ミルメーク

b0011185_2256246.jpg
カミさんが取っている生協の通販カタログを見ていると、何とも懐かしいコレが載っていたので40袋入りを大人買い。
小学生時分、給食での週一のお楽しみでした。
牛乳瓶にミルメークを入れ、ストローで「かんます」のが普通なのでしょうが、てっとり早く、
そして「ダマ」の無い最上のコーヒー牛乳を生み出す「作法」がありました。

それは・・・

1.牛乳瓶のフタの覆う紫色のビニールを剥ぐ。
2.紙製のフタを外す。
3.ひと口飲む。
4.おもむろにミルメークの粉末を注ぎ入れる。(この際、くしゃみ、鼻息に注意)
5.フタを戻す。
6.ビニールも戻す。
7.ビニールの上からフタをしっかり押さえシェイク。そしてシェイク。
8.一旦手を止め、瓶の底に茶色い塊が無いかチェック。あれば7.に戻る。
9.再度1.2.を繰り返し、はい、できあがり。

さて、あの頃の味をもう一度!と飲んでみると・・・ん?味が違うぞ???
よーく見るとこれは「ココア味」。
給食で出ていたのは「コーヒー味」。

<教訓> 通販は事前にしっかり確認しましょう。。。_| ̄|○ 

そのラインナップとミルメーク生みの親はこちら
[PR]
by sanzokuame | 2005-09-27 22:56 | ベツバラ


<< すやの栗きんとん 青森県産りんご 「きおう」 >>