山の端

b0011185_22352390.jpg
神流川、鏑川水系沿いに信州まで約50km続く西上州の山並み。
「いぶし銀」とも称されるこの山域、その懐の深さは他に類を見ません。
子供の頃から朝な夕なに「あの山の向こうに何があるんだろ?」と眺め育ったこの土地。
時間距離は年々短縮されていますが、いつまでも変わることなくあって欲しい故郷なのです。
[PR]
by sanzokuame | 2005-06-23 07:50 | 彼方此方にて


<< うどん処みわやのもちカレーうどん ベーカリーイシカワのクッキーロール >>