サントリー白州蒸溜所のシングルモルトウイスキー

b0011185_2129228.jpg
八ヶ岳と小淵沢を挟んで対峙するのは霊峰甲斐駒ヶ岳。
その山体を覆う花崗岩は、長い年月をかけて風化し、美しい白い砂の扇状地「白州」をつくりました。
b0011185_21303551.jpg花崗岩をくぐり抜けた水は尾白川や神宮川に流れ込み、古くから名水として親しまれています。
その水のおいしさは、花崗岩に含まれる石英(水晶)の層が天然の濾過装置となって育まれたもの。
そんな、きめ細やかでキレのある白州の名水と、丹念に育てられた麦芽が出会って生まれるのがこの「琥珀色の命の水」です。
もちろんウイスキーのみならず、あの「南アルプスの天然水」もこの工場で作られています。

ケツカッチンなので、蒸溜所見学はパスして、入口前のショップでシングルモルトとツマミのチョコレートの買い物のみとしました。というか、ここはドライバーの試飲は固く禁じられているので、見学中に散々その香りを味わっても、一滴も口にできないのはとても耐えられませんし・・・。
ここは決して運転手として来てはイケナイとこなのです。

サントリー白州蒸溜所
[PR]
by sanzokuame | 2005-08-24 21:31 | 彼方此方にて


<< 「いま会い」のひまわり畑 高原野菜とカツの弁当 >>