山田家の白露ふうき豆

b0011185_081151.jpg
江戸時代初期、最上家五十七万石の城下町として栄えた山形市。
文翔館の正門から真っ直ぐ南南西に延びる七日町通りは、市内でも有数の繁華街です。

b0011185_083752.jpgb0011185_0923.jpgそんな賑やかな通りに面した小さな老舗の和菓子店の名物ふうき豆は、厳選した北海道産の青えんどう豆を上質の砂糖でふっくらと甘く炊き上げた、お茶受けに最適な逸品です。 
翡翠のように緑色に輝くひと粒ひと粒を、スプーンに掬って口に運べば何とも優しい気分になります。
デパートには一切出品せず、ここでしか手に入らない味。
そんな味がここ山形にはあります。

山田家
[PR]
by sanzokuame | 2005-07-20 00:09 | ベツバラ


<< 七兵衛そば 文翔館 >>