・・・。

b0011185_20595636.jpgb0011185_210550.jpgb0011185_2101330.jpg
[PR]
by sanzokuame | 2005-11-13 21:03 | ベツバラ


<< 三波石と共に名高い冬桜 てぶち家の塩肉汁うどん >>