玉屋総本店ののし梅

b0011185_21353036.jpg
b0011185_2136183.jpg宝暦4年創業、文政年間、暑気除け、腹の妙薬として売り出したのが起源とされています。
特産の大粒の梅をゼリー状にして竹皮に熨し短冊型に裁ったもので、山形の代表的な味として知れ渡っています。
梅独特の甘酸っぱさが十二分に味わえる「のし梅」は、梅好きならずとも楽しめる山形の伝統銘菓です。
冷蔵庫でひんやり冷やして食べるのがお奨めです。
そういえば、その形は「冷えピタ」に似ています。
急な発熱にはおでこにのし梅を!^^

玉屋総本店
[PR]
by sanzokuame | 2005-07-21 21:36 | ベツバラ


<< そして夏休み 最上川 >>